気づけば長い間休んでしまっていました。また頑張ります!

kodon yu.jpg
何かをやり続けることって、本当に大変なことなんだなぁって、つくづく思ってしまいます。
過去を振り返ってみると、手ぬ花を始めたのは、2011年12月でした。
ずいぶん経っていました。
私自身、今まで、こんなに長い間、継続してきたことはないので、自分のことですが、
よく頑張ったなって思っています。
私が子供の頃は、携帯電話もメールもありませんでしたから、
友達との情報交換は手紙でした。
電話は固定電話しかないので、長電話も出来なかったので、
交換日記や手紙交換をよくしていました。
きちんとした文章は書けませんが、自分の思ったことを文章にすることは、
こんな子供時代を送っていたからだろうなと思っています。
やり続けるということは、一日でも休んでしまうと、また明日・・・と、伸ばしてしまうものです。
子供たちが、明日からやる~~と、いいながら、ずっとやらない気持ちもわからないことではないなと・・・。
(結局、ダラダラと書いてしまいました。)
この手ぬ花は、今もスマホ対応になっておりませんので、
見にくいかと思いますが、もうしばらくお待ちください。
今日の写真は、色絵九谷 遊さんの「小丼(桜)」です。
桜は春をイメージしますが、やはり、日本といえば、桜。
一年中使ってほしいと思います。

誰かにプレゼントを・・・と、考えるだけでワクワクしてきます。

iroekutaniyu cup yellow.jpg
2月も残り2日になりました。
新生活を迎える方の準備がスタートする頃だと思います。
じろやのページを眺めながら、
「あの人には、これがいいかなぁ~」
って考える時間も楽しいものです。
写真は、色絵九谷 遊さんから届いた「デミタスカップ&ソーサー(華/黄)です。
全体にお花がたくさん描いてあって、眺めるだけでHAPPYな気分になります。
これからの新生活、楽しみもありながら、少し不安な気持ちを持っている方も多いでしょう。
そんな方に、こんな贈り物が出来たらいいですね。
贈る側も、いただく側も、HAPPYになれると思います。

色絵九谷 遊さんから、少しずつ再入荷の予定です。

yu kobati yellow.jpg
品切中の文字が多かった、色絵九谷 遊さんから、4種類再入荷がありました。
写真は、「小鉢(華/黄)」です。
春らしく、優しい気持ちになれるのと、
この寒々とした毎日に元気になれそうな色合いです。
元気が一番。
健康が一番。
思っていても、なかなか欲がでてしまい、いろんなことに悩む毎日です。
私個人的には、悩みも多いのですが、家族からすると、良くも悪くも前向きだと・・・。
周りの人が、そう思うのなら、それでOKかなって気もします。
今年こそ、ダイエット!!
春になったら、歩くぞ~と思っていますが、
本気の人は、今日から!って思うのでしょうね。
まだまだ自分に甘いのかもしれません。
ぼちぼち、やっていこうと思います。

色絵九谷 遊さんのページご覧いただけましたか。

iroekutani yu.jpgのサムネイル画像
色絵九谷 遊」さんのページご覧いただけましたでしょうか。
あっという間に、たくさん品切れになってしまいました m(__)m
早速、追加で注文いたしましたが、ご希望のうつわありましたら、ご連絡ください。
作家さんにお伝えいたします。
これで、じろやで紹介している作家さんは34名になりました。
大所帯です。
皆さん、とってもお忙しいのですが、今年は注文品を作るようにします!という作家さんからの声がありますので、
お楽しみにお待ちください。
いつ見ても品切れです・・・。という方も、ご連絡お待ちしております。

新しく「色絵九谷遊」さんが加わりました。ぜひご覧ください

yu kobati sakura.jpg
新しく加わった「色絵九谷遊」さんです。
今回は15点入荷し、ずら~っと並びました。
すべて1点のみですが、予約可ですので、同じ柄を揃えたい方いらっしゃいましたら、
お問い合わせください。
写真は、「小鉢(桜)」です。
春よ来い!と、願っている皆さまのもとに、ひとあし・・・ふたあしほと早く春をお届けしたいと思います。
昨日の続きですが、マツコの知らない世界。
思ってたより、メダカのコーナーが少なかったですね。
「メダカはすぐになつきますよ」って言っていたので、あれ??って感じでした。
我が家のメダカたちはどうしたのでしょう。根気よく付き合っていきたいと思います。
ペットショップに行っても、いろんなメダカがいますが、我が家のメダカはシンプルな野生のメダカです。
これも、また可愛いのです。
そして、前半の絵本の世界。
小学校で読み聞かせのお手伝いをしていたこともあって、
懐かしいなぁって思いながら、知らない絵本がたくさんあって、久しぶりに絵本コーナーをのぞいてみようと思いました。