長右衛門窯の最近のブログ記事

senchawan fuefuki.jpg

毎日慌ただしく生活していると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
気づけば、もう真っ暗!ということが、ほとんどです。

1年に1回、お煎茶のお茶会に誘っていただきます。
お茶室もあるのですが、野点でもいただけるので、気軽に出向くことができます。
お煎茶のお点前を見るのも楽しみの1つなのでしょうが、
作法を知らなかったり、正座をするのも苦手だったり・・・。

そんな作法のわからない私でも、お茶は美味しくいただけました。
しばらく、外を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごせました。
バタバタせずに、ゆっくりとした時間を過ごそうと、その時は思いながら。。。

写真は、長右衛門窯さんの「煎茶碗(小笛吹)」です。
お煎茶の色は、透き通っていますので、飲むときにも、飲んだ後も楽しめるお碗です。

これから文化祭などで、気軽に参加できるお茶会があると思います。
皆さんもぜひ、参加してみてください。



ougi mukouduke ebi.jpg

今日は、長右衛門窯さんからの新商品入荷のご案内です。
じろやで紹介している作家さんの中でも、九谷焼らしい、とっても上品なうつわが多い窯元です。

写真は「扇面向付(対海老の図)」です。
お祝いの席に使ってほしいです。
少しだけ盛り付ければ、いつもの料理もとっても素敵に、美味しそうに見えると思います。

金沢といえば、甘えび。
石川県に住んでいると、地元甘えびしか知らずに食べていました。
金沢の甘えびは、文字通り、本当に甘いということが、大人になって知りました。
お刺身で食べるのはもちろん、私が小さい頃好きだったのは、甘く煮た海老でした。
娘も大好物です。

冬に向けて、皆さんも石川県に遊びにいらしてください。





うつわは、欠けたり、割れたり、いろんなハプニングがあったりで、新しいものを買おうって思うハードルが、
我が家は低いと思います。
ずいぶん、我が家の食器棚には、じろやのうつわが並ぶようになりました。

だいたい同じような形でも、なんだか理由をつけて、新しいものを買ってしまいます。
そして、これ、いいでしょう~~って、いつもと同じおかずを盛り付けたりしてしまいます。
見た目で勝負!です。

でも、ほぼ毎日テーブルの上にある、醤油差しは、なかなか新しくする機会がない気がします。
注ぎ口が液だれしたりすれば、新しくすると思いますが、
今使っている醤油差しは、特に悪いところがないのです。
そのため、新しいものを買い替えることができず、ずっと同じものを使い続けています。
手に取る回数も少ないので、割れるなんてことは、私でもないのです。

それでも、新しい家に引っ越すときや、新婚さんへの贈り物など。
自分ではなかなか買えないので、何かの記念にいかがですか。

写真は、長右衛門窯さんの「醤油差し(丸紋童子紋)」です。
高さ6.5cm。
ご家族、一回分の醤油の量が十分入りますので、毎回きれいにして、大切に使ってほしいです。
shouyusasi kamifuusen.jpg

まだ6月なのに、関東甲信越地方は梅雨明けしたようです。
でも、こちら石川県は、午後から雨です。
ジメジメで、梅雨だなぁって思える日です。

気温が高いと、部屋の窓を全開しても、ぬる~い風が回るだけで、身体の中までぬる~くなってしまいそうです。
その上、雨が降っていると窓も開けれません。
我慢せずに、今年の夏は、早めにエアコンに頼るのをお薦めします。
室内でも、熱中症になりますので、皆さんも体調崩さないよう、梅雨~真夏を乗り切りましょう。

写真は、長右衛門窯さんの「醤油差し(紙風船)」です。
きれいな形と色です。
こんな色合いの紙風船、小さい頃に、ふぅ~って膨らませて遊びました。
皆さんは、いかがですか。
今でも、駄菓子屋や百均のお店で見るので、きっと紙風船で遊ぶ楽しさは時代を超えるんだなって思います。

今日は早く寝れますように。
寝るのは、自分の意志だけなので、寝ます。
早寝早起きで、健康第一です。

hasioki kamifusen.jpg

今までじろやで紹介していた、長右衛門窯さんの「箸置(紙風船)」が2柄になりました。

写真の上の方にあるものが、新しく入った箸置です。
どちらがお好みでしょう・・・。

紙風船って、最近の子どもたちは遊ぶのでしょうか。
私もそんなに遊んだ記憶もないのですが、お正月の本の付録についていて、
ふぅーって膨らませて、遊んだ覚えがあります。

昔はテレビゲームもなかったので、ほとんど外遊びが中心でした。
年齢も男女の区別もなく、小学生はみんな一緒に遊んでいました。
小さい子が鬼になれば、高学年がそばにいて、一緒に鬼をしたり、
大人が教えなくても、色々なルールを覚えたものです。

最近は、習い事をしていたり、家の中でゲームをしたり、
団体で遊ぶことあ少なくなってきたのかもしれません。
お友達の家に集まっても、みんながそれぞれゲームに夢中で、顔を見合わせることなく
会話しているのかもしれません。

なんだか寂しい時代になってきたなぁって思います。


shouyusasi mizutama.jpg

長右衛門窯さんの品切中のうつわが、再入荷しました。

じろやを見ていただくと、九谷焼って色々あるんだなぁと思う方も多いと思います。
でも、この長右衛門窯さんのうつわは、{ザ・クタニ」って感じがします。

写真は、「醤油差し(水色文/大)」です。
以前にも紹介したかと思いますが、この醤油差しのキレがいいのです。
ちょっと(・・私的にはずいぶん・・)値段がはりますが、めったに買うことのないものですので、
えいっと、買っていただきたいと思います。
気に入っていただけると自信を持ってお薦めします。

ご家庭用でも、
お店をされる方も、
いかがでしょうか。

月曜が祝日だと1週間があっという間です。
「もう、金曜!」って思ってしまいました。
今週は、前半とっても気温が高く、今朝は寒かったですね。
これから、どんどん寒くなっていきます。
皆さんもお体大切にお過ごしください。





kaigata mamezara.jpg

長右衛門窯さんの新しいブランドが、また1つ加わりました。

「豆九(MAMEKYU)」のセットになったお皿です。
写真の「「貝型豆皿」と、「3寸豆皿」です。
どちらとも、3枚セットになっていて、贈り物などにおすすめします。
もちろん、自宅用にも!

今回新しく特集を組んだ、「じろやのおすすめギフト」の中で、「内祝い、引き出物」のカテゴリの中に入っています。
この豆九は新しくできたブランドで、長右衛門窯さんにもあまり在庫がありません。
いち早く、みなさまにご紹介したく、今回は少量でのアップとなっております。

この可愛さに惚れ込み、内祝いや引き出物として、お使いになりたい方は、一度ご連絡くださいませ。
お待ちしております。

先週1週間で、ずいぶん過ごしやすくなりました。
皆さんに、お体大切に・・・
と、毎回書いている私自身、週末は家に引きこもっておりました。
歳を重ねると、気温の変化に思っている以上に、身体がついていってくれません。
ダラダラと過ごしたことで、何とか週初め元気に出社することができました。

また頑張ります!
kotori hasioki A.jpg
長右衛門窯さんの持っているブランドの1つ「KUTANI SEAL」の
今なら、「小鳥の箸置きセット(B)」もありますので、お気に入りの鳥を探してみてください。

北陸新幹線開通以来、金沢にはたくさんの観光客の方がお越しになるので、、
今では、新しいお土産がたくさん販売しております。

週末に、金沢駅へ出かけ、いろんなお店を見てまわりました。
夏休みということもあって、大きな荷物を持った方がたくさんいました。
もう夕方近かったので、小さい子供たちは、疲れた~~って感じで、泣いている声もたくさん聞こえました。
子どもたちのために企画した旅行も、帰るころには疲れもピークにきて、
駅構内には休むところもなく、みんなぐったりしている様子でした。

週末から、帰省してくる方で、金沢駅はもっとにぎやかになると思います。
やっぱり地元っていいですよね。
私も、お墓参りして、身体を休めたいと思います。

shouyusasi sen.jpg


私個人的な考えなのですが、お皿は新しく買い替えることがあっても、醤油さしは、なかなか新調できないものです。
ずいぶん前にも書いたかもしれませんが、我が家で使っている醤油さしは、ずっと長い間使っているものです。
ほぼ、毎日使うものでありながら、壊れることもなく、あまり使っていても不便さを感じないので、ずっと使っています。

大事に使うことも大切!と思いますが、買え時がわからないまま今日まできています。
今後も予定はないのですが、ひとめぼれをして買う日がくるのを待ちたいです。
ずっと使うものなのだから、次に買うときは、ちょっと高めのものでもいいなと、思っています。
お皿をよく割ってしまう私ですが、さすがに醬油さしを割ることはありませんから・・・。

写真は、長右衛門窯さんの醤油さしです。
今、じろやで紹介しているのが、右側に写っているの「醤油差し(紅細線/大)」のみになっています。
他の2点は、品切中になっておりますが、気になりましたら、一度ご連絡ください。

真ん中のくびれは、醤油を注ぐときに持ちやすくなっています。
(羨ましいくびれです。)
液だれしない作りにも、なっていますので、ご安心を。。。

新築のお祝いに
新婚さんへのお祝いに

きっと喜んでいただけると思います。

choemon top.jpg

じろやの、「長右衛門窯」さんのトップページの写真です。
写っているうつわは「長皿(赤絵小紋/小)」。
石川県の料亭なんかで出てきそうな料理ですね。

石川県に住んでいても、なかなか料亭と呼ばれる場所には行けないものです。
美味しいお寿司や、懐石料理も、観光客の方の方が召し上がっているのかもしれません。

石川県への旅行の目的のNO1は、きっと「食」だと思います。
海も山も川も近くにあり、色々な食べ物があるところです。
水が美味しいので、お米もおいしいです。
美味しいお酒もたくさんあります。

北陸新幹線が開通して、ずいぶん経ちますが、まだまだ石川県には観光客の方がたくさんいらっしゃいます。
国内はもちろん外国からの方もたくさんです。

そんなに英語がしゃべれるわけでもないのに、娘は外国の方が困っていると話しかけてしまうそうです。
身振り手振りで、何とかやっているそうですが、そのチャレンジ精神は遺伝だなと、最近思い出しています。
娘には言ったこともないのですが、私も学生の頃、同じようなことをしていました。
周りには、もっと英語を話せる方がいると思うのですが、困っている人を助けたいって気持ちの方が上回っているんですね。
どんな風に話しているのか、一度のぞき見したいものです。


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31