の最近のブログ記事

yuasa 1.jpgのサムネイル画像


何度見ても、きれいな写真集です。

じろやの本のページで紹介している、
湯浅啓さんの写真集「のと鉄道」です。

表紙は真っ白ですが、中を開くと、きれいな写真がたくさん並んでいます。

この写真集を見るたび、のどかな田園を見ながら、ゆったりと鉄道の旅をしたくなります。

ぜひ、お手元に1冊お持ちいただけたら・・・と思います。
nototetudo.jpg

きれいな青空、きれいな緑の木々、きれいな黄緑の田・・・・

こんなにきれいな写真が撮れるなんて、本当に尊敬しかありません。

この「のと鉄道」の写真集、早速私も買ってしまいました。
内容は、買った方だけのお楽しみですが、私は1ページ目から、うわって思ってしまいました。
湯浅啓さんという、プロのカメラマンの方の作品です。
私は写真は上手く撮れませんが、やはり良いものは良いとわかります。

ぜひぜひ!1冊お手元に置いてください。
そしたら、石川県へお越しになって、こののと鉄道に乗りたくなりますよ。

yamame.jpg

何日も続けて、「暑い」という話題でスタートしてしまっています。
以前は、そんなに暑さに弱い体質ではなかったのですが、年齢のせいなのか、以前より気温が高くなったからなのか、
毎朝、「今日も暑そうな一日だなぁ~」と憂鬱になりながら、起きる日々です。

昨日は朝早くから、町内の草むしり清掃があって、一日分の体力を使い果たし、家にこもっていました。
午前中は片付けをして、午後からは髙校野球の地区予選の準決勝を、涼しい部屋でテレビ観戦。
こんなぐうたらな生活でよいのかと思うくらい、だらだらと過ごした一日を送り、
今日からまた頑張ります!
石川県大会は今日が決勝です。
この猛暑の中、両チームとも頑張ってほしいです。

写真は、湯川豊さんのエッセイ集「ヤマメの魔法」です。
1年前に入荷した時にも、紹介しましたが、涼し気な本ですよね。
私は海釣りを一度だけしたことがありますが、ほとんど釣りの経験がありません。
ずっと川釣りにも行きたいと思っていたのですが、行けないまま・・・。

7月もあっという間に最終週です。
今週、また再入荷のお知らせができると思いますので、お楽しみに・・・


     kisimoto kokoro.jpg


久しぶりに「サイン本」が入荷しました。
エッセイストの岸本葉子さんの「ためない心の整理術」です。

今の世の中、慌ただしく、窮屈な毎日ですよね。
のんびりしたくても、出来なくて、どうしても心が下向きになってしまうこともあります。

そんなとき、岸本さんのこの本でリフレッシュしてほしいです。
文字が大きく、行間が広く、そして1つ1つのセンテンスが短いので、今日はここまで!って一区切りつきやすいのもお薦めの点です。
表紙が黄色なのも、元気になれそうですね。

冒頭の「物の置き場を決める」
しょっぱなから、痛いところをつかれる文章でした。

「今日は疲れたなぁ~」って日こそ読んでほしい1冊です。








kisimoto.jpg

岸本葉子さんのサイン入りの「いのちの養生ごはん」です。
166ページの文庫本なので、ちょっとした隙間時間にでも読んでいただきたいです。

本の中には、レシピがたっぷりと書いてあります。
どのレシピも身体の中からきれいになっていきそうな内容です。
私もそろそろ健康第一に考えた料理を中心にしていかなければならない年齢ですので、
ずいぶん参考になります。
エッセイも、ふむふむ・・・とうなづけるような・・・、参考になることがたくさん書いてありました。

最初の方には、料理の写真も何枚か載っています。

こんなにきれいな表紙ですが、カバンの中に持ち歩く方は、
牛首紬のブックカバーも一緒に購入してみてはいかがですか?
在庫数が少なくなっておりますが、違う柄を見てみたい方は一度ご連絡ください。









takeuti.jpg

高齢化だと騒いでいますが、日本人の80歳って、まだまだこんなに元気なんですよね。

三浦雄一郎さんという名前を知ったのは、1987年。
石川県で「セイモアスキー場」がオープンした年です。このスキー場の監修・設計をされたのが、三浦雄一郎さんでした。
オープン当時アルバイトをしていたので、そういうプロスキーヤーがいるんだと思っていました。
もちろん会ったこともありませんが、何故か勝手に親近感がわいていました。

日本で無事帰ってくることを待っていた家族の心配はとても大きいと思います。
待つって大変ですよね。

そして、登山つながりで、この「初代竹内洋岳に聞く」の竹内洋岳さんも大変すばらしい登山家です。
いろいろな山のお話が書いてあります。登山をしない方でも楽しめる内容になっています。
やっぱり塩野米松さんの聞き書き力のすばらしさです!!

竹内洋岳さんと塩野米松さんとお二人のサイン入りですので、ぜひ1冊540ページもありますが、時間のとれる週末にいっきに読んでみてください。






ikezawa hon.jpg

池澤夏樹さんご本人のサイン入り文庫本「憲法なんて知らないよ」です。

私は今まで憲法について考えたことがないかもしれません。
多分、学生時代に一度は憲法について勉強していたと思いますが、全く記憶にもありません・・・。
「知らないよ」って、1文に興味がないよって、人任せな意味が入っているような気もします。
私もその一人です。反省します。

この本は全てフリガナがふってあって、小さい子どもから読むことができます。
文字も大きめだと思います。
ぜひ、そんな興味のない方にも読んでいただきたい1冊です。

プレゼントするのもお薦めです。
その際は、牛首紬のブックカバーとセットでいかがですか・・・。


neji.jpg

私は塩野米松さんの聞き書きの本が大好きです。
塩野さんのお話もとても興味があり、いつも聞き入ってしまいます。
5月にも登山家の竹内さんの本を紹介しましたが、今回の「ネジと人口衛星」はたくさんの職人さんの聞き書きの本です。

日本には小さい町工場で働いている、凄い技術を持った職人さんがたくさんいます。
テレビなどでよくその職人さんの1日などを紹介している番組がありますが、
皆自分の仕事に誇りを持ち、とても真面目に働いている姿は、見ている私たちを元気にしてくれます。

是非一度読んでみてください。
たちまち塩野さんのファンになってしまいます。
もちろん、この本も塩野さんのサイン入りです。
sha.jpg

少しずつ「暑いねぇ~」って言う回数が減ってきたように思います。

毎年原爆の日の8月6日か、8月9日に子供の登校日があります。
登校日があるおかげで、毎年手を合わすことを忘れません。

子供は毎年山のような宿題に追われ、読書感想文に頭を悩ましています。
何冊も読んでその中から、自分が心に残った本の感想を書かなければならないようで、
なかなか進まない読書をしています。

私も最近は読書をする時間がないのですが、気に入った本があると時間を忘れて読んでしまいます。

謝さんの「藍の空、雪の島」は、本当に夢中になって読んでしまいました。
父親と息子の話なのですが、読み終えた時のすっきり感を覚えています。
(説明になってない説明ですが)

ぜひ今年の夏に読んでみてください。

じろやは12日から15日までお休みいただきます。
16日から通常営業いたしますので、お盆の間に「じろや」を隅々までゆっくりご覧ください。

takeuti.jpg

じろやのサイトにこじんまりと、作家さんのサイン本を販売しております。
冊数もあまりなく、こちらから紹介することもしなかったのですが、

今回、
「竹内洋岳さんが、世界に14座ある8000m峰を日本人として初めて全制覇!」
というニュースが流れ、この本を急いでアップしました。

塩野米松さんが2年も書けて、竹内さんにお話を聞き、書かれた本です。
540ページもある分厚い本ですが、塩野さんの聞き書きのすばらしさで、すらすら読める本になっていると思います。

登山好きの方はもちろん、竹内さんの人間としてのすばらしさに興味のある方、
ぜひ読んでみてください。
竹内洋岳さんと塩野米松さん、お二人のサイン入りです。

初代竹内洋岳に聞く はこちらです。




2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30