2013年9月アーカイブ

fukasara hanatunagi.jpg

最近、この「深皿(色絵花つなぎ)」が少しずつですが、何度か再入荷しております。
予約不可の商品ですので、欲しかったのになぁ~~~という方に、すぐに発見していただき、即!品切中になってしまいます。

今回は、7枚も入荷しましたが、なかなか気づいてもらえないようです・・・
少し深さがありますので、スープ類や、カレーなどにもちょうど良いと思います。

同柄の「6寸皿(色絵花つなぎ)」は、ちょっと形が違うだけで、なかなか再入荷してくれません。
いつ入荷するのかも、私たちでもわかりませんが、気長にお待ちいただければ、いつか入ってくると思います。

お待ちいただくばかりで、申し訳ございません m(_ _)m





 senmon kumidasi.jpg    senmon sencha.jpg 

長右衛門窯の「汲出碗/線文」と「煎茶碗/線文」です。

           sara senmon.jpgのサムネイル画像


同じシリーズの「銘々皿/角小(線文)」です。

綺麗なブルーに黄色や赤色、緑色が入り、とっても素敵なうつわです。
並べて飾りたくなりますね。

長右衛門窯のうつわは、九谷焼らしいものがたくさんあります。

最終回の半沢直樹で金沢土産がテーブルにずらっと並びました。
(あんなにたくさんお土産買えないですけどね。)

本当に金沢のお土産が並んでいたので、びっくりです。
包装紙を見れば、あそこのものだ!とすぐにわかります。
おいしいほうじ茶や、飴、和菓子などたくさん紹介してありました。
放送翌日には、たくさんの問い合わせがあったそうです。
花さん、九谷焼もお土産に買ってくれればよかったのに・・・と思ってしまいました。

最近は、何でもわかるんですよね。
それがいいのか、悪いのか・・・。
探す過程も楽しいものだと思いますが。








mesiwan perusha.jpg

稲刈りが終わり、ずいぶん月日が経ってしまいましたが、まだ買い置きのお米が残っています。
ノルマ的にご飯を炊くようにしていますが、新米が届くまでのこの時期は、炊き込みご飯の登場率がアップしてしまいます。

白米で食べるより、炊き込みご飯の方がたくさん食べてくれることと、
新米が届いたら、やっぱり白いご飯で食べたいので、炊き込みご飯はしばらくお休みになります。

和陶房の「反飯碗(小/ペルシャ花)」です。
この大きさの飯碗で毎日食べると、いっきに太ってしまいそうです。
1年中使えるデザインで、毎日の食事の時間が楽しみになりますね。

今は在庫1点になっていますが、予約可の商品ですので、ペアで・・・とお考えの方はお問い合わせください。
少しお時間いただきますが、大切にお届けいたします。

大人気だった「あまちゃん」も、あと二日になりました。
次のドラマ「ごちそうさん」は、ご飯が中心になりそうな、またまた元気をもらえそうです。
杏ちゃんもかっこよくて、かわいい女性ですよね。

今回は一話から楽しみに見たいと思います♪
















aokamaha.jpg    hagata aka.jpg

以前は秋というと、結婚シーズンでしたが、今はどうなんでしょう。

結婚式っていいですよね~~~。
私は当日緊張のあまり食欲もなく、お色直しに式場を出たり入ったりしていて、何も食べることができませんでした。
試食までした選んだメニューだっったのに、私一人ほとんど味わうことができなかったのです。

それでもたくさんの方に祝っていただき、とても良い思い出です。

青窯の葉型皿の染付赤絵です。
若いお二人にとってもお似合いのお皿です。
1枚2,310円なので、2枚セットで4,620円です。

メッセージカードも同梱できますので、ぜひどうぞ。

プレゼントでなくても、自分達でお揃いのお皿を・・・という方もどうぞ。






tubaki sara 1.jpg


台風の影響なのか、明日は久しぶりの雨マークになっていました。
今日もクーラーの入った部屋で仕事をしていますが、何となく外で吹いている風は秋らしく感じます。

9月は連休が多く、あっという間に終わってしまいます。
後1週間でもう10月です・・・。

北山裕さんの「丸皿(赤絵)格子」です。
上側が6寸 直径19.5cm
下側が5寸 直径15cm

遠近法なのか、あまり大きさに違いはないかもしれませんが、
重ねてみるとやっぱり違います。
6寸の方が使いやすいお家と、5寸の方が使いやすいお家があると思います。

私だと、きっと6寸皿の方が使いやすいような気がします。
だんだん家族バラバラに食事をとることが増えてしまい、ワンプレートにしてしまうようになりました。
この丸皿は少し周りが高くなっていますので、ソースがかかったものでもOKです。

今は5寸も6寸も在庫がありますが、もっとお揃いで・・・という方はお問い合わせください。










otukimi usiro.jpg

昨日の「中秋の名月」はとってもきれいな満月でした。
いろいろな場所でイベントも行われていたようですが、私は家の前から空を見上げていました。
とっても惚れ惚れするお月さまでした。

多田利子さんの「お月見」です。
メインのうさぎが後ろ姿ですが、私はこの写真が気に入っています。
お団子やすすきが、よくわかり、屏風にはお月さまも見ることができます。
本当に丁寧に作られていますね。

来年から中秋の名月は満月じゃないようですね。
来年は、このオーナメントを団子と一緒に飾ってほしいと思います。





itijiku.JPG


最近は1年中同じようなフルーツが食べられるようになりました。
それでも、まだまだこの季節ではないと食べられないものもたくさんあります。

上の写真はいちじくのごまだれかけです。
いちじくの甘さに、ごまだれが合っていて、私の大好物の1つです。

このおいしい組み合わせは、母の手伝いをしたご褒美にもらえるものなので、なかなか食べられるものではありません。
自分で作ればいいだけなのですが、そういう楽しみを残しておくのもいいかと・・・。

先日珍しく食べることができました。
たくさん作ったからと、タッパに入れて、少しお持ち帰りをして、翌日また美味しくいただきました。
今我が家の登場率の高い、たくまポタリーの「小鉢(菊)」に入れて、夜遅い時間にパシャリと撮ってみました。
申し訳ありません。ちょうど、今品切中になっていました m(_ _)m

鉢は何にでも使えていいですよね。
フルーツを入れたり、和え物、酢の物を入れたり・・・。

たくさん美味しい料理を作って、盛りつけて、楽しんでください!










animal2.jpg


イラストもとってもかわいい特集「アニマルセレクション②」です!

新商品が3点入荷しております。
ぜひご覧ください。
sensu kincha.jpg   sensu takishima.jpg


9月第3月曜は敬老の日です。
今年は9月16日になります。

「敬老の日」って何歳からなんでしょう。
辞書で調べてみると、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」
と書いてあります。

老人・・・、長寿・・・なんて書かれると、なかなか「敬老の日のプレゼントです」って渡せなくなります。
私がこういう思いからか、敬老の日の贈り物をお薦めする案内が遅くなりました  <(_ _)>

今年大活躍した扇子をプレゼントするのはいかがですか。

夏牛首紬を反物で買おうと思ったら、高価な買い物ですが、同じ紬地を使った扇子なら、身軽に持つことができます。
この「夏牛首紬扇子(滝縞/金茶)」は、男性でも、女性でも喜ばれると思います。
持ち運び用に同柄の袋付きですので、カバンに入れて持つこともできます。

「敬老の日」を過ぎても、気持ちが大事です。
気になったらご注文ください。
お待ちしております。






shouyusasi marumon.jpg


九谷焼らしい色つかい。
綺麗な紋模様。
楽しそうな童たち。

毎日の食卓を楽しくしてくれそうです。

普段使いの醤油差しには、ちょっと高めかもしれませんが、
注いだあとの醤油漏れもなく、使ってこそのものなので、
ぜひお選びいただきたいです。


すっかり秋!過ごしやすい1日ですね。
・・と言いたいところですが、今日は何となくジメジメしています。

今年は、あまりの暑さに石川県は湿気の多いところだと忘れていました。 
本当は雨の多いところなのに、今年は雨が降ってもゲリラ豪雨で、一日中降り続ける日は少なかったのかもしれません。

雨つながりで・・・
今日9月12日というのは、「雨の特異日」だそうです。
統計上、前後の日に比べて雨が多い日のようです。
でも、今日はまだ雨が降っていないような気がします。
統計上ですから、ハズレの時もありますよね。

暦って、色々調べると楽しいです♪









inubako.jpg

愛らしい「犬筥」です。
この微笑みはなかなかですよね~。

福島さんが1セットずつ丁寧に作っています。
流れ作業ではなく、1つずつ完成するまで丁寧に作り、描いているそうです。

その福島さんの思いも詰まった「犬筥」。
生まれてくる子どものため。
生まれたきた子どものため。

これからの日本を背負ってくれる子どものために飾ってみてください。
幸せがたくさんやってきそうです。





craft.jpg

ジブリの宮崎駿監督が引退会見を行いました。
ジブリファンはたくさんいますし、ジブリ映画の中でも一番宮崎駿監督の作品が人気でしたね。

私は宮崎駿監督の作品にずいぶん子育てを手伝ってもらいました。
家事をしたい時に、「トトロ」や「千と千尋の神隠し」など、DVDを流すと子ども達はずっとテレビの前で見てくれたので、ずいぶん助かりました。毎回見ているので、子ども達はセリフを暗記し、兄妹で順番に大声で一緒に叫んでいました。
あの頃は暗記力の凄さに驚きましたが、今では英単語や漢字の暗記に苦戦している二人です。

そして、ジブリ美術館へも出かけました。
福島まゆみさんのクラフトのトップページの写真のように、美術館内のネコバスはとっても大きく、どこの子どもも本物のネコバスだ~と、大騒ぎでした。

これから宮崎駿監督は美術館内のお仕事をするそうですね。
またゆっくり美術館へ行ってみたいですが、なかなかチケット取れないですよね。

行きたいところばかりで、なかなか実行できないままです。




maturitada.jpg

2020年東京でオリンピックが開催されることになりました。
土曜の夜中の日本の最後のプレゼンテーションまで、頑張って見ました。
とってもすばらしいプレゼンテーションでしたね。
皆さんの熱い思いが伝わってくるようでした。

この開催で、我が家にとっても良い出来事がありました。
子ども達が、2020年の東京オリンピックまでには英会話が出来るようにならないとダメだ!と言いだし、
二人とも英語の勉強を始めました。
近くですばらしいプレイが見れるということに喜ぶのはもちろん、二人とも、ぜひボランティアで参加したいとのことです。

まだまだ英会話力のない子ども達ですが、自分達でやってみよう!って思ったってことは本当に嬉しいことです。
後は7年間という短いようで、長い期間、どこまでこの気持ちを維持できるかということです。

そして、やっぱり日本人だなぁ~と思ったことは、「TOKYO」って発表になった時の映像を見ると、ほとんどの会場で万歳をしていました。
日本人は嬉しい時には、まず万歳なんだなぁって思いました。
しばらくは、お祭り騒ぎのことと思います。

7年後のオリンピックに向けて、中高生が今まで以上に練習に励み、たくさんの選手がオリンピックの舞台に立てることを祈ります。

多田利子さんの「祭りうさぎ」です。








tawararyuu.jpg   tawara usi.jpg   tawara usagi.jpg

そろそろ稲刈りのシーズンです。
農家の皆さまは大忙しの季節ですね。

農家の方のおかげで、私たち日本人は毎日おいしいご飯を食べることができます。
本当に、感謝・感謝です。

多田利子さんのオーナメント「俵シリーズ」です。
これまで、がありました。
寅年には俵が届いてなかったんですね。

今は龍のみ在庫がありますが、多田利子さんのものは、ずっと予約受付中ですので、
気に入ったタイプがあれば、ぜひお問い合わせください。


usagi taiko.jpg


久しぶりの青空が見えます。
竜巻や豪雨で、日本はどうなってしまうのだろうかと心配になりますが、今日の空は運動会でも始まりそうな感じです。

9月というと、秋祭りがいろいろな場所で行われますね。
どんどこ・・・太鼓の音が夜遅くまで鳴り響いています。
太鼓の音は耳障りにならないのはどうしてなんでしょう。
たまに習い始めの子どもの音は、リズムがずれていたりして、あれって思ってしまいますが、
子ども達も教える大人の方も一生懸命に練習しているので、そのうち上手になるまでの我慢です。

多田利子さんのオーナメント「うさぎたいこセット」です。
うさぎ2つと太鼓1つで、2,625円(税込)です。
じろやでは、1万円以上お買上の方は送料無料ですが、1万円未満のお買上の方が銀行振込のお支払方法を選ぶと、
手数料がとっても高くて、申し訳なく思っていました。
ゆうちょ銀行で口座をお持ちの方はぜひご利用ください。
don iroekarakusa.jpg   don iroekarakusa2.jpg

とってもカラフルな「丼(色絵唐草)」です。
青窯の人気商品の1つです。

左と右で1つのうつわです。
どっちが正面なのでしょうか。
まるで別の丼碗かと思ってしまいますが、これが人気の理由なのでしょうか・・・。

カラフルな色のものは、私たちを元気にしてくれます。

最近は、オリンピックの最終選考に話題が集中していますね。
ドキドキです。
2020年という数字も良いので、ぜひ東京に決まってほしいですね。
7年後なんて、あっという間です。
ぜひ生でオリンピックを見てみたいです。
仕事どころじゃなくなっていそうです。

あまり良いニュースが流れない日本なので、後、数日間ドキドキして待っていたいです。














naka akebi.jpg  naka akebi 2.jpg

中憲一さんの丁寧に作られたお皿に、また丁寧に描かれたあけびです。

長皿でも、お魚を乗せるほどの大きさはありません。
少しずつ前菜を盛りつけたり、和菓子などのデザートを飾りつけたり・・・になるでしょうか。

和菓子を食べたい時に食べれる。
本当石川県に住んでいてよかったと思える時です。

和菓子屋さんは石川県にたくさんあります。
こんなにあって、どのお店も繁盛してそうなので、石川県民はきっと和菓子をたくさん食べるんでしょうね。
(※関係ありませんが、アイスの消費量は石川県が日本一なんです)

季節の生菓子もお店ごとにいろいろあって、楽しいです。そして食べて美味しいんです。
先日夏の生菓子をいただきました。
きれいな透明な水色で、中に白あんが入っていて、見て、食べて、大満足のお菓子でした。

中憲一さんの「長皿(あけび)」に、生菓子をもりつけて、お客さまに出したいですね。
それぞれがお気に入りのお菓子を選んでもらうと、話もはずみます♪

田舎育ちの私は、あけびは普通に山道を歩いていると見つけれるものでした。
子どもの頃は、あまり得意な食べ物ではありませんでしたが、大人になると美味ですね。

それにしても、どうしても食べ物の話題にしかなっていませんね。
家族全員が「ダイエット中」って口にしますが、全く誰もダイエットらしい暮らしをしていないかもしれません。










fukusuke.jpg

雨が降るたびに、涼しく・・・寒くなってしまいます。
あんなに暑い暑いと騒いでいたのに、ほんの数日で、こんなに涼しく感じられるようになりました。

昨日は、「防災の日」でした。
8月中旬くらいから、近くのスーパーなどで、保存食や避難グッズ販売のコーナーが登場します。
缶に入ったおかしや、お水、懐中電灯、ラジオなど、年々進化していくコーナーです。
今年はたくさんの安いランタンが並んでいました。

NHKのあまちゃんもとうとう今日から震災に入ってしまいました。
ドラマの中の映像で見ても、辛くなります。
まだまだ辛い思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。
そんな方に少しでも笑顔を取り戻してもらえるように、私たちが出来るほんの小さなことでもやっていけたらと思います。

福島まゆみさんの「福助」です。
避難所などに、1つ飾ってもらえると、毎日顔を見るたびに皆さんが笑顔になれるような気がします。

思いだけではどうしようもないのかもしれませんが、皆さんの力になりたいと思っています。












2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30