2016年6月アーカイブ

uminosizuku.jpg

いよいよ今日が6月最終日です。

雨が多いことで有名な石川県は、今年は空梅雨で、水不足の心配が大きくなってきています。
長期予報で、今年の夏は暑くなると伝えていましたが、
水がなければ、色んなことを我慢しなければいけません。
私の大好きなお風呂も、今年の夏はお湯をためるのを我慢しなければならないのでしょうか。
少しずつ今から節水を心がけ、これから来る暑い夏をのり切ろうと思います。

写真は、真鍋千恵子さんの「箸置(海の雫)」です。
目から夏が感じられる箸置きです。
色は5色。それぞれの色に2パターンあります。
自分の好きな色、そして、好きなイボイボを見つけてください。
箸を置く場所も、色々あって、他の箸置きより遊び心いっぱいですね。



fukusuke tada.jpg

ずら~~~っと、たっぷりの福耳をぶら下げた、「福助」が並んでいます。

福耳を持っている方を見かけると、どうしても目が止まってしまいます。
生まれもったものなのか、段々福耳になっていくのでしょうか。
見るからに、幸せそうな顔をしていますよね。

多田利子さんの福助は、立派な着物も着ていて、福を招いてくれそうです。

今回入荷している一番小さい福助は、青色の着物のみ3体おります。
それぞれ表情が違うので、お選びください。
目だけで、こんなに表情が違って見えるんだなぁと思います。


tora.jpg

中町いずみさんの「小皿(トラ)」再入荷しました。
中町さんに、色々と作っていただいているので、
これから、少しずつ品切中が消えていく予定です。

この「小皿(トラ)」作るの大変だと思います。
トラの絵はもちろん、がるる・・・・・・
と書くのも、大変ですよね。

根気です。

今、中町さんに新作をお願いしています。
入荷次第ご案内します。
お楽しみに。

hyoutan takokarakusa.jpg

たこ唐草のお皿は人気があります。
とってもインパクトがありますが、可愛い柄ですよね。

じろやでは、文吉窯さんと、和陶房さんのものを、紹介しています。
「タコ唐草」「たこ唐草」
作家さんの思いもあって、平仮名とカタカナになっているんでしょうが、
じろやの検索窓では、平仮名とカタカナで分かれて検索されてしまいます。
文吉窯さんは、タコ唐草。
和陶さんは、たこ唐草。

写真は、和陶房さんの「ひょうたん型豆皿(たこ唐草)」です。
小さな豆皿ですが、1つ1つ手の込んだ柄になっていると思います。
皆さん、本当に丁寧な仕事をされると思います。




hotarubukuro.jpg

中憲一さんの「楕円皿(ほたる袋)」です。
今日、6月24日の誕生花の1つです。

先日、高山植物園に出かけたときにも、咲いていたお花です。
あまりお花の知識のない私ですが、こういう風にお皿に描かれていることで、
頭の片隅に、ホタルブクロという名前があったようです。

ぶらぶら歩いている時に、ホタルブクロという名前の札が見え、そのそばで、咲いている可憐なお花を発見できました。
知っているお花が咲いている、
それだけのことですが、嬉しくて、まじまじと見てしまいました。

今週末、短大時代の友人たちと同窓会の打ち合わせという理由付けで、ランチに出かけます。
久しぶりの友人ばかりなので、同窓会の話をする暇もないくらい、ワイワイガヤガヤ話が盛り上がると思います。
歳を重ねるということは、楽しいこともあります。
choko hiyama.jpgのサムネイル画像

樋山眞弓さんの「猪口(染付花唐草に蝶)」です。

そば猪口ではなく、お猪口です。
お酒を飲まれる方いかがでしょうか・・・。

この猪口は、現品限り。
売り切ったら終わりです。
今お使いの方いらっしゃいましたら、1個予備にいかがでしょうか。

先日BSで、「世界ソムリエ大会」の再放送をしていて、
一度見だしたら止まらず、最後まで見入ってしまいました。
最近は、何を見ても、涙が止まらず、この番組も何回も泣いて見ていました。
ソムリエコンクールなのに、家族っていいなっていうのが、私の感想でした。

来月から、いよいよオリンピックが始まります。
寝だめって、出来ないものなのかなと思います。
オリンピックに向け、最終調整をしている選手の方々、そして周りのスタッフの方々。
そして、私たち応援者。
みんなでオリンピックを楽しみたいですね。
sorizara.jpg

中村久一さんの「そり皿(焼締)」です。
5枚入荷しておりますので、ぜひ家族分お揃いでどうぞ・・・。

1枚1枚、手づくりですので、それぞれ表情が違っています。
手にとっていただくと、本当に良さがわかっていただけると思います。

料理にはもちろん、
今の季節はアイスクリームとフルーツを盛り合わせて、使うのもいいかなと思います。

美味しいソフトクリーム食べたいです。
サービスエリアや、道の駅に行くと、ご当地ソフトクリームののぼり旗が、
「買って~~」
と言っているかのように揺れています。
その流れに、逆らう勇気ほしいです。


hanaire neko.jpg

梅雨の真っ只中、今日はジメジメと、身体に湿気がまとわりついています。
この「ジメジメ感」本当に嫌です。

そういう時は、お花が一輪、見えるところにあるだけで、
気分が ↑↑ になりますよね。

写真は、なずな窯さんの「花入れ(ねこ)」です。
庭先に咲いている、お花を一輪切って、挿すだけの小さな花入れです。
挿すだけと言っても、どの長さで挿すか、悩むところです。

これから、ギラギラ暑い夏が来るまで、体調整えていかなければと思っています。

昨日は満月でした。
夕方のニュースで、「ストロベリームーン」という赤っぽい満月が見えると言っていたので、
夜中外に出てみましたが、
ぼんやりとした、満月でした。
あの月の色を赤っぽいというのかも、わからないくらいぼんやりとしか見えませんでした。
見る時間帯があったのでしょうか。
それでも、満月の光を浴びることができ、ぐっすり眠ることができました。




kitayama haiyu.jpg

今日お休みの方は、ドライブ日和ですね。
梅雨だとは思えないほど、日差しが強い一日でした。

緑の木々がきれいな季節です。
その緑に負けないくらい、きれいな色のお皿を紹介します。

北山裕さんの「丸皿(灰釉)」です。
5寸皿と、6寸皿があります。
お揃いの、片口小鉢もありますが、残念ながら「品切中」でした。
予約可になっておりますので、ぜひお問い合わせください。

イチロー選手の記録が大騒ぎしています。
40歳を過ぎても、まだ現役のスポーツ選手でいられるというのは、
本当に自己管理がしっかりしているんでしょうね。
まだまだやってくれそうです。
楽しみにしたいと思います。


sumikiri chiyo.jpg

「いろんな料理を、少しずつ豆皿に盛り付けて、テーブルに並んでいてほしい。」

これは、食べる側の希望ですが、
料理をする側とすると、少しずつ料理を作るというのは、
とっても邪魔くさいものです。

喜んでもらえるから、毎日料理を作っているのですが、
やはり、たまには楽をしたくなります。
少ないレシピを、はっと思わせるには、うつわを変えてみるのが一番ですよね。

じろやの商品検索で、「豆皿」を検索してみると、在庫ありのもので、18件ありました。
作家さんもバラバラで、揃えてみるのも楽しいですよね。

写真は、文吉窯さんの「隅切豆千代久」です。
1辺6cmの小さな豆皿です。
3柄ありますので、お好きな柄をどうぞ。


5sun hamon.jpg

林京子さんから、たくさん再入荷しました。
写真は、「5寸皿(葉文)」です。
使いやすい大きさ、形ですね。

これまで、品切中になっていても、ずいぶん早く再入荷しておりましたが、
林さんも、だんだんお忙しくなり、これから、納期まで少し時間がかかるようです。

今ある中で、気になるものがありましたら、ポチッと押してみてください。

お早めに・・・

今日はとっても暑い一日でした。
外で仕事をしている方、お疲れ出ませんように。

梅雨の晴れ間(・・・晴れ間ばかりのようですが)
今日はようやく梅の実を取ることができました。
今年は実が少なかったために、1粒が大きかったです。
花の数が少なかったので、期待はしていなかったのですが、
想像以上に、実の数が少なかったです。
この梅をどうするか。。。。
明日相談してみようと思います。


funagata budou.jpg

週末に、親孝行ドライブに行ってきました。
白山高山植物園を見学し、その後福井県大野市まで足を伸ばし、おそばを食べてきました。

石川県に住んでいながら、一度も登ったことのない白山で咲くきれいな高山植物を、
10分くらい山道を歩くだけで、きれいなお花畑が見ることが出来ます。
今は、ちょうどニッコウキスゲが満開で、たくさんの方が見にきていました。

その後大野市までドライブに行ったのですが、私の親もずいぶん歳を重ね、
運転も心配してしまうのですが、
父親にすると、私はいつまでも娘のようで、私に運転を任せられないといいはり、
仕方なく、行きは運転してもらい、帰り道は先に運転席に座り、運転してきました。

娘に甘い父親というのは、いつの時代も同じだと思います。
私の手料理はどんなものでも、美味しいと食べていた私の父親ですが、
今では、私の旦那は、娘の手料理はどんなに薄味でも濃い味でも、美味しいと食べています。

そんな父親が喜んでくれるプレゼント。
考えれば考えるほど悩みます。

泰山窯さんから、再入荷がありました。
写真は、人気の「鉢/舟形(ぶどうにリス)」です。

美味しい料理とうつわのプレゼントもいいですね。
なんかひらめきました!!


sizuku1.jpg

長右衛門窯さんの「汲出/小(しずく文)」です。
降り続く雨を想像してしまいます。

冬に雪がほとんど降らなかったため、石川県の白山はもう白い部分が少なくなっています。
雪解け水のおかげで、雨が少ない年も、水不足の心配をしないで済んでいましたが、
今年はそういうわけにはいかないようです。

今日は「入梅」
暦のうえでは、梅雨入りです。
梅の実が色づく頃とも言われています。
会社の梅の実はずいぶん大きくなりました。
大きさだけ見ると、そろそろ収穫の時期かなと思いますが、
まだ収穫のOKがでないようです。




haoto.jpg

金沢といえば、
「弁当忘れても、傘忘れるな」
と言われるくらい、雨の多いところです。

私が小さい頃は、本当によく雨が降りました。
小学校の帰り道、道路を歩いていると、スピードを出して走ってきた車が水たまりの上を走り、
バッシャーン!!と水をかぶったこともあります。
近所の女子高生は、替えの制服がなく、一日学校を休んだって聞いたことがあります。

時間に追われていても、誰にでも、優しい運転ができるといいなと思います。

写真は、福島まゆみさんの「葉音」です。
何を相談しているのでしょう。


長右衛門窯さんから再入荷ありました。

| コメント(0) | トラックバック(0)
daituki senmon.jpg

九谷焼らしい「小付台付(線文)」が再入荷しました。
長右衛門窯のページには、他の線文のうつわも並んでいますので、ぜひご覧ください。

小付の上に並んでいるのは、金沢土産の落雁「花うさぎ」です。
落雁は、賞味期限も長いので、常備しておくと、不意のお客様に喜ばれます。
最近は、金沢土産もネットショップで買えたり、物産展も賑やかになっているようです。

先週末に、百万石まつりが終わりましたので、これからは夏休みの旅行の候補に、石川県も加えてみてください。
ぜひ、金沢、能登、加賀と、狭いようで広い石川県を楽しんでください。
地図上で見ると、小さな県ですが、車で石川県の南北を走ると、とっても遠く感じます。
私も、能登へ出かけるとなると、エイっ!と気合を入れないと決断できないほどです。



6月のおすすめは、林京子さんの飯碗です。ご飯を食べて元気に頑張りましょう。

| コメント(0) | トラックバック(0)
mesiwan karakusa.jpg

6月に入り、これから、ジメジメとした梅雨入りを待つことになります。

本当に「梅雨」は嫌いです。
あの雨の匂い・・・
ダメです。

それでも、日本には梅雨は大切な季節の1つなんだと思うので、
嫌いな雨も、ジメジメも、我慢して、のり切ろうと思います。

夏バテしないように、美味しいご飯をたくさん食べて、
栄養をとりながら、頑張っていきたいと思います。

写真は、林京子さんの「飯碗(唐草)」です。
今は在庫がたくさんありますが、
林さんの他の品切中のもので、ほしいなぁと思うものありましたら、ご連絡ください。
林さんのうつわは、再入荷が早めです。


そば猪口と小皿で、カップ&ソーサーのように使うこともできます。

| コメント(0) | トラックバック(0)
4sun ha cho.jpg choko ha cho.jpg

九谷青窯の
4寸皿(葉っぱに蝶)
そば猪口(葉っぱに蝶)
です。

人気のうつわは、たくさん入荷できるようになりましたので、
揃えたい方はどうぞ・・・

せっかくお揃いのうつわなので、

DSC04273.JPGのサムネイル画像


こんな風に、カップ&ソーサーのように使うこともできます。
数が揃っているうちに、カチッとどうぞ。

(何よりも、なかなかカメラの腕があがらないのが気になります。)





今週末は、「百万石まつり」です。たくさんの観光客の方が訪れ、賑やかな街になることでしょう。

| コメント(0) | トラックバック(0)
nototetudo.jpg

6月3日~5日の3日間は、金沢で「百万石まつり」が開催されます。
毎年、たくさんの観光客の方が来県し、テレビ中継もあったりで、金沢の一大イベントです。

今年はちょうどその日に、
サッカーJ2のツエーゲン金沢のホームゲーム
そして、北陸最大級のロックフェスもあります。(私にはよくわかりませんが、有名な方々も出演するそうです。)

いつも以上にたくさんの人・・・人・・・となると思います。

きっと、どこのホテルも満室状態でしょう。
大勢の皆さんに遊びに来てほしいのですが、まだまだ受け入れ体制が充分でなく、
北陸新幹線開通から、色々問題もあるようです。

金沢のホテルは満室でも、能登や加賀まで足を伸ばせば、まだまだホテルは空いていると思います。
そこも満室なのでしょうか。情報不足ですみません・・・。

写真は、湯浅啓さんの「のと鉄道」の写真集です。
きれいな青空と、深い緑と、清々しい黄緑色。
目と心が癒されます。

ぜひ身体を休めに、石川県へ遊びに来てください。
お待ちしております。
« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年7月 »

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31