そば猪口の使用頻度がずいぶん高くなってきました。お米も美味しいですが、つるつるって食べたい気分になります。

| コメント(0) | トラックバック(0)
sobachoko iroecho.jpg

昨日までは、本当に暑くて、晩御飯のメニューが思い浮かばず苦労していました。
今日は、少し気温も下がり、雨も降ったので、過ごしやすい一日でした。

平日は毎朝お弁当を作るのですが、週末のお昼ごはんのメニューを考えるのも大変なのです。
(どうしても、食の話題ばかりになってしまいます。)
3食考えるって、結構大変ですよね。
無難に麺類をすぐ思い浮かべ、夏になると、どうしても素麺やお蕎麦が定番になってしまいます。

じろやで買い足したそば猪口が、少しずつ増えていって、
食べるときに、自分の好きなそば猪口を食器棚から出すようにもなりました。
同じそば猪口でも、作家さんが違うと大きさが違って、重ねる順番も気になります。
並べて片付けられてたらいいのですが、そこまで大きな食器棚ではないので、
重ねてあります。

写真は、樋山真弓さんの「そば猪口(色絵蝶)」です。
可愛いデザインなので、そば猪口としてだけではなく、
デザートや飲み物を入れたり、使い方がたくさんです。

ぜひ、皆さんのほっと一息する時間に使ってほしいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://tenu-hana.net/mt/mt-tb.cgi/1459

コメントする

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31