今更ですが、どうしてもっと若い時に、歴史を好きになれなかったんだろうと思います。

bookcover 09.jpg

学生の時の、一番苦手な教科は社会でした。
歴史も、地理も、何もかも苦手でした。
テストで足を引っ張るのも、ずっと社会でした。
黙々と暗記をするという、作業が嫌いなのです。
でも、社会大好きな旦那さんは、社会は暗記教科ではないと言い切ります。
全てがつながっていて、楽しいんだそうです。
ふむふむ・・・社会を勉強していて楽しいという感情になったことがあったのかさえ、記憶にありません。
そんな無知な私は久しぶりに大河ドラマにはまって、かかさず見ています。
脚本家の思いも強いでしょうが、今回の大河ドラマは笑いもあり、涙もあり、
とっても楽しく勉強しています。
興味を持つと、人は頭がさえるのでしょうか。
今まで歴史上の人物の名前を覚えることが大っ嫌いだったのに、
少しずつですが、私の頭の隅っこにある、昔覚えた人物同士が、関わりがあったんだということがわかり、
ますます楽しくなってきています。
楽しい、楽しいと書いていますが、
最近は、私のお気に入りの石田三成が画面に映るだけで、切ない気持ちになります。
寂しい人だったんだろうなと。
夏も終わりに近づいてきています。
読書の秋!
涼しくなったら、のんびりとした時間を持てたらいいなと思います。
牛首紬ブックカバーは、いろんな色が揃っています。
通勤、通学のお供にいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。