春といえば、やっぱり山菜でしょうか。美味しく食べたいですね。

iwasaki chuubati.jpg

私は山の中で育っていますが、小さい頃から山菜が苦手でした。
最近は、年を重ねてきたこともあって、ずいぶん美味しいと思って食べられるようになりましたが、
まだまだ食べられないものもあります。
写真は、岩崎晴彦さんの「中鉢(白)」です。
ゼンマイと油揚げの煮物を盛り付けてあります。
ゼンマイは、くせがないので、小さい頃から食べられました。
煮物にしたり、こちらでは、クルミ和えにして食べます。
この中鉢は直径15cmほどで、煮物を盛り付けるのにちょうど良い大きさだなと思います。
たくさん作った方がおいしくできるのですが、毎晩同じ煮物を食べるのも飽きるので、
最近は少しずつ作るようにしています。
家族っていうものは、正直なもので、美味しいものを作ると、すぐにお皿が空っぽになります。
あまり煮物が好きではない子供たちも、旦那さんが「今日のは美味しい」というと、ようやく箸をのばします。
そして、三人で取り合いをして食べてくれます。
毎回そうやって食べてくれると、作り甲斐もあると言うと、
毎回美味しいものを作ればいいと、言い返されてしまいます。
そうなんですけどね。
毎回微妙に味が違うのが、家庭の味!なんて、都合のいい返しをします。
先日、ブログで書いた再入荷の案内は、あめつちさんでした。
少ししか再入荷しなかったのですが、あっという間に、全て品切れになってしまい、申し訳ございません。
また次回、再入荷ありましたら、ご案内します。
予約不可になっておりますが、入荷したらご案内するという形での予約は承っております。
毎日サイトをチェックするのは大変だと思いますので、再入荷の少し前にメールでご連絡することが可能です。
ご参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。