食卓に必ず置いてある「醤油差し」なかなか買い替えできないものですね。

shouyusasi sen.jpg

私個人的な考えなのですが、お皿は新しく買い替えることがあっても、醤油さしは、なかなか新調できないものです。
ずいぶん前にも書いたかもしれませんが、我が家で使っている醤油さしは、ずっと長い間使っているものです。
ほぼ、毎日使うものでありながら、壊れることもなく、あまり使っていても不便さを感じないので、ずっと使っています。
大事に使うことも大切!と思いますが、買え時がわからないまま今日まできています。
今後も予定はないのですが、ひとめぼれをして買う日がくるのを待ちたいです。
ずっと使うものなのだから、次に買うときは、ちょっと高めのものでもいいなと、思っています。
お皿をよく割ってしまう私ですが、さすがに醬油さしを割ることはありませんから・・・。
写真は、長右衛門窯さんの醤油さしです。
今、じろやで紹介しているのが、右側に写っているの「醤油差し(紅細線/大)」のみになっています。
他の2点は、品切中になっておりますが、気になりましたら、一度ご連絡ください。
真ん中のくびれは、醤油を注ぐときに持ちやすくなっています。
(羨ましいくびれです。)
液だれしない作りにも、なっていますので、ご安心を。。。
新築のお祝いに
新婚さんへのお祝いに
きっと喜んでいただけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。