文吉窯の最近のブログ記事

4.5sun hyoutan.jpg

品切れが多かった文吉窯さんのページですが、ずいぶん在庫が揃うようになりました。
週末は、天候が悪いようなので、ゆっくりご覧いただければ・・・と思います。

写真は、「4.5寸向付(染付瓢箪)」です。

丸でもなく、四角でもなく。
塗りつぶしてある瓢箪と、白抜きの瓢箪。
縁どりにまたいで描いてある瓢箪。
見れば見るほど、可愛いうつわです。

重ねようとすると、少し不安定ですが、この形の可愛さにはかないません。

ぜひ、お手元に1つお持ちいただければ気に入っていただけると思います。

昨日はとても暖かい一日だったのですが、今朝は雪がちらついていました。
この寒暖差、とっても辛いです。
一人インフルエンザ菌を持ち込むと、一気に広まってしまうのでしょうが、
社内はまだ皆元気に過ごしています。

健康第一。
もうひと踏ん張り、健康のまま冬越しできるように、健康管理していきたいと思います。
我が家のメダカも、最近の暖かさで元気に泳いでいたのですが、今朝は下の方に隠れていました。
私の朝の癒しの時間です。

mamesara gunpaisougyo.jpg


昨年は大雪で、気温がずっと低かったので、我が家のメダカたちの数匹は、冬を越せませんでした。
そして、猛暑。夏もまた越せないメダカがいました。

そのハードな気温に耐えたメダカたちは、広くなった水槽をスイスイ優雅に泳いでいます。
なぜか、私が帰ってくると、ぴゅっとどこかに隠れるのです。
水槽を掃除したり、餌もあげるのも私の仕事なのに、なかなか仲良くなれません。

今夜の「マツコの知らない世界」メダカのお話です。
我が家のメダカ達のために、学びたいと思います。

メダカ本当に癒してくれます。

写真は、文吉窯さんの「豆皿(軍配双魚)
じろやには、豆皿がずいぶん増えました。
やきもの一覧→サイズで選ぶ→小皿豆皿 で検索すると、227件ヒットします。
こんなにたくさんあったのだなぁって思います。

昨日は、またテニス、サッカーに夢中でした。
連日、楽しませてもらっています。
我が家のスポーツ解説員の話も、なかなか面白くためになります。
本当の勉強もこれだけ熱心に記憶していれば・・・と、まだ欲がでてしまいます。
bunkiti melody mesiwan.jpg

文化の日。
子どもが小さい頃は、公民館などに作品を展示してもらって、会場へ出かけるという日でした。
それは、遠い過去の話で、最近は、
「あれ?今日は何のお休み?」
って、カレンダーを見ることもあります。

11月3日は、金沢駅に出かける用事があって、ブラブラしていたら、
国内外の観光客の方々が、皆さんカメラを向けて、何かを撮影していました。
幼稚園の可愛い棒振りから、本格的な大人の方の演技まで、
様々な獅子舞を見ることができました。
私が住んでいる地域では、獅子舞はなかったのですが、小さい頃から近くのお祭りに出かけて見ていたので、
どこの地域でもあるのかと思っていたのですが、旦那さんが住んでいた地域ではなかったようです。
今回は、全て生演奏だったので、私は大満足だったのですが、
旦那さんは途中で飽きてしまい、近くのベンチに座っていました。
待たせているって思いもせず、夢中になっていた自分にびっくりでした。
皆さん、一生懸命練習して、たくさんの拍手をもらい、演技している方々も嬉しそうでした。

文化の日なのに、様々なスポーツイベントも盛りだくさんでしたね。
私は今年初のバスケットボールの試合にも出かけてきました。
大興奮です。
今年から応援の振り付け(?)が少し変わってしまい、
なかなかついていけないところもあったのですが、
無事、今シーズン、ホーム初勝利でした。

そんな忙しい週末を送り大満足しているのですが、
我が家では風邪気味が2名います。
私は、風邪菌を寄せ付けないように、手洗い、うがいで、頑張ります。

写真は、文吉窯さんの「飯碗(メロディ)」です。
可愛いデザインです。


renge mizutama.jpg

文吉窯さんから届いた4種類のれんげセット。
写真は、「れんげセット(水玉文)」です。
他に「瓢箪」「線文」「うず文」があります。
それぞれのページの下の方に、他の3種類も見れるようになっています。
ぜひ、ご覧ください。

れんげを使っても、置き場所に困りますよね。
箸置きがあるのに、スプーンなどにはなかなか置き場所がない気がします。

れんげを使わないときは、豆皿としても使えますよね。
お得感があります。

あっという間に、涼しくなりました。
あの猛暑に身体が慣れていたせいもあって、
少し気温が下がると、涼しいではなく、寒いって思ってしまいます。
スーパーにも、すでにお鍋の素が並んでいました。

れんげの活躍するシーズン到来!です。





saita.jpg

『saita』 5月号にじろやが紹介されています。
上の表紙写真を、本屋さんで見つけたら手に取って、見てほしいです。

右下の赤い小皿見覚えありませんか。
文吉窯さんの「小皿(朱巻椿)」です。
他にも何点か紹介していただいていますので、ぜひ探してみてください。

私は、左下の「皮下脂肪1枚脱いでカラダすっきり!」
というコピーに目が行きました。

じっくり読んでみたいと思います。


urikozara.jpg

シンプルで、使いやすい形のものが多く、
お手頃価格で、何枚も揃えたくなるのが、文吉窯さんのうつわです。

今回は、品切れだったものが、たくさん再入荷しています。
1ページずつ、じっくりご覧ください。

写真は、「瓜小皿(染丸紋)」です。
形がいいですよね。
長い方が13.5㎝です。

何を盛り付けましょ・・・。

皆さんは晩御飯のメニューどうやって考えているのでしょうか。
今は、メニューが浮かばない時期に突入しています。
買い物行っても、ウロウロ・・・。
魚を見て・・・・
お肉を見て・・・
野菜コーナーもウロウロ。
それでも、決まらず・・・。
「きょうの料理」を見ていると、今度これ作ろう!って思うのですが、
メニューが浮かばないときは、そんなことも忘れてしまっています。

家族のラインで、
「今日食べたいものは?」
って、送っても、
「美味しいもの~」だったり、
「今日は、いらない」だったり、
なかなか参考にはなりません。

夕方、またスーパーをウロウロするのかと思うと、憂鬱にさえなります。
そして、外は雨。
天気予報では、午後から雨と言っていましたが、うっかり傘を持ってきませんでした。
会社を出る頃には雨があがっていることを祈ります。



4sun tatara hakuji.jpg


じろやでご購入いただいたお客さまへ、配送完了メールをお送りしておりますが、
皆さま読んでいただいていますか?

じろやも11周年がスタートし、より一層、皆さまに喜んでいただけるサイトにしていこうと、
日々話し合っているのですが、なかなか「これだ!」というアイデアが浮かばず、日だけが過ぎてしまっています。

そこで、いつも購入いただいている皆さまのアイデアを少し聞かせていただこうと、アンケートをお願いすることにしました。
配送完了メールに、
「ご感想をお聞かせください。」とありますので、そちらから進んでいただいて、いくつかのアンケートにお答えいただく形になっております。m(__)m

パソコンやスマホで買おうか、迷っている時・・・
うつわを受け取った後・・・

皆さまがどんな思いで、私たちのうつわを受け取っていただいているのか、教えていただきたいと思います。

メールには、(会員のみ)とありますが、会員でなくてもOKです。
ただ、100ポイントのプレゼントできないので、ご了承ください。

写真は、文吉窯さんの「4寸タタラ皿(瓢箪)」です。
手びねりのうつわは、やっぱり良いですよね。



kumidasi jukamrumon.jpg


暗くなるのも早くなり、そのまま気温も急激に下がってしまうようになりました。
毎年10月は、こんなに寒かったのでしょうか。

夜になると、温かい飲み物がほしくなります。
いつものことですが、コーヒーや紅茶ではなく、ほうじ茶です。

最近は、ほうじ茶が人気ですが、石川県民は、ずっと「お茶=ほうじ茶」です。
石川県に旅行に来たら、お土産にほうじ茶をお薦めします。
最近は、可愛いティーバッグのほうじ茶も、お土産用に販売しています。
金沢駅にも、小松空港にもありますので、お帰りの際にどうぞ。

写真は、文吉窯さんの「汲出碗(樹果丸紋/小)」です。
小さなお煎茶をいただく位の大きさです。

どんな種類のお茶でも、美味しいと思えることが一番ですね。
donburi tokusa.jpg


文吉窯さんの「丼(トクサ)」です。
今回入荷したものは、ほんの少し染付の色が薄いかなと思います。
以前購入したものが、1つ割れてしまったので、追加に・・・という方は、一度お問い合わせください。
今回、入荷したものの写真をお送りいたします。

今日の石川県は、とっても過ごしやすい気候です。
つい最近まで、クーラーなしでは生活できなかったのですが、
今日は窓を開け、外からの風がとても気持ちがいいです。

今日、8月31日。
野菜の日です。
わかりやすい語呂合わせですね。
クーラー漬けの毎日だった身体も、そろそろ悲鳴をあげそうな気配です。

温野菜を食べるようにしなければ・・・
麺類も、そろそろ温かいものにしなければ・・・

でも、娘が
「明日のお昼ご飯はソーメンにしよう!」
と、昨日から決めていたので、今日はソーメンを食べようと思います。
我が家の薬味は、青ネギ、しょうが、シーチキン、白ごま、青じそ・・・
その時の気分で、薬味の数も変わります。
今日は、何にしようか・・・

bunkiti fujitakokarakusa.jpg


写真の手前は、文吉窯さんの「豆皿(富士タコ唐草)
奥に見えるのは、九谷青窯さんの「マグカップ(藍葉)」
です。
今年の夏休みは、こんな風に、ティータイムを過ごしてみてはいかがですか。
のんびりとした時間を過ごして、リフレッシュしたいです。

染付のうつわは、作家さんが違っても、違和感なく使えると思います。
じろやのトップページの左側の、やきもの一覧のところに、「染付のうつわ」として、
染付のうつわを並べたページがあります。
ぜひ、ご覧ください。

同じ染付でも、色合いが違ったりするので、染付のうつわを集めてみたくなるんだろうなと思います。
我が家にある染付のうつわも、最近は出番が多い気がします。

今日の晩御飯は何にしようか・・・
またスーパーをぐるぐる回ってしまいそうです。


月別 アーカイブ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28