やきものの最近のブログ記事

yamamoto kiseto inome.jpg


山本芳子さんの「猪目小鉢(黄瀬戸)」です。
形が可愛いので、お料理の小鉢としてだけでなく、アイスを盛り付けてみたりしてもいいですよね。

この黄瀬戸のうつわは、他にそば猪口とありますが、
どのうつわも、惚れ惚れしてしまいます。

みなさんは、この猪目(いのめ)という言葉、知っていましたか。
私は知りませんでした。(日々勉強です。)
この形を見て、猪目って言えるような、そんな大人でいたいです。
やっぱり、日々勉強。
本を読んで、いろんなことを吸収していかなければならないですね。

今年は、読書の秋にも挑戦したいです。
思ってはみるのですが、だんだん老眼が進み、眼鏡がないと不自由になってきました。
健康診断の視力検査は今も変わらず、Aなのですが、近いところの文字が厳しいのです。
歳を重ねるというのは、不便はつきものです。
それを振り払うように、良いことも見つけていけたらなって思います。





tosiko otukimi.jpg

多田利子さんの「お月見」です。
うさぎたちは上を向いていて、とっても可愛いですね。
ススキや団子、お月さまを、大切そうに持ち上げている、その姿も愛おしいです。

今年の中秋の名月は、9月24日。
今年は台風も多く、ちょうどお月さまが見えるのか心配ですが、
ぜひ外に出て、月のパワーを浴びたいと思います。
娘が子供の頃、セーラームーンに夢中でした。
月のパワーと打ちながら、なぜか頭に浮かんでしまいました。
あんな可愛い時代もあったんだなと思います。


mentori ruri don.jpg

ほたる窯さんのうつわ、ご覧いただけましたか。

写真は、「面取丼(ルリ)」です。
この色のうつわ、良いですよね。
テーブルが映えると思います。

丼椀にルリ。
結構インパクトあると思います。
私はちょっと勇気が必要です。
でも、若い方なら、迷わず手に取る色なのでしょう。
ぜひ!
ビビビッときましたら、お手元に置いてあげてください。
ルリのうつわは、アップするとすぐに旅立ちます。

先週末、久しぶりに息子のテニスの試合観戦に出かけました。
ネットで、息子の名前を見つけたからって、何人もの懐かしい方々が応援に駆けつけてくれて、
楽しい時間を過ごせました。
ジュニア時代には、勝ち負けだけを考えて試合をしていたのが遠い過去のように、
とっても楽しそうに試合をしていました。
これもテニスなのだなぁと、私は全くテニスをしませんが思いました。

やっぱりスポーツは良いものです。
プレイする側も、応援する側も、楽しいことばかりではないのですが、
振り返って、笑って話せる相手がいるって、歳を重ねるとよかったなって思えます。

hotarugama.jpg

きれいなトップページになりました。

新しく加わった「ほたる窯」さんです。
きれいなお皿がたくさん並んでいます。

1ページ1ページゆっくりご覧ください。


renge mizutama.jpg

文吉窯さんから届いた4種類のれんげセット。
写真は、「れんげセット(水玉文)」です。
他に「瓢箪」「線文」「うず文」があります。
それぞれのページの下の方に、他の3種類も見れるようになっています。
ぜひ、ご覧ください。

れんげを使っても、置き場所に困りますよね。
箸置きがあるのに、スプーンなどにはなかなか置き場所がない気がします。

れんげを使わないときは、豆皿としても使えますよね。
お得感があります。

あっという間に、涼しくなりました。
あの猛暑に身体が慣れていたせいもあって、
少し気温が下がると、涼しいではなく、寒いって思ってしまいます。
スーパーにも、すでにお鍋の素が並んでいました。

れんげの活躍するシーズン到来!です。





ougi mukouduke ebi.jpg

今日は、長右衛門窯さんからの新商品入荷のご案内です。
じろやで紹介している作家さんの中でも、九谷焼らしい、とっても上品なうつわが多い窯元です。

写真は「扇面向付(対海老の図)」です。
お祝いの席に使ってほしいです。
少しだけ盛り付ければ、いつもの料理もとっても素敵に、美味しそうに見えると思います。

金沢といえば、甘えび。
石川県に住んでいると、地元甘えびしか知らずに食べていました。
金沢の甘えびは、文字通り、本当に甘いということが、大人になって知りました。
お刺身で食べるのはもちろん、私が小さい頃好きだったのは、甘く煮た海老でした。
娘も大好物です。

冬に向けて、皆さんも石川県に遊びにいらしてください。




rimu cha.jpg

岩崎晴彦さんから、た~くさん新しいうつわ届きました。
これからの季節にぴったりのものばかりです。

写真は、「リム皿(茶)」です。
他に、「リム皿(白)」と「リム皿(黒)」があります。
それぞれ違うものを盛り付けて写真を撮ってありますので、ぜひご覧ください。

私はスイーツを選びました。
美味しそうです。

このリム皿は、平らな部分が広いので、盛り付けしやすいと思います。
同じ色で、それぞれの色を選んでも。
探すのも楽しみになると思います。

気が付けば、9月初めてのブログになります。
忙しくしていて、あっという間に時間が過ぎてしまっていました。

これから少しずつ新商品のご案内続くと思いますので、毎日チェックしてみてください。
私も毎日楽しみにしています。
新しいうつわを紹介して、皆さまからの反応がとっても楽しみです。



ippuku hanaurara toruko.jpg


今日8月30日は、「ハッピー(8)サンシャイン(30)」。
数字からこの名前に結びつくのは、すごいひらめきだなって思います。

でも、こうやって案内しようと思ったのは、この日の説明文に、
「 太陽のような明るい笑顔の人のための日。」と書いてあったからです。
何か、素敵ですよね。

そういう人でいたいと思います。
笑顔は、どこにいても、人を幸せにすると信じています。

写真は、虚空蔵窯さんの「いっぷく碗・小/花うらら(トルコ)」です。
真っ青な空を思い出す色です。
私は、淡い色を好む方ですが、虚空蔵窯さんの色は、見れば見るほど、はまってしまいます。
一度使ってほしいです。



| コメント(0) | トラックバック(0)
kiku hayasi narabi.jpg


林京子さんから届いた「丼(菊)」です。

左が、「丼(菊/小)
右が、「丼(菊/大)」です。

どちらを買うか迷うところです。
大きい方は、たっぷり丼を食べたい時や、温かいうどんでも・・・
小さい方は、子ども用や、女性の方用のちょっとした丼として、そして、お茶漬けなんかにもお薦めします。

両方とも持てると良いのですが、お金と食器棚が悲鳴をあげてしまいそうです。

この丼は、ほかの作家さんのものより、軽めです。
空っぽの丼碗を持つ機会は少ないと思いますが、ご飯や麺類がたっぷり入った状態で持つと、
この重さというのは大きく変わると思います。

ぜひ、ご検討ください。

今日は、8月29日で、やきにくの日。
今日はお魚を食べようと思っていたので、焼肉丼でも作ろうかなと思います。

5sun kikutirasi ametuti.jpg

大変長い間お待たせいたしました。
久しぶりに、あめつちさんから再入荷ありました。

写真は、「5寸皿(菊ちらし)」。
盛り付けしてあるプチトマトは、少し大きめなので、ちょっとお皿のサイズ小さくなったかなってイメージしてしまいますが、
今まで通り、直径15cmのお皿です。
ご安心を。

あめつちさんは、大きさや絵柄が、ずっと変わらず安定して納品していただけるので、検品後すぐにアップできます。
同じものを作り続けるって、大変な仕事だろうなぁと、毎回感心しています。

もう少し再入荷のご案内ができると思います。
お楽しみに・・・。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30