小田玲子バッグの最近のブログ記事

kota po-ti.jpg


小田玲子さんから、素敵なポーチが届きました。

化粧品などを入れて、バッグインバッグとして・・・
小銭入れと携帯などを入れて、ショルダーポーチとして・・・

1つで色々使うことができるので、お薦めします。

夏の旅行もいいですが、やっぱり紅葉を楽しみながら、秋に旅行するのもいいですよね。
そんなときに、このショルダーポーチ活躍しそうです。

週末は、24時間テレビを見て、泣きました。
毎年この番組を見て、ダラダラ過ごしていることを、反省してしまうのです.

このままテレビだけを見て、一日過ごしてはいけない・・・と
暑い中、草むしりをやってみたり、
お風呂の掃除をしてみたり、
もちろん、テレビを見たり、
汗と涙で、身体から水分がなくなってしまうかと思うくらいの週末でした。

泣くのも結構体力使うのです。
おかげで、昨夜はぐっすり眠ることができました。

今朝は、夏も終わってしまったのかと思うくらいでしたが、
今は、またぐぐっと気温が上がってきました。

皆さんも、夏バテしないよう、もう少し頑張りましょう!!



bag.jpg


小田玲子さんの「牛首紬ハンドバッグ(流星)」です。

惚れぼれするようなミシンキルトです。
写真ではわかりにくいですが、ミシン糸も場所によって変えています。
下書きなしで、小田さんの思いだけで、ミシンキルトをしているっていうのも、凄いですよね。

外側にも、内側にもポケットがついていて、
持ち手部分は、レザーと牛首紬になっています。

使う前に、隅々までご覧になって、満足してほしいと思います。

小田さんの作っている姿を思うと、この価格に納得します。
1点もの、二度と同じものは作れないバッグです。

ぜひ、ご自身のご褒美にいかがですか。
和服のときはもちろん、洋服でも持っていただけると思います。

今年は、小田玲子さんのものを、たくさん紹介していきたいと思っていますので、
お楽しみに・・・。

koda po-ti ao.jpg

小田玲子さんのページにNEWの文字が並びました。

ポーチは5柄
ポーチショルダーは3柄あります。
色もカラフルで、誰かとお揃いで持ちたくなります♬

写真は、「牛首紬ポーチ(青)」です。
どのポーチも、表と裏に、様々な縞がデザインされていて、とっても素敵だと思います。

ちょっと買い物に出かける時など、
お財布、鍵、スマホなど・・・
必要な物だけを入れて、持ち歩くのに、ちょうどいいポーチだと思います。

とうとう雪マークが、ずら~っと並んでしまいました。
凄い寒波来るそうですね。
今日は少し多めに買い物をしてこようと思います。


sukuea poti.jpg

小田玲子さんのページが数少なくなってきておりましたが、ようやくポーチを少しだけアップすることができました。
お待たせして申し訳ございませんでした。

さて、今回アップしたポーチのコーナーには、「ミニスクエアポーチ」が並んでおります。
写真は、Bですが、他にもう1柄(C)があります。
どちらも、何種類かの縞を合わせて1つのポーチに仕上げていただいています。
小田さんは、どんなに小さなハギレでもきちんと残しておいてくれて、
このポーチも、そんなハギレ達を結集し完成したものです。

小田さんのバッグやポーチは1点ものなのですが、こういう風にいろんな縞を合わせて作っていただいているので、
完全に同じものが、この世にない、100%オンリーワンのものです。
違う縞を合わせるって、センスがないと出来ないですよね。
和裁もできる小田さんだからこそ!って思います。

ぜひ、ちょっと出かける際に、携帯、小銭入れ、鍵などを入れて持って行ってほしいです。

gift2015.jpg

新特集「Gift
がアップされました。

今回は、焼き物はもちろん、織物、クラフトも紹介しておりますので、
ぜひぜひご覧ください。

ますます誰かに贈り物をしたい気分になります ♪



bag miti.jpg  bag miti2.jpg

北陸地方はまだ梅雨明けしないため、何となくじめじめしています。

週末、熱中症なのか、夏バテなのかダウンしてしまいました。
何となくすっきりしないままで、食欲があまりありません。
それでも、昨日の土用の丑には、鰻を食べ、ちょっと元気回復です。
まだまだ夏が来ていないのに、こんな体調では夏を乗り切ることができませんね。

小田さんの「ハンドバッグ(道)」です。
このバッグは牛首紬を使っていませんが、小田さんのオリジナルのバッグです。
1泊の旅行にはちょうどいい大きさかなと思います。
底の部分もしっかりとしているので、おでかけにお薦めします。
表と裏で道がずっと続いているようなデザインになっていて、とても素敵です。
いつも通り内側もファスナー付きのポケットなどがあり、使いやすいバッグです。


bag(.jpg   bag hikari2-1.jpg


以前にも紹介しましたが、小田玲子さんの「ハンドバッグ 光(NO.2)」です。

グレーの色が1つのバッグの中でも微妙に濃淡があり、そして右側の写真でアップにしてありますが、
ハギレを編み込み、このバッグのアクセントになっています。
小田さんはほんの小さなハギレも捨てずに、生地を大切に扱ってくれます。
そんなハギレたちを色合いを考え、編み込んで素敵なデザインに仕上がっています。
惚れ惚れしてしまいます。

持ち手も生地を何枚も重ねとてもしっかりしたものになっています。

バッグの中には、ファスナーも、小さなポケットもついていますので、
使い勝手もとてもいいものになっています。

手にとってもらうと、納得の価格だと思います。
これからも、たくさんの方に、小田さんのすばらしさをお伝えしていきたいと思っています。


bagkakisibu.jpg

小田玲子さんには、牛首紬を使ったバッグをずっと作っていただいています。
1点1点染めから縫製まで、丁寧に作ってくれています。

この牛首紬バッグ(柿渋/波模様)は、柿渋で染める工程だけでも、う~んと時間がかかっています。
染めて、乾燥させて、また染めて・・・
小田さんが満足いく色になるまで、何度もくり返されています。

そして、このきれいなミシンキルトのデザインも、小田さんの頭の中にだけあるので、
ミシンをかけながら、仕上がっていくそうです。
とても真似できませんね。

外のミシンキルトもすばらしいですが、小田さんのバッグはやはり内側にあると思います。
古布を使ったり、それをまた染め直したり、内側も丁寧にミシンキルトしてあったり、
仕上がったバッグを見ると、私は外側を見て、すぐにばっと中をのぞき込んでしまいます。
毎回大満足のバッグです。

このバッグの色も女性らしい、やさしい色だと思います。
お出かけする時に持って行ってほしいと思います。


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31