おりものの最近のブログ記事

sensu yatara nezucha.jpg

台風の影響もあるのでしょうが、石川県は今日も予報では35℃を超えそうな気配です。
猛暑か大雨
過ごしやすい日々はいつになるでしょうか。

暦では、今日は「処暑」です。
暑さが落ち着く頃のようですが、週間予報ではずっと30℃を超えています。
昔の人は、上手に暦を作っているなぁって思うこともあれば、
やっぱり自然のものなので、予想を外れることもあります。
だから、楽しみなんでしょうね。
何でも、暦通りだったら、明日に何が起きるか楽しみも減ってしまうと思います。

今年は、本当に扇子が役に立ちました。
小さく折り畳んで、バッグに入れて、さっと出して使えたので、扇子を発明した方って本当に凄いなぁって改めて思いました。

やたら縞
漢字で書くと矢鱈縞
縞文様のひとつで、縞の筋の広狭や色糸の配列が不規則なもの。という意味です。
矢鱈という漢字は当て字でした。
「やたらと・・・・」という使い方をするのは、方言だと思っていましたが、辞書に載っていました。
そのやたらと、このやたら縞が同じ意味で使われているって。
今日も1つ勉強になりました。

po-ti ai 2.jpg


牛首紬の縞をたっぷり使った「牛首紬ポーチ」が3柄届いております。
写真は、「牛首紬ポーチ(藍)2」です。

通帳を入れたり・・・
お財布として使ったり・・・

皆さんいろいろな使い方をしていただいているようです。

同じものは作ることができないので、ときめいた時には、
ぜひ!ポチっとカートに入れてください。

今日は、一日中雪が降っています。
明日の石川県の天気予報は、暴風雪。
天気予報のマークは、雪だるまの周りが吹雪いています。
見るからに、あーーーー、大雪だと思ってしまいます。

今日中に明日の買い出しもしてしまい、明日は会社と家の往復のみにしたいと思います。

何度見ても、窓の外は、ずっと雪です。
帰りの車の屋根には、何センチの雪が積もっているのでしょう。
明日の朝、起きるのも恐怖です。

皆さまも、年末年始のお疲れがでませんように、お身体大切にしてください。
po-ti murasaki2.jpg

じろやの年末年始のお休みを、トップページにアップしました。
ネットショップですので、ご注文はずっと承っておりますので、お休みの間、
ゆっくりとご覧ください。
年内の最終発送は、明日12月27日になります。
新年は、1月5日から、順次に発送準備いたしますので、よろしくお願いいたします。

写真は、小田玲子さんの「牛首紬ポーチ(紫)2」です。
今回も、色々な縞を組み合わせて作ってありますので、
どこにもない1点ものです。
気にっていただけましたら、お早めに。

フィギュアスケートのオリンピック選考会が終わりました。
昨日はエキシビションを長い時間放送していましたね。
ずっと見ていたわけではないのですが、インタビューでの樋口新葉選手の涙が一番ぐさっときました。
(エキシビションなのに、インタビューが一番記憶に残っているってどうなのかって思いますが)
私の一押しの選手なので、ショートもフリーも、ドキドキしました。
とっても悔しかったと思います。
でも、まだまだこれから。
来シーズンも、楽しみに応援したいと思います。

オリンピックまであと44日になっていました。
もうすぐです。

putti shoru.jpg

最近は、夏でも皆さんショールを使っていますね。
でも、やっぱりこれからの季節に大活躍すると思います。

小田さんが丁寧に織り上げたショールです。
ぜひ、お使いください。

プレゼントにしても、喜ばれると思います。

そろそろ、敬老の日ですね。
「9月の第三月曜」になってから、何日っていうのをカレンダーで探してしまいます。
そして、毎年悩みなのは、何歳から敬老の日の贈り物をするのかということです。
最近は、皆さん若いので、70歳過ぎても、敬老の日って感じはしませんね。

わざわざ贈り物をするのではなく、いつもよりちょっと親切にするくらいでいいのかなと思っています。

今日は、ジメジメ、身体に湿気がまとわりついています。
身体がどっとダルくなる一日です。


kota po-ti.jpg


小田玲子さんから、素敵なポーチが届きました。

化粧品などを入れて、バッグインバッグとして・・・
小銭入れと携帯などを入れて、ショルダーポーチとして・・・

1つで色々使うことができるので、お薦めします。

夏の旅行もいいですが、やっぱり紅葉を楽しみながら、秋に旅行するのもいいですよね。
そんなときに、このショルダーポーチ活躍しそうです。

週末は、24時間テレビを見て、泣きました。
毎年この番組を見て、ダラダラ過ごしていることを、反省してしまうのです.

このままテレビだけを見て、一日過ごしてはいけない・・・と
暑い中、草むしりをやってみたり、
お風呂の掃除をしてみたり、
もちろん、テレビを見たり、
汗と涙で、身体から水分がなくなってしまうかと思うくらいの週末でした。

泣くのも結構体力使うのです。
おかげで、昨夜はぐっすり眠ることができました。

今朝は、夏も終わってしまったのかと思うくらいでしたが、
今は、またぐぐっと気温が上がってきました。

皆さんも、夏バテしないよう、もう少し頑張りましょう!!



bookcover10.jpg

牛首紬ブックカバー」、6柄再入荷しました。
同じ柄のものですが、少し縞の出方が違っているものもある思います。
届いてからのお楽しみですが、
やはり見てみたい!という方いらっしゃいましたら、ご連絡ください。

手前は、真鍋千恵子さんの「ペーパーウェイト(月守の猫 /B)」です。
本を読みながら、ちょっと休憩の時にでもお使いください。

お盆休み、皆さんはいかがお過ごしでしたか。
私は、とっても充実したお休みでした。
懐かしい友人と、時間を忘れて話し込み、おいしいランチを一緒に食し、
若かりし頃にタイムスリップして楽しみました。

夕方帰宅すると、どっと疲れが出ましたが、
何だか、気持ちの良い疲れで、
また頑張ろう!と思える休みとなりました。

あっという間に、今年も残り3月とちょっとです。
もうひと踏ん張り、頑張らなければ・・・
年内に新しい作家さん紹介出来たらいいなと思っております。

お楽しみに・・・♪

ohanabatake 2.jpg

写真の「お花畑のコースター」を紹介してから、20日ほど経ちました。
ご覧いただいておりますか。

今までは、うつわをメインに紹介しておりますが、
これからは、少しずつ牛首紬の小物もアップしていきたいと思っております。

このコースターは、表面は牛首紬、裏面はコルク、絵柄は白山に咲く高山植物が描かれています。
描かれている高山植物のお名前を知りたいという声もありましたので、しおりも一緒に入れてあります。
ぜひ、ご覧ください。

ちょっと前に、山ガールという言葉をよく耳にしましたが、友人にも可愛い山ガールがいます。
登山に行くために、ウォーキングを始めたと言ってました。
来月は、なんと富士山登山を予定しているというのです。
同い年なのに、すごいなぁと、ただ感動しています。

私は、いつまでたっても、身体を動かすことにはチャレンジできません。
思いだけでは、重い腰は上がってくれないようです。

昨日から、金沢市のデパートで、キルト展が開催されています。
何とか、時間を作って見にいきたいと思っています。
楽しみです。

hakusankoubou.jpg

パソコンの調子が悪く、ちょっと長いお休みをしてしまいました。 m(__)m
また続けていきますので、よろしくお願いします。

じろやに、新しいページが加わりました。
今は、写真にでているコースターだけですが、今後いろいろなものを紹介していこうと思っておりますので、
しばらくお待ちくださいませ。

今回、2種類のコースターをアップしました。

それぞれのページをご覧いただければ、詳しく説明が書いてありますが、
表面には牛首紬を使っています。
コースターに牛首紬を使って大丈夫かなぁと思ってしまいますが、
汚れ防止加工がしてありますので、水もはじきます。
そして、下側はコルクを使っていますので、滑りません。

なかなかの優れものです!

かわいい高山植物の絵柄も、1枚1枚違っていますので、届くまでの楽しみです♪

開山1300年。
ずっと石川県に住んでいながら、まだ白山登っていません。
いつの日か、登る日がくるのでしょうか。
その日までに、体力を維持していなければいけませんね。
sensu mansuji.jpg

北陸地方は、明日あたりに梅雨入りしそうです。
ああ、、、嫌です。
肌には、ほどよい湿度が必要なのでしょうが、やっぱりカラッとした空気感の方が好きです。

今日は石川県も気温が高く、外に出ると、むわーーっとした暑さが身体にしみます。

最近は、扇子を使っている方が増えてきましたね。
昔・・・以前は、年配の人が持っているイメージがありましたが、
雑貨屋さんなどで買えることもあり、若い方も使っている姿をよく見ます。

男性向きかなと思います。

先週末は父の日でした。
母の日より、目立たないイベントのような気がしますが、
今年は、子ども達から別々に父の日のプレゼントをもらっていました。
Tシャツとビアカップ。
嬉しそうな顔をしていました。
子供たちからのプレゼントは、単純に、嬉しいそうです。


bag.jpg


小田玲子さんの「牛首紬ハンドバッグ(流星)」です。

惚れぼれするようなミシンキルトです。
写真ではわかりにくいですが、ミシン糸も場所によって変えています。
下書きなしで、小田さんの思いだけで、ミシンキルトをしているっていうのも、凄いですよね。

外側にも、内側にもポケットがついていて、
持ち手部分は、レザーと牛首紬になっています。

使う前に、隅々までご覧になって、満足してほしいと思います。

小田さんの作っている姿を思うと、この価格に納得します。
1点もの、二度と同じものは作れないバッグです。

ぜひ、ご自身のご褒美にいかがですか。
和服のときはもちろん、洋服でも持っていただけると思います。

今年は、小田玲子さんのものを、たくさん紹介していきたいと思っていますので、
お楽しみに・・・。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31