2015年6月アーカイブ

cup midri.jpg


グリーンがいっぱい描かれた「ディップカップ(緑)」が3個再入荷しました。

庄田さんは、ディップカップという名前をつけてあるので、そういう風に想像しながら作っていただいていると思います。
でも、使う側は、いろんな使い方をして、いつもテーブルに置いておきたいですね。
テーブルに緑色があるだけで、爽やかな気分になりますよ。

いよいよ、テニスのウィンブルドンが始まりました。
これから1つでも多く錦織選手の試合を見れるよう、毎試合応援していきたいですね。
寝不足になりそうですが、何とか仮眠をとりながら見続けてたいと思います。




marukozara akae.jpg

北山裕さんと言えば、椿ですよね。
多分他にもいろんな絵があると思いますが、じろやで紹介しているものは全て椿のものばかりです。

この「丸小皿(赤絵)」は、縁取りのところも細かいデザインになっていて、小皿なのにとても丁寧に作られているのがわかります。
何枚も揃えたいお皿ですね。

今は11枚も揃っています。
ご家庭で、お店で・・・
早いもの勝ちです。

先日初めて北山さんのところへおじゃましてきました。
こんなに長く北山さんのうつわを紹介しているのに、私は初対面だったのです。

私は勝手に、北山さんは年配の方なんだと思っていました。
多分、あめつちの中川豪さんが師事していたと、しおりに書いてあったので、
何となくイメージで、年配の方なんだろうなと想像していました。

そしたら、40代の若々しい方でした。
年齢より、とっても若く感じました。

私は、「小どんぶり(椿格子)」と、「片口小鉢(椿葉)」を使っているので、使い勝手がいいので、よく使っています!って、話をしたら、
とても喜んでいただけました。
使っている人の声って、作家さんは一番聞きたいし、一番嬉しいんですって言われました ♪

そう!販売している私たちも同じです。
皆さんから、こういう風に使っていますと、メールをいただくととても嬉しく思います。
私たちにも、いろんな声聞かせてください。
お待ちしております。


8sun fuyou.jpg

たくまポタリーの「8寸皿(フヨウ)」が再入荷しております。
このお皿は、縁取りのふりふり感が好きです。
真上からみると、お花のように見えますよね。

今月は、たくまポタリーへ2度おじゃましました。
焼き物に関しては、ほとんど無知なので、いろんなお話をしてきました。
宅間さんは、いろんな釉薬に挑戦していて、そんなお話も色々聞かせてもらいました。

美味しいコーヒーを入れてくれて、贅沢にも、たくまさんのカップでいただいてきました。
しばらくの間でしたが、女子2人で、楽しい時間を過ごすことができ、
また頑張れています。

頑張っている人と会うと、私も頑張らなければ!!と思います。

昨日、あんなに晴れていたのに、月がぼや~っとしか見えませんでした。
ちょうどそんな時間だったのかもしれませんね。
娘に、今日の月は?と聞いたら、また凝りもせず説明してきました。
自分が理解して覚えたことって忘れないんでしょうね。
私は興味がないので、昨日娘が話してくれたことも、もう記憶からなくなってしまいました。
残念です・・・。






hanagata meimeisara.jpg

子供が中学生の時に、
「上弦の月、下弦の月って知ってる??」
って自慢げな顔で聞いてきたのを思い出しました。

私は理科という教科が大の苦手で、何を勉強しているのかずっとわからないまま暗記の教科となっていました。
もちろん、天体の時間も、雲の動きや月の満ち欠けなんて、あの頃の私には興味のないことでした。
今でも、空を見上げ、「今日の月はきれいだなぁ」って思って終わりますが。

でも、娘には先生の話がとても楽しかったようで、そのまま誰かに自慢したかったようでした。
そんな時に、全く知識のない私は、十分過ぎる生徒だったようです。
授業で聞いてきた話を、紙に書きながら説明してくれました。
ふ~ん、そうなんだ。
すご~い。
って、オーバーに答えると、とっても嬉しそうな顔をしていたなぁと・・・。

今では、ほとんど空を見上げることもなく、上弦の月なんて、言葉を聞かなくなりました。

でも、今日はちょうど上弦の月が見れる日です。
塾の帰り道に、今日の月は何?って聞いてみようと思います。

写真は、長右衛門窯の「銘々皿(花形/雪月花渕小紋)」です。
ずらっと5枚並べると、見事です。
1枚ずつ買うことができますので、お好きな文字をお選びください。








5sun kujaku yoko.jpg

中町いずみさんの「5寸皿(クジャク)」が10枚も再入荷しました。

この横からの写真を見ていただくとわかると思うのですが、
今回入荷分から、裏側の絵がなくなりました。
すっきりとした感じです。

作家さんから、「ちょっと変更になりました。」と連絡があった場合は、今回のようにご案内していきます。
もちろん、じろやの写真も変更してありますので、ご確認お願いします。

前に持っていたものが、割れてしまったので、同じものがほしい・・・という方には、申し訳ありませんが、ちょっと違った雰囲気になってしまいます。
でも、その時、その時の、思い出と一緒に使ってほしいなと思います。



hakujiakae.jpg


長谷川塑人さんの「白磁赤絵方面」です。
ちょっと深さもあるので、煮魚でもOKですよね。

いつ見ても、長谷川塑人さんの白色はきれいです。
そこにのせた赤絵もきれいに見えます。

じろやで紹介している写真には2枚写っていますが、今は上の方のお皿を準備しています。
もし、下側のお皿の方が気に入った方は、ご連絡ください。
全体の写真をお送りいたします。




hanaire konoha.jpg

昨年より、1週間も遅く梅雨入りしました。
遅ければ遅いほど、日常生活では助かるのですが、自然の仕組みはそう簡単なものではありませんよね。

雨が降る時期に雨が降り、晴れる時期には嫌になるほど晴れていないと、いろんなバランスが崩れていくんだと思います。
木々やお花などは、自然の恵だけで成長していくので、たくましいなと思います。
人間はどうして、いろんなものに左右されてしまうのでしょうか。

なんて、思いますが、私はまだまだ出来た人間ではないので、ここれからしばらくの間は、嫌な雨の匂いに付き合いながら、洗濯を干していかなければならない憂鬱感でいっぱいです。

でも、こんな雨の時期だからこそ、部屋に花を飾りたいですね。

写真は、なずな窯の「花入れ(木の葉)」です。
庭に咲いているお花を1輪だけさすだけで、ぱっと部屋の仲が明るくなります。
写真のように、緑だけでも素敵ですね。


habousi.jpg

空が暗くなって、風が吹いてきたなぁって思ったら、すぐに雨が降り出しました。
久しぶりに雨の音を聞いた気がします。

久しぶりの雨というのは、なぜだか耳に心地よい気がします。
草花にとっても、恵みの雨ですね。

写真は、福島まゆみさんの「葉ぼうし」です。
手前の本物の葉っぱと同じくらい栄養いっぱいの濃い緑色の葉っぱが頭にのっていますね。
右手を足に添える姿も、子供らしくて、福島さんはよく観察しているなと思います。

今日のまれは、青春時代を思い出す、心が暖かくなる内容でした。
若い頃は、本当に純粋で、まっすぐで、色々衝突があって、それでも何とか収まるところに収まって、
みんな大きくなっていくんですよね。
我が子の成長過程をみているようで、毎回心が痛くなったり、暖かくなったりしながら、楽しんでいます。










rinka torihana.jpg

輪花皿(色絵花鳥)」が3枚再入荷しております。
ほかに、「5寸皿(クジャク)」も再入荷しましたので、ぜひご覧ください。

中町いずみさんのうつわをご予約いただいている方に、入荷のお知らせのメールをいたしました。
まだまだお待ちいただいている方もたくさんいらっしゃいますが、一度メールの確認お願いいたします。

でも、「遅いなぁ~」って、思われた方はご連絡ください。
こちらの予約状況を確認いたします。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、もうしばらくお待ちください。

輪花皿の下に小さく写っている「箸置(こけし)」も、今は3色とも揃っています。
それぞれかわいい表情のこけしたちです。

まだ梅雨入りしていない石川県ですが、体に感じるジメジメ感はすっかり梅雨っぽいです。
石川県は雨が多いことで有名ですが、最近本当に雨が降りません。
こんなに雨が降らない毎日で、夏を乗りきれるのか心配になります。

でも雨が降らないので、娘は毎日自転車で学校へ行ってくれるので、
我が家の家計は大助かりです。


yuteki iroe 1.jpg   yuteki iroe 2.jpg

長谷川塑人さんの「カップ&ソーサー(油滴色絵)」です。
3タイプあって、上の写真はBです。
他の2タイプに比べて、高さも低く、容量は少なめですが、贅沢な1杯を楽しめそうです。

2枚の写真は同じカップの前と後ろです。
この写真ではわかりにくいですが、カップの中は白色なので、飲み物の色を邪魔することなく楽しめますよ。

今日、6月15日は、暑中見舞いはがきが初めて発売された日です。
雑貨屋さんなどで、涼し気なポストカードが販売していますよね。
メールではなく、たまにはハガキで近況報告するのもいいかもしれませんね。

仕事帰りに雑貨屋さん寄ってみようと思います。
出すまでには少し時間がありますので、お友達の顔を思い浮かべながら、書いてみたいです。



ezara norimono.jpg


「おとのみち」って何だと思いますか?

高速道路を決まったスピードで走ると、道路の凸凹がリズムになっていて、音楽が聞こえるところがありますよね。
私は若い頃、京都へドライブに出かけると、三三七拍子のリズムになる場所があったように思います。

石川県の能登へ向かう里山海道に、まれのテーマソングが聞ける「おとのみち」が予定より早く完成したと、今朝の地元紙に書いてありました。

まれの舞台は横浜へ移ってしまったのですが、まだまだ石川県はまれ人気です。
輪島市も観光客が増えたそうです。

朝ドラで初めて歌詞を募集していましたが、まれの2番の歌詞の募集は終わり、夏から放送されるそうなので、楽しみです♪

2番の歌詞で思い出しましたが、石川県では2番の歌詞とは言わず、2題目の歌詞といいます。
私は、2題目というのは標準語だとずっと思っていました。

まれが使っている言葉は、石川県でも輪島の方の言葉なので、私も使わない言葉があります。
でも、石川県らしい、のんびりしたイントネーションはそのものです。
皆さんだんだん上手に話すようになったと思います。

写真は、多田利子さんの「絵皿(乗り物シリーズ)」です。
先ほどの「おとのみち」は70キロのスピードで走ると聞こえるように作ってあるそうなので、
写真のような消防車では聞こえないですね。

chubati kabu.jpg   chubati kabu 2.jpg

林京子さんの「中鉢(かぶ)」です。

ドドーンっと2個も大きなかぶが描かれていて、最初に見たときは、一瞬目が離せませんでした。
横から見た姿は、ぷりんっとした形なのに、ブルーのストライプになっていて、とっても爽やかなイメージです。

煮物などを入れる鉢としては、とても重宝しそうな大きさです。

同じシリーズで、「中鉢(カレイ)」もあります。
ぜひご覧ください。

大きなかぶ・・・・
ほとんどの方が、小さいころ読んだ記憶のある絵本の1つだと思います。
私の子供たちも、学芸会などで、発表していたなぁと、思います。
そんな可愛かった頃の子供たちは、一緒にかぶを抜くシーンなど「よっこらしょ、どっこいしょ」と、一緒に読んでくれたものです。

なんだかとっても懐かしいです。
rockglass.jpg

夏にお酒を飲むときには、どうしてもガラスのうつわを使うことが多くなりますね。
氷とお酒をガラス越しに見るのも、涼しげです。

でも、この「ロックグラス(弓月)」は陶器ですが、とても涼しげです。
きっと、氷の音もきれいに聞こえるんだろうなって、勝手に想像してしまいます。

マッサンが終わっても、まだウィスキーは売れているのでしょうか。
我が家では、まだハイボールを飲み続けている人がいますが、
いろんなお酒を飲めて、羨ましいです。

お酒を飲めなくても、コーヒーや、スムージーなど、いろいろな飲み物を入れて使えます。
朝ごはんに、野菜スティックをいれて出してもよさそうですね。


fukunitubame.jpg  

青窯から新しく入荷した「4.5寸鉢(色絵福につばめ)」です。
「福」という文字だけで、めでたさいっぱいに感じます。

4.5寸鉢・・・
サイズで表記してあっても、わかりにくいかもしれません。

我が家で使うとしたら、
鉢として使うというより、丼碗の浅めのものとして使うことになりそうかな・・と思います。

どんなに丼の登場率の高い家なのかと、自分でもびっくりしてしまいます。
夕方バタバタしていると、丼で済ますことが多いんだなぁと思います。
もっと、栄養を考えて、メニューを決めていかなければいけないな~と反省します。

同じ柄の「そば猪口(色絵福につばめ)」もあります。
つばめが福を連れてきてくれそうです。
近所の車庫には、ツバメ用の新聞紙が敷かれています。
あっという間に、つばめ調査の時期になっているということですね。

nagakakubati.jpg

中村久一さんのページをご覧いただくと、焼締のものと、粉引のものが半分半分くらいですね。
私個人的には、こちらの粉引きのうつわの方が気に入っています。

この「長角皿(粉引ひねり)」は、少しデザインや、色合いがちがった2柄揃っています。
2つとも、流れているようなデザインで、涼しさを感じます。
中村さんはどんな思いを込めて、作られたのでしょうか。

オードブルのように、少しずつお料理を盛りつけて、食卓の中央に置くのもいいですよね。
お客さまを迎えるときに、こんなお皿が1枚あると大活躍しそうです。



aoitori shouda.jpg   aoitori shouda 2.jpg

庄田春海さんの「マグカップ(青い鳥)が2個再入荷しました。

私も久しぶりに見たのですが、裏側は貝殻、そして内側にもきれいな色が描かれています。
いくつもの表情を持っている素敵なマグカップだなぁ~と改めて思いました。

たっぷり入る大きさですので、ぜひゆっくりしたい時にお使いください。

最近ずっと気温が高く、冷たいものが欲しくなっていましたが、
自宅ではなるべく温かいものを口にするよう心がけています。
アイスコーヒーや冷たいお茶だと、ぐいぐい飲んでしまうので、
アチチのホットコーヒーや、日本茶を入れて、少しずつ飲むようにしています。

今年の夏はどうなるんでしょうね。
ほどほどの暑さだといいのですが・・・。

今日から高校総体が始まりました。
朝から自転車に乗った高校生の集団をたくさん見ました。
みんなどうだったでしょうね。

私も午前中お休みをもらって、試合を見てきました。
・・・・残念ながら、今日の試合は負けてしまいました。
本人はまだ負けたばかりで、周りの話も耳に入っていないようでしたが、
みんなと頑張って練習してきたことが大切なんだと、最後のダブルスの試合が終わってから話してみようと思います。
負けて泣けるのも、やっぱり青春なんだと思っていましたが、
応援していた私たち親も、なぜだかみんな涙目になっていました。

あと1つ一緒に青春してこようと思います。






rokkaku marumon.jpg

樋山眞弓さんから、少し再入荷のものがありましたので、ご案内します。

写真の「六角小鉢(色絵丸文)」は5個再入荷しております。
六角それぞれが少し丸みをおびていて、とてもやさしいイメージの小鉢だと思います。

今からのジメジメした季節に、ほんの少しおつまみに出せたらいいですね。
食欲が落ちる時こそ、野菜をたくさん食べたいと思います。

今朝、梅雨入り予報をしていました。
いよいよやってきます。
最近は、石川県でもほとんど傘を使うことがないくらい、☀マークばかりです。
ジメジメ・・・シトシト・・・・は、もうすぐそこまで来ているんでしょうが、
何とか、楽しいことを考えながら、乗り切っていこうと思います。


kokesi.jpg

今日から6月。
あっという間にまた月日が経っています。

昨日金沢の方へ出かけたら、白無垢の花嫁さんが横断歩道で信号が変わるのを待っていました。
もちろん、一人ではなく、花婿さんや、その他親戚の方も、たくさん一緒でしたが、
なかなか出会わないシーンだったので、車の中でテンション上がっていました。

しかし、交差点なので、止まるわけにもいかず、じっくり見ることも、写真も撮れませんでした。
その後買い物を終えて、同じ道を帰ると、兼六園の近くの神社にまた同じような団体さんがいたので、
神前式の結婚式だったのかなぁと勝手に想像していました。

幸せオーラいっぱいの姿を見ることができて、
ほんの少しですが、幸せをもらった気分でした。

友人、知人に新婚さんがいましたら、ほんの少しだけ贈り物を送ってみてはいかがですか。
中町いずみさんの「箸置(こけし)」をお薦めします。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31