2013年5月アーカイブ

bag(.jpg   bag hikari2-1.jpg


以前にも紹介しましたが、小田玲子さんの「ハンドバッグ 光(NO.2)」です。

グレーの色が1つのバッグの中でも微妙に濃淡があり、そして右側の写真でアップにしてありますが、
ハギレを編み込み、このバッグのアクセントになっています。
小田さんはほんの小さなハギレも捨てずに、生地を大切に扱ってくれます。
そんなハギレたちを色合いを考え、編み込んで素敵なデザインに仕上がっています。
惚れ惚れしてしまいます。

持ち手も生地を何枚も重ねとてもしっかりしたものになっています。

バッグの中には、ファスナーも、小さなポケットもついていますので、
使い勝手もとてもいいものになっています。

手にとってもらうと、納得の価格だと思います。
これからも、たくさんの方に、小田さんのすばらしさをお伝えしていきたいと思っています。


   hanasizuku.jpg    hanasizuku2.jpg  

かわいいオブジェです。

話しずくの小人」は、花器として使い。
花しずくの小人」は、願い事を小さな紙に書いて、口にくわえさせ、願いが叶うのを待ちます。

どちらの色もきれいですね。

colobockleの立本倫子さんは石川県出身の方です。
今は東京にお店を持ち活躍されています。

最近石川県出身の方大活躍してます!
先日の世界卓球で大活躍した松平兄弟妹も石川県出身だそうです。
以前は、
「日本地図で石川県はどこでしょう」
って、クイズ番組で問題になっていました。それくらい知名度の薄い県でした。
今は、松井秀喜さんのおかげでずいぶん知られるようになりました。

日本の真ん中に位置しておりますので、ふら~っと旅行したいなって思ったら、ぜひ一度訪れてみてください。
とってもいい所です。




taiguruma.jpg

名前の通り、車に乗った鯛です。

ちょっと調べてみますと、いろいろな地域の郷土玩具でした。

福島さんが人形持ってきてくれて、箱から出す時、
「わぁ~~!!かわいい~~!!」と叫んでしまいます。
この鯛車を持ってきてくれた時は、私の想像の中に全くなかった人形だったので、今まで以上に見入ってしまいました。
今までの福島さんの人形のイメージにはなく、魚が出てくるなんて思いもしませんでした。

それでも、見れば見るほどかわいい鯛の顔していますよね。
でも実際食べる鯛はこんなにかわいいわけでもなく、目出たい時に食べるお魚ってイメージしかないのに、
鯛もこんなにかわいく作ってもらって大満足だと思います。
この鯛車の赤色が光って見えますよね。何となくきらびやか!って感じがします。

お正月に飾ってみたいです。
結納など目出たい席に、ちょこん!と飾るのもなかなか粋だと思いませんか。



beercup.jpg

多田鐵男さんのブルーの「ビアカップ」です。
やはりブルーは夏に向けて使いたくなります。

何を入れて飲んだらいいのだろう。
やっぱりビール。
焼酎をロックで。
コーヒーでも。
冷たい麦茶でも。

毎日頑張って働いているお父さんへ。
娘や息子からもらえれば何だって嬉しいものだと思います。
私の父も、私の旦那も、娘からもらったものなら何だってニコニコ顔で喜んでます。
自分が気に入ったものをプレゼントすれば、必ず喜んでくれると思いますので、
ゆっくりと自分のお気に入りのものを探してプレゼントしてみてください。





titinohi.jpg

今までじろやで紹介していたものを、
父の日セレクション」としてまとめてみました。

お気に入りのものが見つかりますように・・・。
takeuti.jpg

高齢化だと騒いでいますが、日本人の80歳って、まだまだこんなに元気なんですよね。

三浦雄一郎さんという名前を知ったのは、1987年。
石川県で「セイモアスキー場」がオープンした年です。このスキー場の監修・設計をされたのが、三浦雄一郎さんでした。
オープン当時アルバイトをしていたので、そういうプロスキーヤーがいるんだと思っていました。
もちろん会ったこともありませんが、何故か勝手に親近感がわいていました。

日本で無事帰ってくることを待っていた家族の心配はとても大きいと思います。
待つって大変ですよね。

そして、登山つながりで、この「初代竹内洋岳に聞く」の竹内洋岳さんも大変すばらしい登山家です。
いろいろな山のお話が書いてあります。登山をしない方でも楽しめる内容になっています。
やっぱり塩野米松さんの聞き書き力のすばらしさです!!

竹内洋岳さんと塩野米松さんとお二人のサイン入りですので、ぜひ1冊540ページもありますが、時間のとれる週末にいっきに読んでみてください。






kodomomag.jpg

多田利子さんの、かわいい「子供マグカップ」です。

多田利子さんらしい、象やうさぎ、星などがたくさん描かれています。
ブルーとピンクの2柄ありますが、男の子女の子選ばずにプレゼントできると思います。

飲み物を入れて使うだけでなく、野菜スティックを入れて、野菜をたくさん食べてもらうのもいいかもしれません。
子供が小さい頃、野菜スティックを出すと、野菜食べているのか、マヨネーズを食べているのか、わからない食べ方をしていたのを思い出します。

それぞれの家族にあるたくさんの思い出に「じろや」のうつわが参加できたらいいなと思います。



demitasu.jpgdemitasu sara.jpg


中町いずみさんの素敵な「デミタスカップ&ソーサー」も、今回の在庫が最後のうつわになります。

カップもかわいいですけど、このお皿が主役じゃないっていうのもびっくりです。
直径12cmで、小さいのですが、細かく丁寧に描かれていて、眺めていたくなります。

こんなに素敵なうつわなのに、今回でおしまいになります。
現在、6個ありますので、ペアでプレゼントするということも出来ます。

今日は気温も高く、風がそよそよって感じで、5月らしい天候です。
薄い青空ですが、外にいる方が気持ちがいい一日です。
最近は子どもの朝練も始まり、朝のスタートが早いのですが、もう外は明るくなっています。
冬の早起きは憂うつですが、この季節の早起きは何となく得した気分になります。
早起きすると、家族が出た後にゆっくりする時間ができて楽しみが増えました。
朝7時半からのBSプレミアムでの「あまちゃん」の再放送を見ることです。
15分間テレビの前に座って、元気をもらい毎日頑張っています♪







myone.jpg
2011年最初の特集「My One」です。
そばちょこを中心に、カップ類を集めた特集です。

最近、そばちょこを小鉢やカップで使う方が増えたと思います。
夏場には、そばちょことして大活躍しますが、秋になると暖かい飲み物を入れてみたり、小鉢にしておいしいおかずを入れて使えます。

泰山窯さんのそばちょこが、たくさん再入荷したので、この特集ページをみてみると、あれもこれもと見てしまいます。
私も泰山窯さんのそばちょこを4個購入し、食卓によく登場しています。
どっしりとしていて、とても使いやすいものばかりです。

在庫のあるうちに、お早めにどうぞ・・・。



aote.jpg

泰山窯のうつわが、再入荷しました!
牡丹の5寸皿や、八角小付も、再入荷しておりますので、泰山窯さんのページでご確認ください。

この「6寸皿(青手桜花)」のグリーンがとてもきれいで気に入っています。
グリーンっていうより、深緑色ですよね。

私自身5月生まれなので、5月の緑色が好きです。
でも、今年はきれいな緑色だなぁ~~って思える葉っぱに出会えてない気がします。
仕事場の窓から見える大きな木も、今年はなんだか元気がないように見えます。
こんなに暑かったり、寒くなったりすると、葉っぱも元気がなくなってしまいますよね。
いつもは、この木に鳥が小枝を運んでくるのですが、今年はまだ鳥が飛んで来ないようです。

これまでのように、過ごしやすい四季が訪れるといいのになぁ・・・と、無い物ねだりを思ってしまいます。



raigyo.jpg

長谷川塑人さんのページは、いろいろなうつわが並んでいて、見ているだけで楽しくなります。
一人の方が作っていると思えないくらい、いろいろな形、デザインのお皿がずらっと並んでいます。

今回の「4.5寸皿(雷魚)」は、また今までの作品と違うなぁと思いました。
その上、ずいぶんお安くなっています。

私がこのお皿の気に入っているところは、きれいな白色です。
真っ白ですよね。実際のお皿も本当に真っ白です。
そこのお皿に染付で描かれている雷魚のまん丸の目に惹かれます。

直径13.5cmですが、しっかりとした重さもあり、重ねておけますので、とても重宝すると思います。
このぎょろっとした目の雷魚、1枚ごと少しずつ違う表情しています。
5枚セットで買っていただけると嬉しいなと思います♪



tentohana.jpg

中町さんのうつわは、とても人気です。

最近は、ミミつき小皿シリーズや、トラをモチーフにしたうつわが、どんどん出来てきています。
新しい物がたくさん出来れば、以前のものを無くしていく必要があるようで、
じろやの初期から扱っていた商品が少しずつ在庫限りで消えていきます。

在庫が0になった時点で、じろやのページからも消しています。
これは、初めて見た方が、欲しい!と思って問い合わせいただいても、中町さんはもう作れないため、
残念ですが、そのページを閉じることにしています。

この「5寸皿(点と花)」も、とても人気のお皿でした。
上の写真ではわかりにくいかもしれませんが、深さがあり、スープ状のものを入れて使うことができます。
縁の点々・・・・かわいいですよね。中町さんらしいお皿だと思います。
5寸皿は残り5枚になっています。
最後のお皿ですので、中町ファンの方はぜひお求めください。

これから新作が入荷することを、楽しみにお待ちください。





nakamura dm1.jpg

中村久一さんから、個展のご案内が届きました。

東京都中央区の「ギャラリー江(コウ)」で開かれます。
中村さんのうつわは、手にとってもらうと、良さがもっとわかります。
ぜひ一人でも多くの方に、すばらしさをお伝えできたらと思っています。

会期 2013年5月24日(金)~30日(木)
時間 11時~19時(最終日は5時まで)
会場 ギャラリー江
住所 東京都中央区銀座4丁目13-15 成和銀座ビル2F 歌舞伎座右横入る
電話 03-3543-0525

会期中、中村さんは会場でお待ちしております。
ぜひお誘いあわせ、足を運んでください。

私も、早く新しい歌舞伎座にも行きたいです。
・・・行きたいところだらけです・・・・






habousi.jpg habousi2.jpg

福島さんから、またかわいい男の子が届きました。

かわいい葉っぱの帽子をかぶって座っている「葉ぼうし」の人形です。
何と言っても、この後ろ姿かわい~いですよね。

もう「品切中」になっていますが、「雨がさ」の男の子と同じシリーズかなって思いました。
表情も全然違いますし、葉っぱも進化しているように思います。

周りにこんな表情する子いませんか?
自分の子どもの小さい頃の表情に似てるなぁと思ったら、それが出会いです (*^_^*)
ぜひお待ちしております。



ikezawa hon.jpg

池澤夏樹さんご本人のサイン入り文庫本「憲法なんて知らないよ」です。

私は今まで憲法について考えたことがないかもしれません。
多分、学生時代に一度は憲法について勉強していたと思いますが、全く記憶にもありません・・・。
「知らないよ」って、1文に興味がないよって、人任せな意味が入っているような気もします。
私もその一人です。反省します。

この本は全てフリガナがふってあって、小さい子どもから読むことができます。
文字も大きめだと思います。
ぜひ、そんな興味のない方にも読んでいただきたい1冊です。

プレゼントするのもお薦めです。
その際は、牛首紬のブックカバーとセットでいかがですか・・・。


toubako.jpg

かわいい鳥が描かれている「陶箱」です。
1辺が6cmの小さな箱ですが、蓋の裏側までとても丁寧に作られています。

toubako2.jpg

花が描かれている方が、蓋の裏側になります。
きれいですよね。

この小さい箱の中には、どんな宝物を入れることができるでしょう。
大切な人からもらった指輪などのアクセサリー
走り書きのようにメモ紙に書いた「ありがとう」の手紙など・・・。

毎日周りの方に感謝しながら生活したいですね。

週末県立野球場に高校野球を見に行ってきました。
たくさんの方が来ていてびっくりでした。
試合は、「ザ・高校野球」って感じの
ホームランあり、スクイズあり、エラーあり、押し出しあり・・・
逆転・逆転で、本当にドキドキする試合でした。

でも試合している選手、応援しているチームメイト、家族の方は、どんな思いで見ていたのでしょう。
私はパワーをいっぱいもらい楽しい時間を過ごすことができました。
これからも、たくさんのエネルギーをもらいたいと思っています!




yuuchou.jpg

愛鳥週間と聞くと、空を見上げて、鳥が飛んでいないか探してしまいます。
最近同じ場所でスズメをよく見ます。そのスズメはずいぶんふくよかな身体をしています。
どんなに美味しい物を食べているのでしょう。

じろやのサイトには、かわいい鳥たちが描かれたうつわがたくさんあります。
いろいろな作家の方がそれぞれ描く、かわいい器です。

トップページの左上の商品検索に、「鳥」と入力していただくと、ずらっと見ることができます。

上の写真は、宮本泰山窯さんの「六角豆鉢(遊鳥)」です。
5種類の鳥が描いてあります。
鳥の周りにちりばめられているのは、何なんだろう・・・と、このお皿を見るといつも思います。

セット売りではないので、お気に入りの鳥ばかり購入することができるのもお薦めです。


sobachoosima.jpg

1年の中で5月が一番過ごしやすいと思います。
緑もきれいで、外に出かけることも多くなりますね。

外出が続くと、地元でとれた野菜やフルーツをなるべくとるように心がけています。
自分が住んでいるところで採れた野菜が一番身体にいいと、以前テレビで言っていました。
毎日飲んでいる同じ水で育った野菜がいい・・・・っていうような、ことを言っていました。

最近は、スーパーの野菜も顔写真入りのものがたくさん出回っています。
地域活性と、健康のために、地産地消を楽しんで行きたいと思います。

たくまポタリーの「そばちょこ(縞)」です。
小さい林檎が入っているのですが、大きいサイズのそばちょこです。
レタスやプチトマト、チーズなどを入れて食べてみたいですね。
フルーツヨーグルトをいれてもGOODです。

mesiwan matu.jpg  mesiwan matu2.jpg

あめつちさんの「松ちらし」シリーズの飯碗です。

浅めで、縁取りの朱色のラインもかわいく、周りにぐるっと松が描かれていて、中心に1本松が描かれています。
私は、ごちそうさまの時に絵が見える器が好きです。
何となく、ご褒美をもらえる気がします。

子どもが小さい頃は、毎日食べる量がバラバラで、完食させるのに四苦八苦していました。
そんなとき、こういう底の部分に絵が描いてあると、子どもは頑張って、最後の1粒まで食べていたような気がします。

あめつちさんの飯碗にはいろんな大きさがあり、もっと深い飯碗もあります。
皆さんのお好みで、選んでみてください。
品切中のものが多くなっていますが、お問い合わせいただければ、再入荷した時にお知らせいたします。
今年のGWは、ずっと天候にも恵まれ、楽しく過ごされた方も多いと思います。
私は連日試合観戦に通い、最終日は家の掃除をして終わってしまいました。
最終日家に引きこもっていたので、疲れもなく、今日から頑張って働いています。

tukutukupot 04.jpg  tukutuku uchigawa.jpg

1日バタバタ動きまわっていると、ゆっくり座って何かを食べたり、飲んだりすることを忘れてしまいます。
そんな時、こんな素敵なティーポットがあると、体も心もリラックスできますよね。
かわいいうつわシリーズ3で紹介している、真鍋ワールド全開のティーポットです。
商品名もかわいい「つくつくポット」です。
内側も丁寧に作られています。
つくつくカップ」もお揃いでいかがですか。
美味しいハーブティー飲みたくなりますね。





yakishime nakamura.jpg

中村久一さんのうつわは、どれも「どっしり」していて、テーブルに空っぽのまま置いても、存在感たっぷりです。
そんな素敵なうつわに、おいしい料理を盛りつけて、お客様にお出しできたらいいですよね。

焼締めのうつわは、手になじみ、光のあたりぐあいで、微妙に色が変わってみえるところが好きです。

この八角片口鉢には、何を盛りつけるといいのでしょう。
おいしい煮物を、こんんもりと盛りつけたり・・・
お酒をいれて、皆で順番に回して飲むのも楽しそうです。

明日からのGW、たくさんの方が集まる家庭もあると思います。
懐かしい味にみんなを大満足させられる時ですね。

私は連日試合観戦で、朝の暗いうちからお弁当作りで、寝不足のGWになりそうです。
早寝早起きで、健康的なGWが目標!!

みなさんも楽しんでください。

じろやは、明日(3日)~6日まで、発送業務はお休みします。
この期間ご注文いただいた商品は、7日に発送予定です。
ゆっくり1ページごと、ご覧ください。


先週の土曜に、「薬師寺展」を見てきました。
9時半オープンに合わせ到着し、午前中ずっと美術館にいました。

特に仏像に興味があるわけではないのですが、仏像を見ているだけで、私の心は癒されます。
館内にいた方は、みなさん詳しそうに会話していましたが、私はただただ1つずつ仏像を見てまわるだけで、
大満足していました。
美術館や博物館へ行くと、必ず半日いる旦那は、今回も薬師寺の僧侶によるガイダンスも聞き、資料も購入し、私以上に大満足していました。

nukumori.jpg

福島まゆみさんの「ぬくもり」。
こんなにすばらしい作品なのに、なかなか旅立つことができません。
個人の家に飾るより、病院などの施設の玄関に飾っていただけたらいいなぁと思っています。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30