2013年1月アーカイブ

今日、明日だけは、晴れマークの予想がでてた石川県ですが、こんなにいいお天気だと、まだ1月だということを忘れてしまいそうです。
早いもので、明日からもう2月です。

2月は、石川県白峰では、雪だるままつりが毎年行われます。
今年は、
2月1日(金) 桑島地区
2月8日(金) 白峰地区
で行われます。

毎年白峰地区のおまつりに出かけていますが、皆さん力作揃いでとても楽しいです♪

yukidaruma2.jpg

こんな雪だるまがたくさん迎えてくれます。

テレビ中継もあると思いますので、もしニュースなどで取り上げられていましたら、
「あっ!この雪だるままつり知ってる~」
って (^_^;)

多田利子さんの「オーナメント雪だるま」は、3個在庫があります。
雪のない地域の方は家の中に、そっと雪だるまを飾って楽しんでみてください。

chokoienami.jpg

九谷青窯さんのうつわが、ほんの少しずつですが、入荷しています。
この「そばちょこ(色絵・家並み)」は、ず~っと品切中だったような気がします m(_ _)m

直径9cmもあって、私だったら、そばちょことしてよりも、小鉢として使う頻度が多くなるんではないかな・・・と。

そばちょこっていろんな使い方ができます。
日本茶やコーヒーを入れて飲んでみたり、
和え物や酢の物を入れたり、
もちろんおいしいおそばのお供にそばちょことして使ったり・・・。

いろんなデザイン、大きさのそばちょこを揃えて、食器棚に並べるのも楽しくなると思います♪

ようやく道路の雪も溶け、除雪も休憩です。
木・金曜は、天気予報で晴れマークになっています。
このまま冬が終わればいいのに・・・と叶わぬことを思ってしまいます。


kobanaikeaka.jpg

しばらく雪続きで、ウンザリでしたが、今日はきれいな青空が見えます。
こんな日は、あたりを見渡しても、真っ白の雪だらけで、目が痛くなります。

日頃運動をしない私は、家の周りの除雪をしただけで、腕が筋肉痛になってしまいました。
昨日は、何かだるいなぁ~と思い、もしかして風邪菌が入ってきたのでは・・・と焦りましたが、
ゆっくりとお風呂に入ったら、元気になりました。
何と単純な体なんだろうと、感心してしまいます・・・。

庄田春海さんの「小花生け/赤い実」は、高さが10cmほどあります。
お気に入りの花を1輪だけ、そっとさすだけで、家の中が明るくなります。
赤い実もかわいいです。
お揃いの「カップ&ソーサー(赤い実)」も、一緒にどうぞ。


someyatukidasi.jpg

あっという間に1月も、後4日になってしまいました。
本当に早いものです。

今春、進学や就職で、独立する方もたくさんいると思います。

最近は100円ショップへ行けば、たくさんのお皿が並ぶ時代ですが、
やはりちゃんと選んで揃えた器は大事に使うものです。
新生活する方へプレゼントもOK!
自分で揃えるのも良いと思います。

商品検索で「そメや」と入力してみてください。
白磁のきれいなお皿がたくさん並んでワクワクします。

今年は昨年にまして「恵方巻」と聞くようになりました。
今年はスィーツ巻というものが登場したそうですが、
やはり私はシンプルな海苔の太巻きをがぶりといきたいものです。
写真のお皿には、どっさり太巻きが乗っていますが、細長い付き出し皿(白磁)です。
いろいろな使い方ができると思います。
demitasu.jpg

ずいぶん長い間「品切中」だった、中町いずみさんの「デミタスカップ&ソーサー」が入荷しました。

このカップ&ソーサーは本当に「お上品」なうつわですよね。
今回は、中町さんから8個も届きました。
きっと1つずつ丁寧に作ってくれていると思います。
中町さんの丁寧さがよくわかる1品だとお薦めします。

お早めに・・・。

今日は朝から強い風です。
窓から見える木がぶるんぶるん揺れて、雪吊りの縄も一緒に大揺れしてます。
石川県は久しぶりに週間天気予報は雪マークがたくさん並んでいました。
インフルエンザも猛スピードで流行しているので、週末は家にひきこもっていようと思います。
毎朝、起きてから出勤するまでの間、座る暇もなく時間が猛スピードで過ぎています。
特に、冬はベッドから出るのにも、えいっと勇気を出さないと出れないくらい寒い朝なので、なおさら時間に追われています。

そんな私の朝に突然まったりする声が聞こえるようになりました。
毎朝フジテレビ系列のめざましテレビに「紙兎ロペ」というショートアニメが放送されるようになり、
ロペの顔や、声、内容が、いい意味で、私の時間を止めます。
毎回、くすっと笑ったり、えっ?と思ったり、家中がし~んとなったり、大爆笑になったり・・・
その後は、また通常に戻り、バタバタしながら時間は過ぎますが、
私の大切な朝一番の癒やしの時間です。

多田利子さんのうさぎからもずいぶん癒やしをもらっています。

usagibina shou.jpg

この「うさぎ雛(小)」は、まるまるっとしていて、両手を広げて、全てを包んでくれるようなお雛さまです。
写真のようにピンク色の和紙を1枚敷くだけで、また違う雰囲気になります。
(和紙は商品に含まれません スミマセン・・・)


mamebinaB.jpg

多田利子さんの「豆びな」が少しだけですが、入荷しました。

この豆びな(B)は、こんなに小さいのに、ぼんぼりと屏風まで描いてあり、お得感たっぷりです。
お内裏様とお雛様が、寄り添う姿ほほえましいですよね。

今まで多田利子さんのページには、「豆びな」と「連びな」という名前がついていましたが、
今年は「豆びな」で統一してみました。
・・・・、そうすると、商品検索に「豆びな」と入力していただいて検索すると、
豆びながずらっと並びます。今は13種類もの豆びなが揃っています。

3月なんてまだまだ先!
そんなことはないです。1年に1回しか飾られないお雛様ですから、
お持ちでない方、急いで準備にかかりましょう。

hati uzu.jpg

受験シーズンに入り、学生たちはマスクをして通学しています。
私も、最近は風邪予防にマスクをすることにしています。
風邪予防は、やはり早めの対策。
外出先から戻ったら、うがい、手洗いが一番効果あるような気がします。
十分な睡眠が必要なのでしょうが、毎夜バタバタしてしまい、目標は今日中に寝ることとしています。

今年は、みかんを1箱もらったので、毎日1つ以上食べるようにしています。
先日、テレビでみかんの皮のむき方を特集していました。
その特集を見てから、私はみかんを裏から半分に開き、また半分に(みかんを4分の1に)して食べています。
そうすると、手にみかんの汁がつかないようです。
冷たいみかんを食べるだけで、すっきりと元気になってしまう、単純な脳のおかげで、
今年も風邪なしでのりきろうと思います。

写真の鉢は、青窯さんの「六寸鉢(内外うず)」です。
在庫1点限りです。
大きめの鉢ですので、たっぶり手作りの煮物を入れて楽しんでください。




ittincup.jpg


山本芳子さんのいっちんカップ(花格子)は、全体がアイボリーで、白色のいっちんの柄がアクセントになっています。

カップ&ソーサーでコーヒーを出すほど、気を張るわけではないけれど、
マグカップで出すにはちょっと・・・
なんてお客様に使っていただきたい、きれいなカップです。

最近はブラックでコーヒーを飲む方も多いので、
お砂糖とミルクは別のうつわで準備していただいて、
目の前には、このかわいいカップを置いていただきたいです。

いっちん皿(ヒガキ)は、もっとクリーム色なのですが、このアイボリーも素敵な色です。






namazu.jpg

本物のなまずって、多分見たことがないと思います。
水族館にいたのかも覚えてませんが・・・。

文吉窯さんのこの小向(なまず)の顔かわいいですよね。
最近よく言われる「ぶすかわいい」顔をしていると思います。

形もくるっとしていて、何を盛りつければいんだろうと考えてしまいます。
ただテーブルに置いてあるだけでもかわいいうつわです。

こんな目で見られたら、恥ずかしくなってしまいます。




今まで、「歌会始」という儀式に、特に興味があったわけではありませんが、
たまたまテレビのニュースで、
「戦後最年少に並ぶ中学1年で選ばれた太田一毅(かずき)君」のインタビューを見て、
すごい短歌を詠むものだなぁと感心してしまいました。

子どもの頃、国語の授業で、俳句や短歌を詠む時間があり、憂うつな時間だったことを思い出します。
どうしても、自分の思いよりも、俳句や短歌の規則にばかり思いがいってしまい、
平凡なおもしろみのない、ただ文字を並べただけの句になっていました。

でも、太田君の短歌は、

「実は僕家でカエルを飼つてゐる夕立来るも鳴かないカエル」

実は僕・・・で、始まる句に、とても驚きました。
私でもすぐに内容を理解出来、くすっと笑える短歌に、何度も読み直していました。

短歌のことは全くわかりませんが、中学生の男の子が日常生活で思った感情をそのまま短歌に詠める、
その素直さに、なんだか嬉しくなりました。
心が痛くなるようなニュースが続く毎日の中、心の温まるニュースに出会えてよかったと思っています。

じろやのサイトに「カエル」がいないかと探してみましたが、いませんでした。
夕立つながりで、「レインコートうさぎ」を紹介します。

raincoatousagi.jpg

多田利子さんのかわいいうさぎがレインコートを着て、上を見上げています。
レインコートの黄色と傘のピンクがかわいいです。
mamezarasansui.jpg

泰山窯さんの、細かく、丁寧に描かれた角豆皿(山水)です。
7.5cm四方の豆皿、1枚1枚見応えのあるお皿になっています。

じろやでは、あまりセット販売がないように思います。
皆さま好みのお皿を選んでいただくために、それぞれ1枚ずつの販売になっています。

でも、この角豆皿は5枚揃ってこそのお皿だなぁ~と思い、
5枚セットになっています。

泰山窯さんのうつわは、本当に色々あって、見ているだけで楽しいです。
泰山窯さんのページを見ると、そばちょこも、大皿も、豆鉢類も、種類も形もたくさんあります。
今までに69種類ものうつわを紹介しております。
だいたい「予約可」の商品になっておりますので、品切中であっても、予約可の商品であれば、
ぜひお問い合わせください。


iroekomasara.jpg  iroekomamesiwan.jpg

九谷青窯さんの「色絵コマ」シリーズは人気商品のため、入荷してもすぐに出てしまいます。
作家別の「九谷青窯」のトップページに色絵コマの写真が使ってあるために、皆さまの目にも止まりやすいのかもしれません。

先日から
6.5寸皿(色絵コマ)
飯碗(色絵コマ)
が再入荷しております。

今まで「品切中」でお待ちいただいている方もいらっしゃると思います。
お待たせいたしました。

九谷青窯さんの商品は、予約不可になっているために、皆さまにご迷惑をおかけしております。
たまに予約不可の商品でも、青窯さんに在庫があれば再入荷することがありますので、
じろや」か、「手ぬ花」を、チェックしてみてください。
タイミングが合うと、欲しい!!と思った時に、再入荷していると思います。

nagaezara.jpg

多田利子さんの絵皿ってかわいいですよね。

ビーンズ型のいろんなシリーズのある絵皿もかわいいのですが、
この長角絵皿は、たくさんの絵が入っていて、目の前に座る子どもたちが喜んでくれると思います。
お子様ランチを完食した後のお皿を眺める子どもたちって、満足げでかわいいものです。

この絵皿は縁取りがピンクとブルーになっているだけで、男の子でも女の子でも使えます。
今はピンクの縁取りのお皿が1枚だけになっておりますが、「予約可」ですので、
桃の節句や、端午の節句のお祝いに良いと思います。
ぜひお問い合わせください。
cup yakisime.jpg

いい色ですよね~~

中村さんの粉引もとっても好きなのですが、この「焼締のフリーカップ」の色は本当に好きな色です。
1つ1つ形や色が違うので、自分だけのカップになるって、贅沢ですね。

お茶でもコーヒーでも、またまた焼酎でも、何でもOKの形をしていると思います。
お酒を飲めない私は、ほうじ茶を入れて飲むのがベストです。

お正月にたくさん食べ過ぎたお腹(・・・体)をいたわるように、温かいほうじ茶を夜に飲むことが増えました。
こたつに入って、寝る前の楽しみです。
この時に、口が寂しいとおやつを食べないように我慢するのが、また厳しいのですが、春に向けて頑張ります。

mamezaraaka.jpg   mamezaraaka2.jpg

多田鐵男さんの赤のうつわは、めでたい席にぜひ使っていただきたいです。

この豆皿(赤)は大中小があり、それぞれ1枚ずつ購入すると、4,515円になります。
暖かい季節に、5,000円くらいの引き出物をお考えの方がいましたら、ぜひ候補にしてください。

少しお時間はいただきますが、引き出物の準備をちょっと早めにしていただければ・・・と思います。
多田鐵男さんの製作の予定もありますので、心にビビっときた方がいましたら、お早めにお問い合わせください。
私たちもお祝いの準備に参加できたらいいなと思います。

昨日は、七草粥を食べて、お正月にけじめをつけました。
ぬくぬくと、こたつから出れずにいたお正月とようやくさよならしました。

1月7日は「七草粥の日」だと思っていたら、ネットで調べたら「人日の節句」と言うそうです。

五節句の一つで、ほかに
桃の節句(3月3日)
端午の節句(5月5日)
七夕の節句(7月7日)
菊の節句(9月9日)
があるそうです。
人日の節句以外は月と日が同じ数字でした。
菊の節句って聞いたこともありませんでしたが、ちょっと頭のよくなった気分です♪

ネットって本当に何でもすぐに調べられて、凄いものですよね。
でも残念なことに、私の記憶にはなかなか残らないので、1つ覚えると、先のものが消えてしまい、なかなか進歩することはありません。

meshiuzu.jpg

文吉窯の飯碗(染めうず文)は、とても人気があります。
大きさもほどよく、デザインもかわいいですよね。
在庫を揃えておりますので、新年最初の買い物にお薦めします。

fujisan2.jpg

2013年がスタートしました。

石川県は雪が降る年末年始でしたが、
関東方面は快晴で、箱根駅伝を見ていて、きれいな富士山が何度も見ることができました。

元旦から駅伝に時間をとられ、一日があっという間に過ぎてしまい、
三が日は何もせずに終わってしまいました。

今年は、もっとたくさんの方に
「じろや」を知っていただけるよう、この「手ぬ花」も毎日更新続けていきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

多田利子さんの「絵皿(冨士)」は在庫1になっていますが、予約可能商品ですので、
何枚か必要な時にはお問い合わせしてください。お待ちしております。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31