2012年9月アーカイブ

usagitokame.jpg

今週は天気もよく、幼稚園児たちの運動会の練習にはちょうどよかったと思います。
お遊戯や、かけっこの練習を、ワイワイと楽しそうにやっているのを、見ているだけで嬉しくなります。

子どもが小さかった頃は、運動会の朝から場所取りに並び、一大イベントでした。
私自身は何もしていないのに、終わったら一番ぐったりしていたように思い出します。

多田利子さんの、オーナメント(うさぎと亀)は私の子どもたちをあらわしているようで、気に入っています。
何においても、自分のペースを崩さない兄と、
その時のひらめきで、何もかもまっすぐにやってしまう妹。
どっちも良いところも、悪いところもありますが、二人とも頑張って学校生活を送っています。

このオーナメントは手元においておきたいものですが、
もうしばらく、皆さまに見ていただいてから考えようと思っています。
tonsuikinomi.jpg

「とんすい」って言葉があることも、この商品名で知りました。
漢字で書くと、「湯匙」や「呑水」と書くそうです。

我が家では、普通の小鉢をお鍋の時に使っていましたが、こんな取ってがあれば、お鍋の時には使い易そうです。
そして、お鍋の時だけじゃなくて、普通の小鉢としても使いやすそうな大きさです。

この「とんすい」今は、3種類のみになりました。
とんすい(木の実)→写真のうつわです。・・・・在庫が3個
とんすい(コバルト点紋)・・・・・在庫が1個のみ
とんすい(鉄葉紋)・・・・・在庫が2個

あんなに暑かった夏を忘れてしまうように、冬は大急ぎで来てしまいます。


suto-ruc.jpg

今日も最高気温は27度まであがったようです。
日中は半袖で十分なのですが、夕方仕事が終わる頃には、急に涼しくなり、外が真っ暗になる頃には寒く感じてしまいます。

昨日は夕方から出かける用事があり、しばらく外にいたのですが、上着も持っていなかったので、ぶるっと寒くなり、早々に帰ってきました。
そんな時に、ストールを1枚準備しておくと便利だなと実感しました。
畳んでしまえば、場所もとらないですし、カバンに入れることもできます。

小田玲子さんのストールは、絹100%ですので、とても軽くて暖かいです。
このストールは大判なので、長さが180㎝もあります。
かっこよく巻いて使ってほしいと思います。

小田さんは今いろいろなストールを織っています。
いつか皆さんに紹介出来ると思いますので、楽しみにお待ちください。


hagi2.JPG

「誕生花」って、たまに調べると楽しくなります。
こんな名前の花があるんだ!と、驚くばかりです。

じろやの商品に「萩」が描かれているものがないかな・・・と、
商品検索を使って調べてみたら、この和陶房さんの「猪口(萩文)」だけでした。

このお猪口は、高さ6㎝しかありません。女性の方の手にもすっぽり持てるくらいの大きさです。
ピンぼけの写真ですが、横にある計量カップには、お茶が30ml入っています。
ほんの少しだけお酒を飲む方にも、何杯もおかわりして、たっぷり飲む方にも
秋の夜長を、まったり、ゆったりと、楽しい会話で過ごしてください。


oribu.jpg

青窯さんの4寸皿(色絵オリーブ)、今なら10枚も在庫があります。
値段もお手頃で、こんなに可愛いデザインなら、何枚でも揃えてみたくなりますね。
早い物勝ちですので、ぜひ・・・どうぞ。

「暑さ寒さも彼岸まで」
本当に、朝晩は半袖では寒く感じてしまいます。
明日でお彼岸も明けてしまいます。今年もお墓参りは出来ず、仏壇だけお参りして終わってしまいます。
そろそろまめにお墓へ足を運ばなければならないなと思いながら、気持ちだけで日が過ぎていきます。
なのに、おはぎだけは忘れずに、今年も食べてしまいました・・・(^_^;)
sojinyunomie.jpg

つい何日か前までは「暑い暑い」と言っていたような気がしますが、そんなことを忘れてしまうくらい今朝はとても良い目覚めでした。

長谷川塑人さんのうつわは、お高めで、なかなか見るだけになってしまいがちですが、
ちょっと奮発して、自分用にお気に入りの湯呑を選んでみませんか。

長湯呑(鉄絵銅彩・花)は、7柄あって、そのうち4点が現在在庫あります。
どのお花も素敵ですが、私はその中でもこの椿がお気に入りです。
実際手にとっていただくと、水色の部分がきれいな色なんです。ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんね。

大きさもちょうどよく、ほどよく重みもあって、手に持っているだけで、手も心も温かくなれる湯呑だと思います。

長湯呑(鉄絵銅彩・実)は、残り1点になっています。


aokama.jpg

青窯さんの商品は、本当に在庫が少なくご迷惑をおかけしております m(_ _)m

お買い物ガイド」にも書いてありますが、
青窯さんのページを見て、入荷していたら、その時が「買い時!」と思っていただきたいです。
定番商品を揃えてはいるのですが、なかなか在庫を揃えることが出来ないままで、申し訳なく思っております。

青窯さんなど「品切中」の多い作家さんの商品は、「商品検索」を使っていただくことをお薦めします。
作家名を入力して検索していただくと、一覧で並びます。また在庫チェックしてあれば、今すぐ買える商品ばかり並びますので、その中からお選びください。
並んだ商品を、新着順や、価格が安い順など、並び替えも可能ですので、お好みに合わせてお使いください。









komainu.jpg

福島まゆみさんのページには、「予約受付中」の文字がずらっと並んでいますが、
みなさんからご予約がありましたら、福島さんに1つずつ作っていただけることになっています。

お急ぎでないかたは、ぜひ一度お問い合わせください。
少しお時間をいただきますが、福島さんらしいかわいい顔の「こま犬」をお届けします。

最近、本当に赤ちゃんが可愛くて仕方がありません。
今は、赤ちゃんがどんなに泣いていても、「はいはい・・・」って抱っこし続けることができます。
我が子が小さい時には、どうして泣き止まないんだろうと思っていましたが、きっと私自身に余裕がなかったんだろうなと思います。

たくさんの子供がいれば、きっと日本も豊かになるんだと思います。
先日、ある番組で「国が豊かになるには、出生率を上げるしかない」と言っていました。
若いお母さんが安心して子育て出来る社会になればいいなと思います。


karakusakin.jpg

多田鐵男さんの赤いうつわは、今からどんどん使いたくなります。

このうつわは、片口になっているので、ドレッシングやつゆを入れて、お使いいただけます。
大きさも、3種類ありますので、人数、用途に合わせて、お選びください。

3連休は猛暑でしたが、今朝は気温も下がり、どんどん秋に向かっていっています。
温かい食べ物が恋しくなります。
美味しいものを、お気に入りの器で、食欲の秋を満喫しようと思います!!
cuptora.jpg

かわいいうつわのページの一言コメントが大好きです。
多分この子は一休さんですよね。一休さんと言えば、やはりこのシーンです。

あめつちさんのカップ&ソーサーは、ずっと「品切中」でご迷惑をおかけしております。
この「トラ」1点のみ在庫になっております。

saratake.jpg

私はこのソーサーが気に入っています。
白い部分が多いことで、竹の部分がきりっとしていて、お皿1枚でもいいなと思います。

他の「」や「染め花と鳥」は予約可の商品です。
気長にお待ちいただける方は、お問い合わせください。
毎回少しずつ入荷しておりますので、予約していただくと、早くお手元に届けられると思います。


magutonbo.jpg

いつもたくさんの方に「じろや」を見ていただいていて、本当に感謝いたします。

昨日このブログで紹介した小鉢は、私がアップするのと、同じ位の時間に売れてしまいました。
今日紹介する「マグカップ(とんぼ文)」は今からの季節にとても似合うマグカップです。
優しい、女性らしいマグカップだと思います。

私が子供の頃から、秋の運動会には、たくさんの赤とんぼが飛んでいました。
でも、今年はまだ赤とんぼの集団を見てないような気がします。
この辺は、まだまだゲロゲロ鳴くカエルがたくさんいます。

今日はまた気温が上がりそうです。
こういう年は、秋の期間が短く、すぐに寒~い冬が来てしまうのです。
また低い空の下で、楽しいことを見つけなければいけないな・・・・と、思います。




daenmamehana.jpg


中村功さんの作品を今まで紹介してきましたが、これから少しずつ奥様の亜紀子さんの作品も紹介していけると思います。

この楕円小鉢(豆花文)の横から見た姿気に入っています。
前後で高さが違うので、こちらから向こうの絵が見えるのが、ちょっと贅沢な気分になります。
食器を使う時は、真横から見ることはあまりないのかもしれませんが、
私は商品が入荷すると、テーブルに置いて眺めてしまいます。
その時に、こういう切り口になっていると、なぜだか嬉しくなります♪

大きさは、私の両手にすっぽり収まるくらいです。
毎日の料理に登場しそうな形・大きさですね。

donabemugi.jpg

今年も稲刈りの季節がやってきました。
兼業農家の方たちは、仕事をお休みして、せっせと稲刈りをしています。
田植え前から、準備をして、ずっと稲のお世話をしていただいたおかげで、今年もまたおいしいお米が食べれる時期になりました。

本当にワクワクしてしまいます♪
今あるお米をせっせと食べて、1日でも早く新米を食べたいと思っています。

最近の炊飯器は、本当に美味しく炊けます。
でも、実家にあるガス釜は比べものにならないくらい、本当に美味しいお米が食べれました。
そして、この土鍋も、美味しいのだと思います。
炊飯器では「おこげ」食べれませんもんね。

ななかまどさんの土鍋はデザインもいいですし、使いやすいものです。
冬が来る前にお求めください。



guinomishiro.jpg

たくまポタリーの白色と、質感。
実際手にとっていただくと、ほっと安心してしまいます。
少しずつ、長い時間をかけてお酒を飲む場合にお使いいただきたい「ぐいのみ」です。

tokkurihikaku.jpg

1点1点、丁寧に作ってありますので、少しずつ形、高さが違っています。
並べてあっても、かわいいぐいのみですが、使ってこそのぐいのみだと思います。
毎日の疲れを癒してくれるぐいのみにお選びください。



kikutirasi.jpg

あめつちさんの「5寸皿(菊ちらし)」は、少し深さがあって使い易い大きさと形だと思います。

最初にじろやに並んだ時から、追加注文を何度もして、今回は10点も入荷しました。
テーブルに、このお皿がいくつも並んでいるだけで楽しくなりそうです。

明日は娘の運動会です。
毎晩二人でグランドで汗を流した結果が出せるといいなと思います。
娘は団対抗のリレーに出るのと、「借り物走」ではなく、「借り人走」があり、私に合う札を選ぶことを願って、娘と一緒に一番にゴールを切れるように、久しぶりに1週間位ランニングをしました。
続けられるといいのですが、多分任務完了になってしまいそうです。
tsukimi.jpg

多田利子さんの「うさぎ」はやっぱりかわいいです。
まん丸の顔が本当に愛らしい。

今年は「お月見」のオーナメントが入荷しました。
2012年の十五夜は9月30日。
まだもうしばらく時間がありますので、それまで、この可愛いうさぎを眺めていられると思います。

今回は1点のみの入荷ですが、「予約可」になっておりますので、
「品切中」になっても、お問い合わせください。

朝方に雷がゴロゴロ鳴り響き、雨はザーザー降り、眠い目をこすり、家中の窓が開いていないか確認してまわり、
それからまたベッドに戻り、ばたっとすぐに深い眠りに入ってしまいました。
今は雨もやみ、午後から晴れるということです。これで猛暑が少し和らぐことを祈りたいです。


kaki3.JPG

じろやの小物のコーナーにそれぞれ作家さんらしい花器を販売しています。
花器は、お花を生けてみても、サイズがわかりにくいかもしれませんので、
今回は同じような形の花器を3点並べて写真を撮ってみました。

左は、文吉窯(そメや)の一輪生け(八押し・白磁)。高さ10.5㎝。3,990円
真ん中は、山本芳子さんの花器(織部/刷毛目・寸胴)。高さ9.5㎝。3,150円
右は、中村陶房の小花生(瑠璃)。高さ7.5㎝。1,890円

作家さんによって、形も、作品名はさまざまです。
中村陶房の花器は、写真で見ると、もっと大きく感じてしまうかもしれませんね。

他にも販売していますので、じろやの左側の「商品検索」の窓に「花器」と入れていただくと、じろやで販売している花器を見ることができます。花器が並んだ後、在庫有りをチェックしていただくと、今買える花器だけが並びますので、ぜひ活用してみてください。

yunomi31.jpgyunomi32.jpg

中村久一さんの湯呑
左側が、筒ゆのみ/粉引(E) 5,250円
右側が、筒ゆのみ/粉引(F) 5,250円です。

微妙にデザインが違いますが、どちらもとても素敵な湯呑です。
中村さんの湯呑やカップは、手になじんで、ずっと持っていたい形です。

1日の最後に、夫婦でゆっくりとお茶を飲める暮らしが出来たらいいなと思います。
まだまだ先の話ですが、それまではお互い健康で頑張らなければいけないなと思っています。

自分用に買うには、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、日頃の感謝の気持ちを込めて
ご両親や、知り合いの方にプレゼントしてみてください。
2個で10,500円になります。

メッセージカードをおつけして、心を込めてお包みいたします。
ぜひ、プレゼントに悩んでいるかた参考にしてください。
animal.jpg

「じろやのかわいいうつわ」のページに、
「アニマルセレクション」
として、たくさんの動物たちを集めた特集ページです。

こうやって見ると、いろいろな作家さんが動物たちを形にしてあるのがわかります。

このページを見て、私が気に入ったのは、イラストにカーソルをもっていくと、言葉がでてくるんです。
楽しいですよ。
「じろやのかわいいうつわ」シリーズには、特別ページがありますので、1つずつクリックして見てくださいね。
と~ってもかわいいページになっています。
その①になっていたので、また続くのを、みなさんと一緒に楽しみにしたいと思います。


| コメント(0) | トラックバック(0)

eto.jpg

もう9月です。
本当に1日が早く過ぎてしまい、今年も後4ヶ月です。

9月17日は「敬老の日」です。
最近はみなさん若いので、敬老と呼ばれる年代がいつからになるんだろうと思ってしまいます。
私には103歳になる義理のひいおばあちゃんがいますので、敬老の日に何を贈ろうか毎年悩みます。

このオーナメントは、毎年中心の台にその年の干支を置いて、飾ります。
年始めに新しい干支を飾ることが楽しみになり、また元気に生活できるのではないかなと思います。

今は「十二支(じろやオリジナル)」は在庫が1点、「十二支(スペシャル)」は在庫なしですが、予約可の商品ですので、多田利子さんにお願いして作っていただけますので、お早めにお問い合わせください。

最近のブログ記事

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31