2012年8月アーカイブ

hasiyasume.jpg

中村陶房さんのこの「箸やすめ」は、今まで、じろやで紹介してきた「箸置」とは、使い方が違っています。
箸の中心を置いて、両方が浮いた形になります。

その名前が「箸やすめ」っていうところもいいですよね。

箸を休めて、会話を楽しむ。
そして、食べたくなったら、さっと箸を持つことができます。

真ん中の凹みも、かわいいと思います。

在庫は3点しかありませんが、ご家族分を・・・という方は、お問い合わせください。


4sunrenkon.jpg

青窯さんの「蓮根」は、丸ではなく、細長く描かれています。

我が家の子供達が大好きな手作りの蓮根チップの形によく似ているなと、初めてこのお皿を見た時思いました。
私が揚げると、どうしても、こんな風に細長~い蓮根になってしまいます。
そんな蓮根チップは「おやつ」にしかならないのに、ぺろっと2節位食べてしまい、毎回大出費です。

5寸皿もありますが、私はこの4寸皿の大きさと蓮根のバランスが気に入っています。

kosumosu.jpg

昨日は、早くにベッドに入ることができたので、今朝は久しぶりに目覚めのいい朝でした。
やはり、早寝早起き、3食しっかり食べていれば、私達は健康でいられるのだと思います。

中憲一さんの梅皿を見ると、必ず「生菓子」が食べたくなります。
夏は和菓子屋さんへ行っても、生菓子を販売していないので、秋が待ち遠しくなってしまいます。

梅皿は5柄ありますが、どのお花も乗せるものの邪魔にならないように、片隅に描かれているのも私は好きです。
きっとお客様にお出ししたら喜ばれると思います。
秋桜だけは、在庫が1枚になっています。他4柄とも、在庫を揃えておりますので、5枚揃えて購入できます。

cupaka.jpgcupao.jpg

庄田さんのうつわの中でも、私は丸みがかっているものに惹かれます。
このカップ&ソーサー(赤い実)(青い実)も、とても使いやすい大きさで、飾っておきたくなるペアカップです。

毎日頑張っている自分にプレゼントしてもいいですし、
息子さんや娘さんの、結婚1周年にプレゼントするのも、喜ばれると思います。

じろやでは、包装紙も3色から選べますし、メッセージカードも同封することが出来ます。
ぜひ、プレゼント包装希望をチェックしてください。
心を込めて、包装いたします。



marukozara.jpg

先週末も暑かったです。
後1週間で8月が終わるというのに、まだまだ晴れマークばかりでした。
昨日から沖縄へ台風15号が上陸し、暑さが終われば、台風シーズン到来です。

暑い夏の間は、赤いうつわに手がのびませんが、だんだん暖かみのあるうつわを準備しようという気持ちになります。

北山裕さんの「丸小皿(赤絵)」は、直径12.5㎝ありますので、取り皿にするより、各人におかずを盛ってお出しするのに
良いうつわだと思います。描かれている椿の周りにおかずを並べてみても、いいですよね~~。
tawararyuu.jpg

今年の夏休みは、本当に雨が降りませんでした。
こんなに雨が降らないと、農作物はどうなるのでしょう。

私の大好きな「幸水梨」は、今年は驚くほど甘みが強い!と、以前ニュースで伝えていました。
本当に幸水梨は、何個でもお腹に入っていきます。

そして、後もう少し我慢すると、美味しい新米が食べれます。
またご飯だけでお腹がいっぱいになる日々がきてしまいます。
今年こそ、ダイエット!!なんて思ってみても、なかなか実行に移せないまま・・・。

「健康が一番!」
こういう時には、一番いいセリフだと思います。
今が旬の食べ物を食べて、元気に過ごしていこうと思います。


kawaii.jpg
じろやで扱っているうつわには、渋いもの、かわいいもの、シンプルなもの・・・。見ているだけで楽しめるうつわがたくさんあります。

その中でも「かわいい」うつわを集めた
「じろやのかわいいうつわ」のページがあります。
上の写真を見ているだけでも楽しくなりますよね。

写真には7点ありますが、
九谷青窯季器窯(庄田春海)・(中町いずみ)・文吉窯多田利子
5人の作家さんのものです。
それぞれの作家さんのページで見るより、こうやってまとめると、とてもかわいく見えます。
多田利子さんの犬(玉つき)も、うつわの中に1つあると、妙にかわいさが増していると思います。

同じ作家さんのうつわを集めるのも楽しみですが、
さまざまな作家さんのうつわを、自分のときめきで揃えるのも、また楽しみだと思います。
少しでも、「品切中」の文字が消えるよう、作家さんと打ち合わせをしていかなければと思っています。

sakeset.jpg

昨日からじろやに登場した、中村陶房の酒注セット(瑠璃・銀月)です。
とても、綺麗な青色に、銀色の月が描かれています。

結婚されて、25年、50年過ごされたご両親に何かプレゼントを・・・と悩んでいるかた、
もしお酒を飲まれるご夫婦なら、是非!このセットプレゼントしてみてください。お勧めします。
杯も少しサイズが違いますので、お好きな方を選んでお使いいただきたいと思います。


nakamuratoubou.jpg

とても綺麗な青色ですね。

中村功さんの青色のうつわを中心にみなさまにご紹介します。
是非ゆっくり1つずつご覧ください。

お盆が過ぎてからも、ずっと気温が高く、天気予報の「晴れ」マークばかりでウンザリしてしまっています。
各地で雨が降っても、大雨洪水警報や注意報が出て、しとしと雨が降ることがなくなってしまったように思います。

毎日「暑い、暑い」と騒いでいても、
冬の前には必ず秋が来ます。
そう思って、楽しい秋を待つばかりです。

あまりの暑さにぐったりしている花も、雨さえ降ってくれれば、元気になると思います。

秋らしく、渋い花器に、お花を一輪さしてみませんか。
一足早く、家の中だけでも秋を感じることができます。

kakidaikei.jpg

山本芳子さんの、花器(織部/刷毛目・台形)は、色も形も落ち着きがあり、どんなお花も素敵に見えると思います。
monjirou.jpgmonnyoko.jpg

真鍋さんのネコとは、またひと味違う、文吉窯さんのネコ(紋次郎)です。
染付の色が涼しげで、この眼・・・涼しげです。

今日は、また一歩秋に近づいた感じがします。
お盆明けで、体がようやく普通に戻ってきたのか、朝の目覚めが爽快でした。

この紋次郎君、さわやかですよね~。
身長が10㎝弱で、存在感もあります。

ネコ好きの方のコレクションに仲間入りさせてください。


yotuba.jpg

ようやくオリンピックも終わり、睡眠時間をたっぷり取り、充電のためのお盆休みでした。

今年の夏は暑かったので、体が悲鳴をあげてしまいそうです。
冷たい物ばかり体の中に入れてしまい、室内はクーラーで、中からも外からも冷たいものばかりです。

あまり食欲もないので、酢の物を食べるように心がけています。
こんな可愛い「小鉢(四つ葉)」があれば、酢の物嫌いの子供達でも食べてくれると思います。
上から見ると、お花に見えます。

そメやの商品なので、在庫はあります。
大家族の方でもどうぞ!!


sha.jpg

少しずつ「暑いねぇ~」って言う回数が減ってきたように思います。

毎年原爆の日の8月6日か、8月9日に子供の登校日があります。
登校日があるおかげで、毎年手を合わすことを忘れません。

子供は毎年山のような宿題に追われ、読書感想文に頭を悩ましています。
何冊も読んでその中から、自分が心に残った本の感想を書かなければならないようで、
なかなか進まない読書をしています。

私も最近は読書をする時間がないのですが、気に入った本があると時間を忘れて読んでしまいます。

謝さんの「藍の空、雪の島」は、本当に夢中になって読んでしまいました。
父親と息子の話なのですが、読み終えた時のすっきり感を覚えています。
(説明になってない説明ですが)

ぜひ今年の夏に読んでみてください。

じろやは12日から15日までお休みいただきます。
16日から通常営業いたしますので、お盆の間に「じろや」を隅々までゆっくりご覧ください。

hato.jpg

中町さんの箸置きセット(ハト)は、毎日の食卓に登場させたいかわいさです。

私は毎日バタバタと晩ご飯を食べているため、ゆっくりと箸を箸置きに置く暇もないんです。
本当は、体のためには、ゆっくりと、楽しく会話をしながら食べる方がいいのでしょうが、
毎日気がつくと時間ばかり過ぎています。

いつかこの可愛い箸置きを我が家に登場させたいと思います。

今は在庫が1セットになっています。
贈り物にしたい方は、お早めにお問い合わせください。
少し時間がかかると思いますが、中町さんに心を込めて作っていただきます。




昨年の12月に「手ぬ花」を始め、ウィークデイだけのブログですが、休むことなく今日まで続けてこれました。
3名のスタッフで、もっとお客様に喜んでいただけるサイトにしていこうと、毎日努力しております。
私達が考えていること、そして新しくなったじろやをこれからも紹介していきたいと思っています。

最近、「やきもの」のページの作家別の商品のトップに

失敗しないためのプチお買い物ガイド(文吉窯編)
失敗しないためのプチお買い物ガイド(長右衛門窯編)

という紹介ページを増やしました。

じろやでは現在、やきものだけで19の窯元を紹介しております。
それぞれの特色を紹介し、お客さまが納得してお買い物していただけるお手伝いになればいいなと思っております。
今は、文吉窯と長右衛門窯のみですが、今後少しずつ他の窯元の紹介もしていきますので、楽しみにお待ちください。




kameninotte.jpg

毎年夏休みに、子供の学校の水まき当番がまわってきます。
雨が降ると行かなくていいのですが、今年は全く雨が降らないので、たっぷり時間をかけて水をあげてきました。

ホースで水をあげると、どこからか、ぴょんぴょんカエルが飛び跳ねてきました。
たくさんの小さい緑色のカエルが、花の上を次から次へと飛び跳ねていて、可愛かったです。
ずっと雨が降らず、お花もカエルも、恵みの水だったのだろうと思います。

多田利子さんの「亀に乗って」シリーズは5種類ありますが、先日お客様の元へ3柄旅出っていきました。
現在は、ふくろうと、招き猫が乗っている亀があります。
2つとも幸せを呼ぶものですので、ぜひお手元においてください。

sensukon.jpg

毎日仕事を終え家に帰ると、ドアを開けた途端、家の中の熱気がブワーっと出てきます。
家に入るだけで、ただダラダラ汗が流れてきます。
主婦には座る時間もなく、すぐに晩ご飯の準備をしなければならないので、夕方は戦争です。

この牛首紬扇子は「夏牛首」を使っていますので、やはりこの暑い夏に使ってほしいものです。
上の写真では少しわかりにくいかもしれませんが、焼き縁タイプと、黒縁タイプでは、夏牛首の生地の量が違っています。
焼き縁タイプの方がたくさんの夏牛首を使っていますので、私は好きです。
暑い夏をもうひとふんばりするために、どなたかに贈られてもいいと思います。
同じ柄のカバーもついていますので、鞄の中に入れておくのにも素敵です。

来週の火曜、8月7日は立秋です。
「秋」という言葉を聞くだけで、少しは涼しく感じることができます。
あともう少し暑い夏を楽しもうと思います。
chokohagi.jpg

この「猪口(萩文)」は、手にすっぽりおさまる大きさです。
高さが6㎝ですが、直径が4.5㎝しかないので、少しずつお酒を楽しみながら、使ってほしいと思います。

持ってみると、とても軽いので、持っているのを忘れて話に夢中になってしまいそうです。

描かれている「萩」の色もとても綺麗ですね。

これから少しずつ和陶房さんの商品もアップしていきますので、ご期待ください!!
fujisan.jpg

多くの人が待ち望んでいた、体操・内村選手の金メダル!
全ての種目に内村君の思いが伝わり、私も一緒に緊張して見てしまいました。

これからまた1つでも多く金メダルを見せてもらえるのを楽しみにしたいと思います。

日本選手が頑張っているオリンピックですが、

「日本」と言えば、やはり「富士山」です。

福島さんの「一冨士」は、座っている子供の表情がとてもいいんです。
「わぁ~~」って言ってそうな顔をしています。

とっても高い富士山ですが、この「一冨士」は高さ6.5㎝しかありません。
ちょっとした場所に置けますので、毎日富士山を見ていたい方にどうぞ!!
hanayellow.jpg

連日晴れマークばかりで、天気予報をみるのもウンザリしてしまいます。

これだけ毎日暑いと、外に出かけても、寒いくらいのクーラーが入っていることが多いように思います。
車で移動し、しばらく猛暑の中歩き、建物に入り、寒く感じ、また車に移動して、車内の高温に・・・
私達の体がまいってしまいます。

そんな日は、暖かい飲み物で、体の中を温めてあげるといいと思います。
たまには、ゆっくりとおいしいハーブティを飲むのはいかがですか。
庭に咲いてるハーブを目の前でハーブティにしてくれた友人がいました。
見ているだけで、気持ちが落ち着いたのを思い出します。

おいしいお茶と、真鍋さんのきれいなうつわで、贅沢な時間を過ごしてほしいです。

カップ&ソーサー(花の器)は、3種類ありますが、現在はこのイエローのみになりました。
「予約可」の商品ですので、他のピンクブルーもお問い合わせください。


最近のブログ記事

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30