和陶房の最近のブログ記事

sobachoko tanzaku 2.jpg


和陶房さんの「そば猪口(短冊文)」です。

デザインが少し変わりましたので、写真を撮りなおしてアップしてあります。
以前は、一面に短冊が描かれていたのですが、今回は半分だけ。
下の部分は、白いままですので、すっきり見えます。

湯呑としても使っていただけると思います。

今日は、午後からゴロゴロ~~と、雷が鳴っています。
そして、外は真っ暗。
まだ5時だというのに、もう9時頃のような暗さです。

また、ザーザー、ゴロゴロ、憂鬱な音が鳴っているので、
会社から出るのも嫌になります。
でも、そろそろ帰ろうと思います。
今日は、メニューが思いつかない気がします。
一緒にメニュー考えてくれないかなぁって、誘ってみようと思います。



watoubou mesiwan tai.jpg

和陶房さんから届いた「反飯碗(鯛吉)」です。

鯛の目がとってもキュートです。
見るたびに、目が合うような気がします・・・。
裏側は「吉」と書かれていて、なんともめでたい飯碗です。

1個のみの入荷ですので、お早めにどうぞ。

鯛と聞くと、必ず「めでたい!」という単語が頭に浮かびます。
単純ですね・・・。

波に乗り遅れている感じがしますが、将棋が大ブームですね。
中学生の藤井聡太さんの連勝更新の時は、本当に大騒ぎでした。
途中で食べるメニューまで取り上げられ、持っている鞄や扇子、財布にまで、
注目しているようでした。

最近は、将棋というと、藤井聡太さんを思い浮かべる方も多いでしょうが、
私は、やっぱり将棋というと羽生善治さんです。
また記録を更新したようです。
10連覇って、聞くだけで凄いです。
勝ち続けるって、本当に大変だと思います。

でも、めでたい!ことですね。
おめでとうございます!
mesiwan tai.jpg

和陶房さんから届いた「反飯碗(鯛吉)」です。

鯛と吉
めでたい飯碗です。
鯛の目がとってもキュートです。

1つしかありませんが、自分専用にいかがですか。

さて、週末は大興奮のテレビ観戦でした。
良くも悪くもボクシングは、家族中巻き込んで見ました。
誰も興味がないのに、毎回付き合ってもらっているのですが、
今回は連日一緒に大興奮して見ていました。

やっぱり、井上尚弥選手はかっこいいです。

そして、NHK杯の体操です。
これもまた最後大逆転の、さすが内村航平選手!
まだまだ、後輩には譲らないぞって、気迫の演技でした。

何だか、とってもめでたい!二日間!!
今日はとっても暑い一日でしたが、週末の充電のおかげで、
元気いっぱいのまま終えることができそうです。
sisi shothai.jpg


今年のGWは晴れの日が多く、過ごしやすい日々でした。
いろんなところに出かけても、人・・・人・・・人でした。

それでも、連休とは無縁で、ずっと働いていた方もたくさんいらっしゃると思います。
お疲れさまです。
わが子は二人とも、部活やバイトで休みなしの毎日でした。
学生の二人は、家でのんびりするという言葉を忘れてしまっているようで、
寝るために家に帰るという感じの毎日でした。
若さです。

私は、念願だった長野県上田市の方へ出かけてきました。
そう、真田丸の影響大なのです。
真田丸が終わってずいぶん日が経っているのに、真田神社は大行列でした。

そして、もう1つ念願だった、石川県のプロバスケットボールの試合を見に行けたことです。
最終戦、それも勝った試合を見れて、これも大興奮。
今シーズンは終わったので、来シーズン応援に出かけたいと思います。
テレビではなく、生で試合を見るのが一番!

なかなか良いGWを過ごせました。

子育てが一段落して、これからは自分の時間を作っていきたいと思います。

写真は、和陶房さんの「ショットハイ(獅子頭)」です。
石川県のプロバスケットチームの名前が「金沢武士団」と書いて、カナザワサムライズと読みます。
さむらいつながりで選んだつもりです。
裏側に寿の文字もあって、めでたいカップです。

kingyo.jpg

今日も暑い一日になりそうです。

部屋の中にいると、エアコンをかけているので、快適に毎日暮らすことができます。
私は、車で通勤しているので、毎日外を歩く時間は、ほぼありません。
でも、毎日クーラーの中にいると、身体は痛くなってきますので、
夕方から自宅ではなるべく窓を開けて暮らすようにしています。

風鈴や、打ち水、色んな方法で暑さ対策をしていきたいです。
風鈴・・・
いいですよね~
どうして風鈴の音を聞くと涼しく感じるのでしょう。
日本人だけのものなのでしょうか。

写真は、和陶房さんの「そば猪口(金魚)」です。
金魚鉢に入った金魚を見ても、涼しさを感じれますね。

夏限定のお皿を持つことも、あこがれです。

hyoutan takokarakusa.jpg

たこ唐草のお皿は人気があります。
とってもインパクトがありますが、可愛い柄ですよね。

じろやでは、文吉窯さんと、和陶房さんのものを、紹介しています。
「タコ唐草」「たこ唐草」
作家さんの思いもあって、平仮名とカタカナになっているんでしょうが、
じろやの検索窓では、平仮名とカタカナで分かれて検索されてしまいます。
文吉窯さんは、タコ唐草。
和陶さんは、たこ唐草。

写真は、和陶房さんの「ひょうたん型豆皿(たこ唐草)」です。
小さな豆皿ですが、1つ1つ手の込んだ柄になっていると思います。
皆さん、本当に丁寧な仕事をされると思います。




takokarakusa omusubi.jpg

今日から3月です。
今年は雪が降らず、冬を感じないまま春になってしまうのかと思っていましたが、
昨夜ずいぶん降り続いていました。
でも、今朝起きてみると、そんなに積もっていなくて、今も青空です。

さて、新特集「春2016」ご覧いただけましたか。
きれいなうつわが並んでいるなぁーーというのが、第一印象です。

写真の手前側、和陶房から届いた「おむすび型豆皿(たこ唐草)」です。
たこ唐草柄はとっても人気ですね。
他に「ひょうたん柄」も入荷しております。

春に向け、新しいうつわをどうぞ。




3sunsara wa.jpg   3sun hyoutan.jpg

和陶房の「3寸角皿」です。
今回、写真の「3寸角皿(色絵瓢箪)」と、「3寸角皿(金魚」が再入荷しました。
平らなお皿なので、たくさん重ねてもすっきり見えます。

この「瓢箪柄」は、一番インパクトがあります。
料理に使っていただくのはもちろん、自分の部屋でアクセサリーなどの小物トレイとしても使っていただけると思います。

左側の写真のように、全柄揃えてもにぎやかなテーブルになりそうですね。
今回、瓢箪がたくさん入ってきましたので、今なら、瓢箪のみで家族分揃えることも可能です。
(もう売れてしまっていたらゴメンナサイ。また和陶房さんに注文しますので、お待ちください)

あっという間に、今日は1月27日。
テレビやスーパーでも、恒例となった恵方巻きの映像をよく見ます。
今年は、何だか変わり種の恵方巻きが多そうですね。
今年も、良いことがありますように、南南東に向かってガブリとしたいと思います。
ん・・・今年に入ってずっと神頼みしてばかりしているような気がしてきました。
それでも、お願いするしかない状況です。




gift2015.jpg

新特集「Gift
がアップされました。

今回は、焼き物はもちろん、織物、クラフトも紹介しておりますので、
ぜひぜひご覧ください。

ますます誰かに贈り物をしたい気分になります ♪



kingyo.jpg

何となく、金魚=(イコール)夏というイメージがあります。
和陶房の金魚シリーズは、涼やかですよね。

写真は、「そば猪口(金魚)」です。
同じ金魚シリーズで、
もあります。

現在、3類とも在庫が揃っております。

もうずいぶん秋も深まり、冬がすぐそこまで来ているような季節になってしまいましたが、
金魚のうつわも素敵です。

金魚すくい・・・苦手でした。
私には無い、繊細さが必要なものだと思っています。

最近、晩ごはんを食べてから、寝るまでの時間、ぼぉーっとしていることが多かったので、
久しぶりに編み物を始めました。
余っていた毛糸で、ひざ掛けに挑戦しています。
寝不足にだけはならないよう、少しずつ少しずつやっていこうと思います。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30