2016年2月アーカイブ

takokarakusa omusubi.jpg

今日から3月です。
今年は雪が降らず、冬を感じないまま春になってしまうのかと思っていましたが、
昨夜ずいぶん降り続いていました。
でも、今朝起きてみると、そんなに積もっていなくて、今も青空です。

さて、新特集「春2016」ご覧いただけましたか。
きれいなうつわが並んでいるなぁーーというのが、第一印象です。

写真の手前側、和陶房から届いた「おむすび型豆皿(たこ唐草)」です。
たこ唐草柄はとっても人気ですね。
他に「ひょうたん柄」も入荷しております。

春に向け、新しいうつわをどうぞ。




shuirinanten.jpg

写真の「皿(朱入南天集め)」は、たっぷり再入荷しました。
直径が21cmあり、ちょっと高さもあるので、使い方いろいろありそうです。

春に向けて、作家さんからたくさん届きそうな予感です・・・。
いつもより、じろやのチェックをお忘れなく・・・(*^^*)

昨日までは雪があったのですが、あっという間に道路も乾き、また一歩春に近づいている気がします。
でも、今日は花粉症の予感です。
朝から、くしゃみが止まらず、鼻水もズルズル・・・。
これ以上、ひどくなりませんように。


haru2016.jpg

新特集「春2016」です。

新特集をアップしたら、外は大雪になってしまいました。

kokesi.jpg

ウエストがきゅっと締まった可愛い「箸置(こけし)」です。
今なら、赤・青・黄、3色とも揃っていますので、自分のお気に入りのデザインでお選びいただけます。

去年仙台旅行へ出かけた際に、こけしのお店がたくさんありました。
そして、友人のお嬢さんから、こけしのお手紙を仙台からいただいたこともあります。
こけし好きの方の、1つに加えていただけたら・・・と思います。

先週末の「人生の楽園」という番組で、こけし職人の親子を特集していました。
師匠であるお父さんに、毎日いろんなことを教えてもらい、二人でこけし作りを続けていく姿は見ていて微笑ましかったです。
親子で同じ方向へ向いて生きていけるって、羨ましいなと思いました。

私も最近は、自分が小さかった頃、親にしてもらったことを思い出すことが多くなりました。
今の私ではとても出来ないような、いろんなことをしてもらっていたんだなぁ・・・と、思うことが多いです。
金銭面ではもちろん、ただ見守ることの大変さ、まだまだ私には出来ないことばかりです。

それでも、少しずつ子どもたちに親にしてもらおうと、思っています。
最近、親子の番組を見ると、旦那さんと二人で涙を流しながら見ることが増え、
横で、娘は「えっ?どのシーンで泣けた?」と冷たい意見を言われ続けています。
親にならないと、きっとわからないんだと、思います。





mag siromat.jpg

この写真は、フレッシュな新生活を思い浮かべますね。
中村陶房の「マグカップ(白マット釉)」です。
たっぷり在庫ありますので、1つでも、ペアでも、家族分でも・・・
どうぞ。

最近テレビで、主婦のDIYや、女性の一級建築士の住まい・・・なんて特集をしていますね。
女性の方が家にいる時間が長いので、女性の意見を重視した方が住みやすい家が出来るということなんでしょうか。

私が家を作る時に譲れなかったのは、対面キッチンと、玄関ドアだけでした。
いろんな展示場を見まわって、気に入った家のインテリアコーディネートの方(女性)が同じだったので、
その方を指名して、壁紙や照明器具など、ほぼお任せしました。
もっと悩んでもよかったなって思うこともありますが、
えい!って勢いで決めないと決まらないこともあったような気がします。

一人暮らしの息子の部屋はいったいどうなっているのか、たまに気になります。
毎回「大丈夫」って、返事がきますが、
一体何が大丈夫ってことなんだろうって思いますが、元気で生活できているならいいかって、
前向きに考えるようにしています。


sakuranbo3.jpg

さくらんぼって、可愛いです。
食べても美味しいですし、さくらんぼって平仮名までも可愛く感じます。

じろやでは、色々な作家さんが描いたさくらんぼのお皿を紹介しています。
(でも、今は、在庫切れのものがほとんどでした・・・m(_ _)m)

写真は、青窯の「隅切角小皿(さくらんぼ)」です。
青い実ですが、さくらんぼの形が可愛いですね。
今は、在庫が揃っておりますので、お早めにどうぞ。

週末は久しぶりにフィギュアスケートを楽しみました。
日本人がたくさん出場した大会でしたが、私は男子の最後のパトリック・チャン選手のフリーの演技をドキドキして見てしまいました。
自分でも記憶がないのですが、なぜだか正座をして見ていました。
余裕すら見える滑りで、さすが!と思って見ました。
もちろん、日本人の選手は男女とも素晴らしかったです。
3月末の大会も楽しみに待ちたいと思います。


rokkakuhakuj.jpg

九谷青窯の「六角皿小(白磁)」です。

六角のお皿は我が家にはないなぁ・・・とこのお皿を見て思いました。
どうしても、丸や四角の普通のお皿を選んでしまいます。

でも、このお皿は人気なのです。
白磁で、
少し深さがあって、
六角だけど、お皿を重ねておける・・・
いろいろ人気の理由をあげることができます。

そして、やっぱり1枚1,000円で、九谷焼のお皿が買えるというのが一番の魅力かもしれませんね。

今回は、20枚も在庫を揃えることができました。
たくさん同じものを揃えたい方は、お早めにどうぞ。



daen tori.jpg

じろやで紹介しているうつわは、1つずつ手にとって確認してから仕入れています。
そして、発送するときに、もう一度1つずつ表裏見ながら梱包作業を行っております。

お客様にとって、
初めてのうつわであったり、
気に入ったので、もう一度・・・

いろんな思いで、カチッとカートに入れていただいていると思っております。
その皆さんの思いに答えられるよう、私たちスタッフ一同、毎日心を込めて作業しております。

そんな中、今回再入荷した、林京子さんの「楕円皿(鳥文)」は、いつもよりほんの少し鉄粉が多かったのです。
林さんも1つずつ丁寧に作っていただいており、仕入れ担当も、OKをだしたお皿ですので、
同じように販売できるものです。
ただ、以前買っていただいた方が、もう1枚って時に、
あれ?前回より少し鉄粉が多い気がする
と、後で思われないように、今回はお知らせをして、ほんの少し値引きさせていただくことに決めました。

このお皿は人気のお皿なのですが、なかなか旅立たないのです。
もし、購入に迷われている方がいらっしゃいましたら、写真を送ることも可能ですので、
お問い合わせください。
お待ちしております。


cup gintuki.jpg

中村功さんの瑠璃色シリーズが品切中ばかりになっておりましたが、
今回、この「フリーカップ(瑠璃/銀月)」が再入荷しました。

とても綺麗な色で、そば猪口も、マグも、惹かれます。
ただ、今は品切中なので、気になる方はお問い合わせください。

このフリーカップは、飲みやすいように縁が反っていて、両手で持ちながら、長い時間かけて飲みたいと思います。
同じデザインで、そば猪口もあるので、おわかりだと思いますが、
このフリーカップは、やはりそば猪口として使うには大きいサイズです。
コーヒーや紅茶だけでなく、日本茶でも、焼酎でも、飲み物を入れて使っていただくのにちょうどよいかな・・・・と思います。

最近、普通にスーパーで買った緑茶を、長谷川塑人さんの湯呑に入れて飲んでいます。
これが、また単純な私たちにとっては、とっても美味しいお茶に変わってしまうのです。
思い込みって凄すぎます。
・・・って、普通はそんな簡単に美味しく感じないのかもしれません。

tetuo renbina.jpg

初めて、多田鐵男さんからお雛さま「連びな」が届きました。
時代劇に出てきそうな、顔・髪型をしています。
3つとも、表情が違っていますが、どの連びなも、ユニークでありながら、雅な感じもします。
小さなお雛さまなので、どんな場所にも飾ることができますので、
この季節だけではなく、ずっと飾っておいてもよいかもしれません。

先日も書きましたが、毎日「あさが来た」の着物姿に惚れ惚れしています。
最近は、進次郎さんの着物姿が気になって仕方ありません。
かっこいいですよね。
男物の着物は、今までほとんど興味がなかったのですが、あんなにかっこよく着られると、
どうしても目がいってしまいます。
進次郎さんはずっと着物で通してほしいと思います。

写真の手前に写っていますが、会社の梅の花が咲き始めました。
その途端、雪が降り出しています。
残念ながら、昨日予想した、雪が積もらない・・・というのは間違いでした。
除雪が出るほどではありませんが、やはり真っ白なイメージです。
気温も低く、インフルエンザ菌がうようよしていそうです。
手洗い・うがいを徹底。これが一番です。




mamebinaF.jpg

とっても愛らしい豆びなが入荷しました。

以前に購入していただいた方も、
大きなお雛さまを持っている方も、
最近飾っていないなぁ・・・という方も、
いかがですか。
とっても可愛いです。

写真は、「豆びな(I)」です。
お内裏さまとお雛さまが持っているピンクのハートも、可愛いですよ。

また少しずつ新商品もアップしていく予定です。
お楽しみに・・・

tora mimi.jpg

中町いずみさんの「ミミつき小皿(トラ)」です。

振り返ったトラの先には・・・ちょこんと頭を出した筍です。
可愛い設定ですよね。
他のミミつき小皿は丸いのですが、トラだけは四角です。

皆さんはどのように使っているのでしょうか。
やはりお菓子などに使うことが多いのかなと思います。

今日は、久しぶりに外は雪が降り続いています。
でも、私の予感からは、積もることがないだろうな・・・と。
何だか地面の温度がまだまだ冬モードになっていないような感じがします。
昨日の最高気温から15℃ほども下がるようなので、健康管理には気をつけたいと思います。



hati kuro.jpg

久しぶりに、たっぷり再入荷がありましたので、お知らせいたします。

庄田晴海さん中町いずみさん中村陶房から届いております。
まだまだ品切中の方が多いページですが、ぜひ、早いもの順でどうぞ。

写真は、「鉢(黒染付鳥)」です。


mamebinaB.jpg

お雛さまの準備はお済みでしょうか。
私は先週末に無事飾ることができました。
今年は手伝うね~~、なんて言っていたのに、残念、また一人で飾り終えました。

週末にデパート行った時も、かわいいお雛さまが飾られていました。
箱から出して、すぐ飾れるサイズのものもたくさんあったので、
あ~~~そろそろこんなサイズのお雛さまもほしいなと思ってしまったくらいです。

でも、娘の誕生の時に買ってもらった大切なお雛さまです。
大事に毎年飾っていきます。

写真は、多田利子さんの「豆びな(B)」です。
他にも何点か再入荷ありました。
もうしばらくで、新しい豆びなも紹介できると思います。
お待ち下さい。

そして、多田鐵男さんのうつわもたくさん再入荷しております。


kakuzara koeda.jpg

写真の「角皿(鉄絵小枝)」と、同じ絵柄の「楕円皿(鉄絵小枝)」が再入荷しております。
角皿は、13cm四方で、ほんの少しだけ深さがあるので、
あんかけ程度なら盛りつけられるかなと思います。

最近は、Instagramなどで、おしゃれなプレートの写真がたくさん紹介されています。
皆さん、毎日本当に素敵な生活を送っているんだなぁ・・・と、まるで自分とは異次元の世界のように見ています。

私も若い頃は、毎日ランチョンマットを引いて、箸置を並べ、お皿にもこだわって、お花なんかも飾ったりして、食事したいなんて、思っていましたが、
なかなか実現するには難しく、ごく普通の暮らしをしております。
それでも、毎日同じメニューにすると、代わり映えもしないので、ネットで検索して、新しいメニューに挑戦し続けてはいます。
特に決まったサイトがあるわけではないのですが、冷蔵庫にあまっている食材で検索したり、
テレビ番組で美味しそうな料理を紹介していると、その番組HPへいって、レシピを調べたり・・・
大好評のときもありますが、ん・・・なんだか違うなぁって思うときもあります。

そんな家族の意見に励まされながら、毎日頑張って料理を作っていこうと思います。
お正月に久しぶりに帰ってきた息子に、食べたいものは?と聞いたら、
「鶏肉の香味ソースかけ」
「豚肉の野菜巻きフライ」
なかなか、母の味とは呼べない肉料理のみでした。

sekitiku.jpg

急に気温が下がり、会社の駐車場から歩いてくる道路の水たまりに氷がはっていました。
でも、もうバリバリに踏んだ後です。残念・・(´・ω・`)
小さい頃、学校までの道で氷がはっていると、取り合いをして踏み、バリバリという音を楽しみにしていました。
これだけ大人になっても、あのバリバリという感触を味わいたいなんて、まだまだ成長してないなと・・・

今日のような寒い日は、温かいコーヒーより、温かいほうじ茶が飲みたくなります。
身体の中から温まる気がします。
毎日のお弁当と一緒に、加賀棒茶を家族分水筒に入れるのですが、やはり水筒のお茶ではなく、
湯呑に入れた熱々のお茶はもっと身体に入った時に、温かみを感じます。
多分、この感覚は、コーヒーや緑茶にはないものだろうなと思います。

写真の泰山窯の「汲出(石竹)」は、内側にもお花が描かれていて、飲む時にも楽しみがあります。

こんな温かいお茶の話の後ですが、ほうじ茶アイスも美味しいですよね。
冷たいアイスの中にもほうじ茶の香りがちゃんとあって、大満足してしまいます。
ネットには、ほうじ茶アイスの作り方がたくさん出ていますが、私にはハードルが高そうです。
外で美味しくいただくものに決めてしまいます。


ezara momo.jpg

お雛さま = ピンク・桃色 ですね。
写真を見ても、柔らかいイメージで春を感じます。

多田利子さんの「絵皿(桃の節句シリーズ)」の2柄とも再入荷しております。
金平糖などを少しずつ入れて、お友達と女子会するのもいいですね。

多田利子さんから、豆びなの新作が入荷予定です。
楽しみに、もうしばらくお待ちください。

今年は、暖かい日が続いていますので、お雛さまを出すのもすいすい進みそうな予感がしています。
寒いとどうしても身体を動かすのが、億劫になって、また今度・・と延ばし延ばしになってしまうのですが、
今年は、エイ!!っと週末にやってしまおうと思います。

朝ドラ大好きの私は、今も毎日「あさが来た」を楽しみに生活しています。
内容はもちろん、毎日着物や帯、小物類が違っていて、ふむふむ・・・と見ています。
着物は組み合わせを考えるだけで楽しいなぁと、思い出してしまいました。

一応若い頃は、友人の披露宴も自分で着付けをして出席したこともありますが、
もうすっかり忘れてしまいました。

今日2月5日~7日、東京ドームシティ・プリズムホールで、「いしかわ伝統工芸フェア2016」を開催しています。
じろやで紹介している「牛首紬」も出店しております。
関東圏にお住まいの方はぜひ遊びに行ってみてください。

guinomi kobiki.jpg

何かを作る番組は、とっても夢中になって見てしまいます。
職人が好きなんだと思います。

もう20年ほど前になりますが、「夏子の酒」というドラマが大好きで、その頃からお酒づくりに凄く興味があります。
以前、塩野米松さんの講演会に参加し、杜氏の農口尚彦さんの話を聞いたこともあります。
何かに一生懸命取り組むということは、日本人らしく、ずっとそうでありたいと思いながら話を聞いた記憶があります。
理想として・・・そう思います。

その農口さんは美味しいお酒を作るということでいろいろなメディアで取り上げられていますが、
実は日本酒があまり飲めないそうです。
不思議なものですね。

私はお酒が飲めないので、熱燗の匂いもちょっと苦手です。
昨夜久しぶりに旦那さんが、焼酎をお湯割りして飲み始め、娘と二人でその匂いにワーワー叫んでいました。
そのうち、娘はお酒飲めるようになるのでしょうか。

写真は、中村久一さんの「高杯(粉引)」です。
ゆっくりとお酒を楽しんでほしいと思います。


fukuoni.jpg

どうしても、恵方巻きばかりに情報がいきがちですが、やはり
「鬼は外~~福は内~~」
と叫びながら、豆まきをやりたいです。

子供が小さい頃は、一緒にキャッキャッと豆まきをしていたのに、
最近は私一人が大声でやっている気がします。
大声を出すって、すごいストレス発散ですよね。
きっと今年も一人で、家中に小袋に入った豆をまき、またそれを拾って回る。
我が家に福が訪れるように、祈りながら頑張ります!!

写真は、この時期になると必ず紹介してしまう
多田利子さんの「福鬼」です。
鬼も福を呼んでくれるって思えるネーミングが気に入っています♪


sojin umematu.jpg

石川県の今年の天候は本当に不安感しかないです。
雪が降ったと喜んだのは一瞬のことで、除雪車もたった1日だけ動いていました。

冬の兼六園といえば、雪吊りを思い浮かべますが、2月になっても、雪が積もらず、
観光客の方も、拍子抜けしてしまいますね。
住んでいる私たちは、とっても生活しやすい冬なのですが、やはり水不足の心配をそろそろしなければならないだろうなと思います。
今まで、水不足の夏も、雪解けの水にずいぶん助けてもらってきましたから・・・・。

今日の誕生花は「梅」です。
今までは寒い冬を過ごしながら、梅の花が咲きましたというニュースを聞くと春を感じたものです。
今年はどうなるのでしょう。

写真は、長谷川塑人さんの「油滴色絵酒呑(松梅)」です。
長谷川塑人さんのうつわは、やっぱり使うと違うのです。
我が家に2つ湯呑がありますが、手に持った時の重みと、何だかお茶までが美味しく感じます。
この酒呑は、プレゼントにお薦めします。
もちろん、自分へのプレゼントも素敵ですね。


2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30