2016年1月アーカイブ

takarabune.jpg

福島まゆみさんから届いている「宝船」です。
高さが、9cmなので、そんなに大きくないのですが、福をどんどん引き寄せてくれそうな置物です。

今までは福島さんというと、かわいい子どもの人形を紹介してきましたが、最近はこういう置物もたくさん作っておられます。
玄関先でも、床の間でも、置いてほしいです。

節分の日に、「福は内~~」と叫びたいですね。


fujitakokarakusa.jpg

豆皿と小皿の違いって何でしょう・・・・。

じろやで紹介している商品名は、作家さんから届いた伝票の通りなのですが、
特に決まりってないのでしょうか。

私の中の2つの違いは、
小皿は取り皿などに使えるくらいの大きさで、豆皿は、薬味などを出すときに使うお皿。
もちろん、小皿>豆皿です。
そして、小皿はどのお宅にも大抵ありますが、豆皿となると、最小限のお皿で生活している学生など若い家には必要ないものかもしれません、
それでも、やっぱりあれば、使い勝手のよいお皿ですよね。
小皿に薬味を入れて出すより、豆皿に入れた方が、なんとなくテーブルがおしゃれに見えるような気がします。

今日紹介しているのは、文吉窯の「豆皿(富士タコ唐草)」です。
タコ唐草の文様がお気に入りの方もたくさんいらっしゃいますよね。
この豆皿もとってもかわいいですし、なんたって富士山の形をしているので、外国の方にも喜んでいただけると思います。


3sunsara wa.jpg   3sun hyoutan.jpg

和陶房の「3寸角皿」です。
今回、写真の「3寸角皿(色絵瓢箪)」と、「3寸角皿(金魚」が再入荷しました。
平らなお皿なので、たくさん重ねてもすっきり見えます。

この「瓢箪柄」は、一番インパクトがあります。
料理に使っていただくのはもちろん、自分の部屋でアクセサリーなどの小物トレイとしても使っていただけると思います。

左側の写真のように、全柄揃えてもにぎやかなテーブルになりそうですね。
今回、瓢箪がたくさん入ってきましたので、今なら、瓢箪のみで家族分揃えることも可能です。
(もう売れてしまっていたらゴメンナサイ。また和陶房さんに注文しますので、お待ちください)

あっという間に、今日は1月27日。
テレビやスーパーでも、恒例となった恵方巻きの映像をよく見ます。
今年は、何だか変わり種の恵方巻きが多そうですね。
今年も、良いことがありますように、南南東に向かってガブリとしたいと思います。
ん・・・今年に入ってずっと神頼みしてばかりしているような気がしてきました。
それでも、お願いするしかない状況です。




magu hamon.jpg

今日の写真は、林京子さんの「マグカップ(葉文)」です。
ほかに「マグカップ(どんぐり)」も一緒に入荷しました。

このマグカップは、冬にこたつから出れなくなる私にはぴったりサイズです。
一度飲み物を準備したら、しばらくこたつから動けなくなってしまいます。

冬になると、室内が乾燥し、すぐに飲み物が恋しくなってしまうのです。
コーヒー。紅茶。ほうじ茶。緑茶。
そして、たまには冷たい飲み物まで・・・・。
そんな中、我が家のブームは、カプチーノです。
今更・・・?って思うでしょうが、最近ようやく100円ショップで、電動の泡立て機を見つけ、購入したのです。
ずいぶん前に友人に教えてもらって、時々探してはいたのですが、なかなか石川県の100円ショップでは見つけることができませんでした。
買ってみたら、本当に楽ちんなのです。
100円ショップってすごいですね。
金沢の中心の100円ショップへ行くと、日本人形も売ってたりして、驚きます。
yukidaruma2.jpg


週末は風がビュービュー吹き、雪も積もることすら出来ない状態だったのですが、
昨夜はぴたっと風が止り、朝目覚めてみると、一面真っ白でした。

もう1月も終わろうとしているのに、ようやく積雪になりました。
車庫から車を出すために、朝おもいっきり厚着をして、除雪をしてきましたが、
予想以上の雪で、途中で諦めてしまいました。
夕方、固くなってしまった雪に、苦労するのを覚悟で・・・。

さてさて、昨日は感動の涙を流してしまいました。
単純と言われても仕方がありませんが、5時頃からずっとテレビの前に座り、珍しく表彰式までじっくりと見てしまいました。
琴奨菊関おめでとうございます。
勝った時の、お父さんの涙、そして、豊ノ島関との対面。
涙なしでは、見れなかったです。

そして、昨日は錦織選手も勝ち、気分の良い週末となりました。
そんな私の気分と同じように、今の石川県は晴れです。
あ~~スキー日和!と思ってしまいます。
受験生のいる我が家は、今年は縁起を担いでスキーへは行きません。
この雪に反射した日差しは、目にきますが、何だかワクワクしてしまいます。

写真は、多田利子さんの「オーナメント雪だるま(眉あり)」です。
家の前にあるグランドで、雪だるまを子どもたちと作ったことは、ずぅーっと昔のことに思えて、懐かしくなります。
su-pu akaha.jpg

大相撲は、日本人力士が頑張ると盛り上がる・・・と、よく言われますが、私は典型的にそのタイプです。
今場所は、遠藤関がケガのため、7日目から休場になったのですが、
琴奨菊関の力強い相撲を見ると、負けないなぁ~と素人目でも思います。
今日は、2敗の豊ノ島関。
ぜひ、頑張ってほしいです!!

そして、全豪オープンテニス。
テニスは、結果がわかっていても、1戦1戦振り返ってみるのが大好きです。
プロも高校生も、テニスの試合は、時間を忘れて夢中になってしまいます。
そのために、平日には時間が足りず、録画がたまる一方です。
週末はこたつに入り、ずっとテレビ観戦して終わりそうな気がします。

写真は、多田鐵男さんの「スープカップ(赤葉紋)」です。
寒くなると、スープが飲みたくなりますね。
このスープカップは、たっぷりサイズで、柄違いもいろいろありますので、
ペアで揃えてみてください。
身体の中から温めて、風邪菌を寄せ付けないようにしましょう。

インフルエンザが流行してきたと、ニュースで伝えていました。
早寝早起き、うがい・手洗いです。


kokutani.jpg


1枚1枚丁寧に描かれている「長小皿(古九谷丸紋)」です。
写真では、2柄しか写っていませんが、全部で5柄あります。
左の丸の中にそれぞれ違う鳥が描かれていますので、お気に入りの柄を探してください。

新築祝いや、結婚祝い、5個セットでプレゼントすると喜んでいただけると思います。

月曜から、テニスの全豪オープンが始まりました。
錦織選手のおかげで、他の日本人選手の試合もNHKで見れるようになり、喜んでいます。
今朝行われた、2回戦でも錦織選手は順当に勝ち上がり、3回戦進出です。
今日の夜はビデオを見るのが楽しみです。
昨夜遅くに放送されていた土居美咲選手の試合は、一度会ったことがあるだけで、保護者になった気分で、
ガンバレーーと応援していました。
残念ながら、後少しでしたが、また次の試合を楽しみにしたいです。

そして、大相撲の琴奨菊。何だかワクワクしますね。
今日こそ!日本人の意地みせてほしいです。



onitoofuku.jpg

昨日は関東方面では、大変な雪でしたね。
ニュースで駅の混雑ぶりを見ましたが、田舎者の私の想像を越えてしまっていました。
たくさんの方が住んでいて、たくさんの方が移動するので、ああいう光景になってしまうのでしょうね。
見ているだけでも、寒さを感じてしまいました。

何だか、あまり良いニュースもないですね。
心が傷むことばかりです。

そんな時に、福島まゆみさんから幸せのおすそわけです。
この「おにとおふく」は、見ていても笑顔になります。
鬼とお福さんが、仲良く隣り合わせに並んでいる姿は、これからの私たちの夢の1つかなと思います。
世界中いろんな事件がありますが、どうして、みんな自分の欲ばかりを押し付けてくるのでしょう。
相手のことをおもいやり、生活していけたらいいのになぁと思います。

娘のセンター試験がようやく終わりました。2日とも雪が降るわけでもなく、トラブルもなく終わったようです。
これからは2次試験に向けて、もうひと踏ん張り!
体調崩さないよう、頑張って応援し続けていこうと思います。


ganbare.jpg

いよいよ明日から、センター試験です。
娘は、午後から試験会場の下見に行ってくると、いつも通りに学校へ出かけていきました。

高校3年になって、あっという間でした。
勉強が思い通りにできてきたか、私にはわかりませんが、
今のところ、風邪をひくことなく、体調管理だけはできたかなと思っています。

今日の晩ごはんは何食べたい?と聞いたら、
「とり野菜鍋」
身体に優しい選択だなと思います。

写真は、私の大好きな「じろやのかわいいうつわ」特集の、「おすすめセレクションその①」でも紹介している
多田利子さんの「うさぎ箸置」のエールところんです。


受験生 ガンバレ!ガンバレ!


katakutikobati tubakiha.jpg

秋らしい写真ですが、北山裕さんの「片口小鉢(椿葉)」です。

北山さんと言えば、この椿が代表されますが、今日の誕生花は「椿」です。
365日あるので、365種類のお花が誕生花となっているのかと思えば、そうでもないようです。
この椿が誕生花の日はたくさんあって、びっくりしています。

この片口小鉢は、そば猪口ではなく、小鉢という名前なので、
単純な私は、小鉢としてよく使います。
和え物や酢の物に使ったり、蒸し物にも使います。
何だか、蓮蒸しが食べたくなりました。
蓮根が安かったら、久しぶりに蓮蒸し作ってみようと思います ♪


book cover.jpg

牛首紬ブックカバーshima」 が13柄も並んでいます。
いろんな色、縞が並んでいて、選ぶのも楽しくなります。
たくさん揃っている時に、じっくり悩んで、お好きなものをクリックしてください。
私のお気に入りは、写真のJ柄です。

最近、日に日に老眼が進んでいる気がします。
(なのに、健康診断で視力は、毎年両目とも1.5)
生まれてから、ずっとネガネなしで生活していた人間にとって、読むときにだけメガネをかけるというのは、
とっても不便なこと。
なるべく裸眼でと、昨年までは頑張っていましたが、最近は抵抗なくメガネをかけれるようになりました。

今年の年賀状には、
「老眼が始まりました・・・」
などと、同じ悩みを抱えている友人がたくさんいることがわかり、ほっとしています。

tenmadeagare.jpg

1月10日に、無事長男が成人式を迎えることができました。
始めての子どもで、悩んだり、喜んだり、私たちを親にしてもらった20年間でした。

子どもたちはもちろん、私も親になって20年間。
私の方が同窓会気分で、とっても楽しんできました。
スポーツを頑張っている子や、路上ライブで歌を歌っている子、
結婚して、子どもまでいる子・・・
20歳ともなれば、いろいろな暮らし方をしていて、何だか嬉しくなりました。

写真の福島まゆみさんの「天まであがれ」のように、
これからも、みんなが上を向いて、歩いていけたらいいなと、素直に喜べる一日でした。

あんなに楽しかったはずなのに、翌日11日はぐったりと疲れが出てしまい、
一日寝込んでしまいました。
やはり、若くはないということなのでしょうか。
今日からまた気持ちを入れ替え、頑張って元気にいきたいと思います。



hasiyasume.jpg

年末に、息子が帰ってきて、がっつり系の食事ばかり食べていたのですが、
昨日の七草粥で、身体をリセットし、
今日から、また通常の暮らしに戻していこうと思っています。

中村陶房の「箸やすめ」は、普通の箸置とは違い、名前通りに、箸を休めるって感じがします。
ガッツガッツ食べるのではなく、箸を休めて、会話を楽しみながら食事をしたいです。





mesiwan tane.jpg

お正月からずっと食べ続けていた身体が、そろそろ悲鳴をあげそうでしたが、
朝ごはんと、昼ごはんを、七草粥にしたら、なんとなく身体が軽くなったような気がします。
(・・・ちょっと単純すぎますね。)

おかゆを食べる時には、大きめの飯碗が欲しくなります。
でも、そんな誘惑に負けると、毎日の白米までたっぷり食べてしまうので、ぐっと我慢です。

写真の「飯碗(種)」は林京子さんのものです。
この飯碗は、高台が高く、テーブルから持ち上げるときに、持ちやすいなって思います。
そして、深さはそんなにないのですが、おおぶりで、おかゆを食べるときにはちょうど良い大きさ!と思います。

今日は、外は雨。
久しぶりに、金沢らしく、しとしと・・・と降っています。
気温も少し下がってきたようにも感じますが、
今から、我が家はイベント続きて、天候が崩れないことを祈ります。



tosiko saru.jpg

昨年末に、実家へお寿司作りの手伝いに行ったと書きましたが、
その時に、なんと!!
道路のすぐ脇に大きなカモシカがいたのです。
逃げるわけでもなく、全く動く様子もなく、じっと私の方を見つめていました。
私の方が時間に追われていたので、かもしかより先に根負けして、車を走らせてしまったくらいです。

そして、元旦に同じ道を走っていたら、今度はサルの集団に出会ってしまいました。
すぐ横のガードレールに大きなサルが座っていて、娘が写真を撮りに車から降りたら、
キーキー言いながら逃げていきました。
その先を見てみると、まるで遠足に来たかのように、24匹(娘が数えた数ですが)も田んぼ一面にいたのです。
そして、そのキーキーという鳴き声が集合の合図のように、みんな揃って山へ帰っていきました。
もちろん、道路を横切る際には、車が来ないか確認もしながら、一列に走っていきました。
我が子が保育園児の時よりは、よっぽど行儀のよいサル達だったなと思います。

ここ何日かで、野生の動物にばったり廻りあったのは、どういうことなんでしょう。
やっぱり山にはもう食べ物がないのでしょうか。
今年は全く雪も振らず、今年の夏には、私たちも水不足に苦しむのかもしれません。

写真は、多田利子さんの「干支申」のハンコシリーズです。







akaihana.jpg

暖冬という言葉で済まされないくらい、暖かい毎日が続いています。
三が日もとても良い天気で、神社は大賑わいだったように思います。

お正月は、日本酒を飲む機会が多いかもしれませんね。
そんな方のために、少し遅くなりましたが、庄田春海さんから色絵盃が再入荷しております。
写真は、「色絵盃(赤い花)」です。
他に、「色絵盃(黄色い花)」と「色絵盃(青い花)」も、再入荷しました。

冬の間は、日本酒を飲む方もいらっしゃると思います。
ぜひ、プレゼントに。
そして、ご自身のために。

最後になりましたが、申年の1年間、昨年同様よろしくお願いいたします。
何か新しいことができるように頑張っていきます!!



2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31